top of page

大地讃歌  サティシュ・クマール

昨夜は、DVD「川口由一の自然農というしあわせ」の上映会を開催して、ありし日の川口さんを偲び、また彼が遺してくれた大いなるものに想いを馳せた。その中で、ぼくはサティシュ・クマールを案内して川口さんの田畑を訪ねた時のことを思い出していた。サティシュもまたオーガニック・ガーデナーとして日々菜園に立ってきた。また、”キッチンと菜園を中心とする学校”という彼のビジョンは、ますます農的営みを通した学びの比重を増していくシューマッハー・カレッジのあり方として、見事に現実化している。ホリスティック・サイエンスの拠点として出発したシューマッハー・カレッジは今や、アグロエコロジーや大地再生(リジェネラティブ)農業のメッカでもあるのだ。


そんなサティシュのヴィジョンをよく示すものとして、リサージェンス&エコロジスト誌の最新号(第339号)に掲載されているサティシュの記事を読んでいただこう。原題は「A New Meditation on the Land」、直訳すると「ランドをめぐる新しい瞑想」。土地や土をも意味する”ランド”はすべて「大地」と訳させてもらった。ぼくなりの意訳も多々あるので、(無断)転載する英語原文を参照してほしい。


2009年、鎌倉にて


大地讃歌


国家や宗教に忠誠を誓う人々がいる。でも、私が忠誠を誓うのは大地。私は大地を大切にすることを誓う。なぜなら、私たちの生命とすべての生きとし生けるもののいのちは、この大地にこそかかっているのだから。


大地は私たちの真の故郷。大地は私たちの真のアイデンティティー。真のコミュニティー。大地を通して私たちは祖先とつながり、大地を通して未来の世代とつながる。大地は決して私たちを裏切らない。大地は私たちを飢えさせない。大地が栄えれば、私たちも栄える。大地が枯渇すれば、私たちも枯渇する。


大地は商品ではない。機械でもない。それはいのち−−大地の女神ガイアが生命に手渡した神聖な贈りものだ。そして、その大地の贈りものを、謙譲と感謝の心をもって受けとることこそが、私たちの神聖な責任だ。


大地を所有する権利など誰にもない。大地と関わる権利があるだけだ。土地は、私たち全員に預けられており、託されている。そして時が来れば、この信託は次の世代へと引き継がれる。


大地こそは私たちにとっての真の安全保障であり、本当の意味での生命保険だ。大地が私たちを養うように、私たちも健全な食べものを大地に与えなければならない。お互いを生かし合うこうした関係によって、大地と生命はともに繁栄する。


さあ、大地に忠誠を誓おうではないか。大地を大切にすることを誓おう。私たちが大地を大切にすれば、大地は私たちを、そして大地に生きるすべてのものを大切にしてくれる。この大地共同体の責任ある一員となろうではないか。


現代の農業は、大地を経済的な資源、つまり金儲けのための資源として扱っている。農業は大地を搾取する方法となってしまっている。しかし、真の農民にとって、大地はいのちの源に他ならない。農民の本来の仕事は、大地再生の営みを助けるリジェネラティブ農業だ。よき農民は、大地が私たちに喜んで与えてくれる以上のものを取ることはなく、必要以上のものを取ることもない。


本当の農民にとって、農とは一種のスピリチュアルな営みである。だからこそ、大地の経済的な営みをよく理解し、自分たちの欲望や収益に振り回されることなく、大地の掟に従うことができるのだ。


大地がこの地球上の生命を永遠に維持できるよう、私たちも愛をもって大地を支えようではないか。大地は私たちの母。私たちは大地の子ども。大地にとってよいことは、人々にとってもよいことだ。だから、決して大地を傷つけまい。害を与えまい。農民は来たり、また去る。しかし、大地は常にそこにある。


もし自分たちの無知によって大地に害を与えてしまったのなら、その健康を取り戻すために全力を尽くすことが私たちの神聖な義務だ。大地の回復は、私たち自身の回復を意味するだろう。


傷つけられた大地が癒やされ、その全体性が永遠に回復されるよう、私たちにできることをしよう。大地こそが、私たちの人生に意味と目的を与えてくれるのだ。ならば、その重荷にならぬよう、地球の豊かさを損なうばかりか、自分自身の心をも傷つけてきた浪費的なライフスタイルや飽くなき消費から離れようではないか。


