top of page

雨森芳洲庵を訪ねる


今は亡き兄、大岩剛一が四十年にわたって書いてきた文章を集めた選集を制作中だ。その用事で、彼が長く暮らした滋賀に出かけてゆく。彼に導かれるように、あちこちを訪ねては、近江の魂に触れるような気分になる。


今回は、長浜に、雨森芳洲(あめのもりほうしゅう)庵と呼ばれる、小さいが明るい光を放つ資料館を訪ねる。館長の平井さんが親切に案内してくださった。



芳洲庵入口






朝鮮通信使の行列の中の、雨森芳洲



入口の大ケヤキを改めて見上げながら、芳洲庵を後にする


閲覧数:48回

関連記事

すべて表示
bottom of page