top of page

book_よきことはカタツムリのように



よきことはカタツムリのように

出版年:2016年9月

サイズ:四六判(188mm×127mm)

ページ数:248ページ

出版社:春秋社


>>ご注文はこちら


 

<書籍紹介>

ガンディーは、「よきことはカタツムリのように、ゆっくり歩む」と言った。この言葉を今こそかみしめてみよう。直線的な成長ではない、本当の豊かさとは何か。シンプルであること、スローであることの価とは何か。


本書は、スローライフを提唱してきた著者が、世界の片隅でゆっくりと進行しているよきこと、よきものを見つめていく。エネルギー、食から、環境保全、そして民主主義のあり方まで。自分のペースで着々と「よりよい社会」に向けて活動する人々を紹介し、明日へのヒントを照らし出す。 3・11以降、私たちが最も大切にしたいことがつまった一冊。



「よきことはゆっくりと」というガンディーの言葉が正しければ、ぼくたちにはもう「よきこと」が見えなくなっているのではないか。この危機から脱け出すためには、ゆっくりと進行するよきことに目をとめ、向き合うことだろう。そのためには、まず、ぼく自身、あなた自身が、立ち止まり、スローダウンしなければならない。


東日本大震災以降、日本で、いや世界中で危機は深まっている。世界の片隅で静かに、ゆっくりと生起している「よきこと」や「よきもの」たちに、しっかりと目を向けたいと思った。

本書は、そんなぼくのスローな旅の記録であり、今再びの「スローライフ論」である。 

(本文より)



【目次】

序 立ち止まる、そしてまたゆっくりと動き出す

Ⅰ「スモール」の価値

 「スロー」という価値


スローライフ再論① 引き算のパワー


Ⅱ 「愛」という価値 

  「民主主義」という価値

 スローライフ再論② 生と死のエコロジー


Ⅲ 「アウトドア」という価値

 スローライフ再論③ アウトドアは楽しい不便

「ローカル」という価値

 スローライフ再論④ グローバルからローカルへ

 スローライフ再論⑤ よきことはカタツムリのように

あとがき

閲覧数:40回

Comments


bottom of page