[new-slothml:648] となりのスーザン~私は畑で生まれました~

こんにちは、矢野宏和です。きょうは、うれしいニュースが届きましたので、共有させていただきますね。

 

となりのスーザン~私は畑で生まれました~

ネパール人のスーザンと働く日々

 自宅出産で3人目の赤ちゃんを授かっていた同僚と、出産談義で盛り上がっていたときのこと。「赤ちゃんにとっては、自宅で誕生するのが一番ストレスないよね」と話していたところに、ネパール人のスーザンがやってきて一言。

 「わたしは、畑で生まれました。」

 「へ?スーザン、いきなり何を言い出すの。有機野菜のキャッチコピーみたいな」と、心の中で思い、直後、気づいた。


 「スーザンのお母さん、畑で産んじゃったの?」と問うと、「ええ、集落の人たちと一緒に、野菜の収穫をしているときに急に陣痛がきたみたいで」とスーザン。

 それで集落の女性たちが駆けつけて協力して、みんなで産声を聞いたのだという。私は深く唸るしかなかった。

 

 スーザンと働きながら思うのは、彼が育った生活環境に満ちている地域性、人と人のつながりの豊かさだ。私はいつも圧倒されている。

 深く落ち着いた、彼の人柄。そして立ち居振る舞い。細やかな気遣い。異国の地で、文化の違いも乗り越えて立派に働くスーザン。そんな彼の姿から、彼を育んであろう、安心感に満ちたコミュニティの気配を、私は感じる。

 「1人の子どもを育てるには、ひとつの村がいる」というアフリカのことわざがあるが、スーザンはまさに、まるごとひとつの村に見守られて、育ってきたのだろう。


 そして、今日。そんなスーザンと日本人の奥さんの間に赤ちゃんが生まれたというニュースが、私にも届いた。


 「おとうさん」と、呼ばれるスーザンが、今度は新しい生命を見守ることになる。素晴らしきこの世界にようこそ!と、両腕を広げることに、さすがに私は躊躇してしまうけど、それでも祝福の気持ちは、あふれ出てくる。


 希望の存在そのものとしての、君。

 名前はまだ聞いていないんだけど、会うことを楽しみにしています。


 追伸:じーじとは呼ばせない・・・。

 

閲覧数:68回