日和見菌の願い  かわべみゆき


京都 因幡堂(平等寺)にて



 

小さな子どもの目は美しく

見えたものをそのまま映し出す

澄んだ瞳をしている。

仏教では、仏性について

「全ての人間の心にそなわる仏となる可能性」

とあるが、神の子と言われる10歳位までは

子どもは、その純粋さゆえの

「仏」ではないかと思う。


しかし、成熟した意味での仏となるには

困難や悲哀を経験し

それらをどう乗り越えてゆくか

その対峙の仕方と方便に

かかっているのだろう。


どう考えても

理不尽な立場や状況に置かれたとき

大きく分けて二つの選択肢がある。

現状を受け止め、流れに逆らわず

宥和的に行動する。

もうひとつは、断固と立ち向かう姿勢を取る。


それぞれの置かれた立場、力関係

または性質など

どう行動するかは、苦渋の選択を迫られる。

腸内細菌によると

善玉菌、日和見菌、悪玉菌の理想の割合は

2 : 7 : 1とされ

7割を占める日和見菌は

善玉が優位になると善玉の味方となり

悪玉が優位になると、悪玉に傾いてしまう。

まるで人間世界を表すようであるが

人間も自然の一部だとすれば

それは理なのかもしれない。


因幡堂(平等寺)で目に留まったポエムによると

「苦しみや悲しみは

 目に見えない強いたて糸」

自然界の理で

回避困難な天変地変や

暴走する人間のエゴであり


「喜びや幸せは、温かく柔らかいよこ糸」

融通無碍に、宥和的な方向に

現状を乗り越えてゆく

仏性の道筋なのかもしれない。


善玉に導かれ、日和見菌がよい方向に活性化し

悪玉をどうにか、1に止めて

バランスを取り

平和な世の中にならんもんかと。

日和見菌の願いです^^

閲覧数:88回