大地は私たちの先生、私たちを導くスピリチュアル・ガイドだ。大地から私たちが学ぶのは、無条件の愛と思いやり。大地は、差別も偏見もなしに生きとし生けるものすべてを大切にする。王であれ、乞食であれ、僧侶であろうと囚人であろうと。人間のみならず、動物も、鳥も、蜂も、生きとし生けるものを等しく養う。


大地から公明正大な精神を学ぼう。私たちも大地のように、差別も偏見もなく、すべての生きものに、見返りを求めない慈愛を、限りない愛と栄養を与えることができますように。


大地には変容の力がある。種子を草に、作物に、樹木に変え、花、果物、穀物、野菜、ハーブ、スパイスなどを生みだす。大地は薬のつくり方も知っている。それらをつくる一方で、次の世代となる種子を用意することも忘れない。


大地は豊穣の女神。その変容の力を讃えよう。その優しさ、寛大さを祝おう。その知識、知恵、寛容の精神を、われわれ人類全体の指針としようではないか。


私は敬意と感謝を捧げよう。いのちの星、地球を支え続ける大地に、植物に、自然に、農家と農民たち、田畑や庭に立つすべての人々に。



2012年、奈良にて


A new meditation on the Land


People offer their allegiance to their nation or to their religion, but I would like to offer my allegiance to the Land. I make a commitment to take care of the Land. I would like all people in all countries to do the same, because our lives and the lives of all living beings depend on the Land.


The Land is our true home. The Land is our true identity. The Land is our true community. It is through the Land that we are connected with our ancestors and it is through the Land that we connect with future generations. The Land never fails us. The Land never lets us go hungry. If the Land flourishes, we flourish. If the Land is depleted, we are depleted.


The Land is neither a commodity nor a machine. The Land is a living organism. Land is a sacred gift to life from Gaia, the goddess of the Earth. And it is our sacred responsibility to receive the gifts of the Land with humility and gratitude.


We have no ownership over the Land; we have only relationship with the Land. Land is and should be held in trust by us all. We hand over this trusteeship to the next generation, when the time comes.


The Land is our true security and our true life insurance policy, provided we enter into a covenant of care and symbiotic relationship. As the Land feeds us, we should feed the Land with wholesome organic food. It is a relationship of reciprocity and mutuality. Land and life thrive together.


Let us take an oath of loyalty to the Land, and then commit to taking care of her. If we take care of the Land, she will take care of us and of everything else. Therefore, let us become responsible members of the Land community.


Commercial farmers treat the Land as a resource for the economy, a resource for making money. They engage in extractive methods of farming. Real farmers treat the Land as a source of life itself. They engage in regenerative ways of agriculture. Good farmers never take more than the Land can happily give, and they never take more than they need. For them farming is a spiritual practice. Real farmers understand the economy of the Land and abide by the law of the Land, rather than being driven by greed and growth.



Let us sustain the Land with our love so that the Land can sustain life on Earth forever. The Land is our mother. We are children of the Land.


What is good for the Land is also good for the people. Therefore, we should never damage the Land or do any harm to the Land. We farmers will come and go, but the Land will remain here forever.


If in our ignorance we have done any damage to the Land, then it is our sacred duty to do everything in our power to restore good health to the Land. By restoring the Land, we restore ourselves.


Let us pledge to keep the Land whole and healed forever. It is the Land that gives meaning and purpose to our lives. Therefore, let us tread lightly on the Land by keeping away from profligate lifestyles and insatiable consumption, which impoverish the Earth, diminish common good and harm the human spirit.


The Land is our teacher and our spiritual guide. We can learn unconditional love and compassion from her. She looks after all living beings without any discrimination or judgement. Whether you are a king or a beggar, a priest or a prisoner, a human or an animal, a bird, a bee or a wasp, all living beings are fed and nourished by the Land equally.


May we learn equanimity from the Land, practise unconditional compassion, and offer unlimited love and nourishment to all living beings without any dis- crimination or judgement.


The Land has the power to transform. She transforms seeds into plants, crops and trees, providing flowers, fruits, grains, vegetables, herbs and spices. It is the Land who knows how to make medicines. While doing so, she produces more seeds for further regeneration.


The Land is the goddess of abundance.


Let us celebrate this transformative power of the Land and rejoice in her gentle generosity. Let the know- ledge, wisdom and magnanimity of the Land be the guiding lights for the whole of humanity.



I offer my homage and gratitude to the Land, to plants, to Nature, to farmers, growers and all the gardeners who sustain life on our precious planet Earth.


川口由一さんを訪ねる、2012年




閲覧数:338回

関連記事

すべて表示
bottom of page