書評:『自給再考』(農山漁村文化協会 刊)

*本稿は、共同通信を通じて2011年3月以降、各紙に掲載されたものです。

■グローバルの次は何?

山崎農業研究所編『自給再考――グローバリゼーションの次は何か』(農文協)

****

卒業するゼミ生諸君へ

 「環境と文化――エコロジカルな自分を探す」と名づけたゼミを君たちと共にやってきた。毎年畑で大豆を、田んぼで米を育て、教室では、文化人類学や、ぼく流の「スロー学」、そして脱成長、脱グローバル化の思想を学んだ。3年生の秋には、GNP(国内総生産)に代わるGNH(国民総幸福)を目標に掲げるブータンへの校外実習を行い、日本社会が追い求めてきた、“豊かさ”なるものの意味を問い直した。
卒業していく君たちに、3年間よく議論したこの問いをもう一度思い出してほしいのだ。「で、グローバル化の次は何か?」
2008年の終わりに『自給再考』が出た時には、絶好のタイミングだ、と思ったものだ。まだ世の中はリーマンショック冷めやらず、経済学者も政治家もマスコミもいつになく殊勝そうな顔をしていたっけ。それから2年余、今だからこそ、この本を君たちに読んでほしい、とぼくは思う。
この本で、農学者や民俗学者、思想史家ら10人は、それぞれの専門分野から、これまでタブーのように忌避されてきた「自給」という言葉の深遠な意味を掘り下げていく。そして安価な石油の上に築かれたグローバル経済が崩壊してゆく、その先の世界を構想する。
一方、君たちがもうすぐそのただ中に身を置くことになる経済最優先の社会では、再び新自由主義と市場原理主義が跳梁している。「開国」派を名のって、新しい目玉商品であるTPP(環太平洋パートナーシップ協定)を振りかざし、それに抗う者を「後ろ向き」「閉鎖的」などと罵っている。
しかしそんな中にあっても、君たちはぜひ、大学時代に見つけたエコロジカルな自分を見失うことなく、「グローバル化の次」を模索し続けてほしい。この本とともに、そもそも貿易とは、交換とは、市場とは、農とは、地域とは、コミュニティとは何か、という基本的な問いへと何度でも立ち返ってほしいのだ。