鹿児島

2019年03月01日

【満員御礼】3/13(水) :「ほぼなんでも作れるfab文化」を駆使してゴミからしあわせの経済と暮らしを作る

暮らしに必要なものは自分で作り、鹿児島の山中で電気やガスを一切使わない暮らしを実践しているテンダーこと小崎悠太さん。「わがや電力〜12歳からとりかかる太陽光発電の入門書」の出版や、廃校を利用した日本最大級のファブラボ「ダイナミックラボ」の運営など、様々な活動をされています。

そんな若手の文化人テンダーさんの話が聞ける貴重な機会。都会に住む我々にとっては、とても大きな気づきが得られると思います。 3・11から8年目を迎えるこの時期に、もう一度、生き方や暮らし方について見つめ直してみませんか?



イベント概要

日時:2019年3月13日(水)19:00~20:30(開場18:00)
会場:カフェゆっくり堂 http://www.yukkurido.com(JR戸塚駅東口より徒歩7分)
参加費:1,000円+カフェでのワンオーダー

お申込み:イベントタイトル、お名前、人数、連絡先、ひとことを添えて、
    ナマケモノ事務局 info@sloth.gr.jp までお申し込みください。

お問合せ:TEL045-443-5954
主催:ナマケモノ倶楽部
協力:カフェデラテラ、カフェゆっくり堂、カフェスロー


会場となる「カフェゆっくり堂(善了寺・聞思堂)」は、2012年3月に完成した日本初の自然建築のお堂です。 2011年3月に起きた東日本大震災直後に建設がはじまったため、 「ポスト3・11時代をどう生きるか」の意志表示として、ナマケモノ倶楽部、カフェ・デラ・テラともに取り組みました。
被災した地域への仕事づくりとして、 すべての木材を宮城県栗原市の「栗駒木材」を使用 、ヨシ壁や石積み、竹小舞、左官など日本の伝統技術の継承、ソーラーパネルやストローベイル工法など海外のエコロジー建築やSDGs時代の再生エネルギーの活用など、生き方・あり方のロールモデルとして完成した聞思堂(カフェゆっくり堂)は、現在、世界中から「土に還るお寺」として注目を浴びています。



ゲストプロフィール

小崎 悠太
テンダーヨホホ研究所主宰。一般社団法人その辺のもので生きる代表理事。火起こしから3D設計まで、先人の技術を引き継ぐ1万年目のこども。環境問題や争いを解決する手段として、先住民技術と対話を重んじる。職業はヒッピー。電気・水道・ガス契約ナシの年間家賃1万円の家、てー庵に家族4人で暮らし中。日本最大級のファブラボ、ダイナミックラボ代表。

KTS鹿児島テレビによる1時間特番「テンダーの思い」が九州民放祭で優秀賞受賞、FNSドキュメンタリー大賞2015優秀賞受賞。南日本新聞「南点」欄にエッセイ連載、大好評のうちに2015年末に終了。2016年より連載「金峰発! テンダーの陽気な方法研究所」がスタート、2017年12月末に終了。2015年7月に版元を設立。処女作となる「わがや電力〜12歳からとりかかる太陽光発電の入門書」出版。重版御礼、ウェブ直販でこれまでに9600部を販売。

2017年5月、鹿児島県南さつま市金峰町の廃校にて、ファブラボ「ダイナミックラボ」をスタート。先住民技術から最新のデジタルファブリケーションまで、問題を解決するためのありとあらゆる技術に触れられる場所を目指して創設。廃材、間伐材などの利用をベースに、日々技術的な引き出しを増やすために勉強中。https://yohoho.jp/


ダイナミックラボとは

鹿児島県南さつま市金峰町の廃校に作られた、日本最大級のファブラボです。一般社団法人その辺のもので生きるが運営し、代表理事はテンダーです。ファブラボとは、レーザーカッターや3Dプリンタなど、コンピューターで制御できる工作機械、その他各種工具などが置かれ、専門職ではない人々でも気軽に高度な道具を使うことができる、開かれた「市民工房」のことです。
世界初のファブラボは1998年にインドの田舎とボストンのスラム街からスタートし(困っている人ほど高度な技術が必要だ、という創始者の思想から)、今では世界に数百カ所を数えるほどになりました。とりわけ、ダイナミックラボでは廃材や廃物の利用と、自然技術の伝承、生態系が豊かになることを目的とし、運営しています。具体的には、間伐材の利用、廃プラスチックの破砕及び再生利用、アルミ缶の利用、電気・水・ガスからのオフグリッド、リン・窒素を海に放出しない下水システムの自作などが挙げられます。
自然技術の伝承については、鹿児島・南さつま市の豊かな自然下でのサバイバルキャンプの実施や、生き物の解体・調理方法の伝承、先住民技術のワークショップなどを提供しています。
https://sonohen.life/



2017 3/21 KTS「かごニュー」テンダーの山暮らし
Page Topへ