メノビレッジを訪ねる(2) 大地の再生

メノビレッジに到着すると、前日から滞在されていた「大地の再生」の矢野智徳さんによる「大地の再生」の作業と、それと同時進行の「大地の再生講座」がまだ行われていた。今回はすれ違いかと思っていたが、お目にかかることができて、また昼食にも付きあわせていただきながらお話をうかがうこともできて、実に幸運だった。


本州に比べて北海道の大地・自然にはまだまだ生命力がある、と話す彼の声には、いつにも増して力がこもっていた。ぼくが勝手に、日本一の農場かと思っているメノビレッジと矢野さんが出会い、そこに多くの仲間たちが加わって学びを深めている姿から、ぼくは大いなる励ましを得た。



帰路につく矢野さんと見送りのレイモンド・エップ


農場に隣接する森を自然保護区に


夏の作業で今年の紅葉は例年よりはるかに鮮やか

緑肥として蒔いた十種の草を食む羊たち

最後の暖かな日差しを楽しむトンボたち

閲覧数:53回

関連記事

すべて表示