松谷冬太

2014年06月05日

6/20:LOVE IS THE MOVEMENT!!~愛とは弱さを抱きしめること~

cdtcan

やっかいなもの。要らないもの。
見たくないもの。嫌なもの。
負けること。できないこと。
遅いこと。小さいこと。

強いもの、弱いもの。排除するもの、されるもの。
「弱さ」を考えると、その周りにあるいろいろなことが見えてきます。

社会が覆い隠そうとする「弱さ」、
誰もが抱えている自分の中の「弱さ」、
あなたのそばにいる誰かが抱える「弱さ」。

「弱さ」に向き合い、受け入れることができたら
自分や自分の身のまわりにある全てのものを
愛おしく感じるかもしれない。

横浜・戸塚のCafe dela Terra 夏至キャンドルナイトにナマケモノ倶楽部も共催で行います。

『LOVE IS THE MOVEMENT!!~愛とは弱さを抱きしめること~』がテーマの今年は、明治学院大学国際学部にて「弱さの研究」を共同研究し、『弱さの思想』(大月書店)を出版した辻信一さんと高橋源一郎さん、木更津の空き家を利用して宅老所「井戸端げんき」、宅老所「かっぱや」、デイサービス「縁側よいしょ」を運営している伊藤英樹さんの3人のゲストが語ります。

キャンドルの灯りのもと、松谷冬太さん×ゴンドウトモヒコさん×和泉聡志さんによる豪華なミュージックライブも楽しみですね♪

ナマケモノ倶楽部は本堂のすぐ隣、聞思堂にブースを出します。スローな夜を一緒に過ごしませんか?

キャンドルナイトが始まる前から開催される「キャンドルナイトウィーク」では、戸塚の飲食店の廃油を利用したキャンドルづくりや、大岩臣華さんの絵画展も期間限定でオープンします。

★★★イベント当日はU-stream中継で全世界に発信します!こちらより★★★

日時:2014年6月20日(金)18:00-21:00(17:30開場)

会場:善了寺(JR・横浜市営地下鉄「戸塚駅」より徒歩5分/※お越しの際は公共の交通機関をご利用ください)

参加費:恩送り(素敵なイベントを継続させながら、お金にとらわれないで誰もが楽しめる空間を目指しています。)cdt

イベント詳細:http://ameblo.jp/cafedelaterra/

 

2013年11月22日

12/20 愛をつむぐ、幸せを織る~衣から考えるローカルとフェアトレード~

candlenight

キャンドルナイト・・・
それは、つながりを生み出す素敵な夜
ポスト3.11を生きる私たちは、
電気を消すことで生まれる暗がりがつながりを生み出すことを大切にしたいと思います。

毎年、夏至と冬至に横浜・戸塚の善了寺で行われているキャンドルナイト。
今年はNPO法人カフェ・デラ・テラとともに、ナマケモノ倶楽部も共催で行います。 (さらに…)

2013年10月23日

グローバルからローカルへ!? ~日本にとって「幸せの経済学」とは何か

helenaグローバル化された世界が「終わりなき成長」という虚構のレールをひた走る中、その本質をとらえ、警鐘を鳴らしてきたヘレナ・ノーバーグ=ホッジさん。自身が監督を務めた映画「幸せの経済学」では、グローバリゼーションの問題点と、それに対抗するローカル化の台頭をクリアに描写、現在、世界中で自主上映運動が展開されています。

そんな世界を代表するオピニオンリーダー、ヘレナさんが、NHKの番組撮影で短期来日!滞在の最後に「日本の市民運動を応援したい」と、渋谷での映画上映会+トーク(11/4)、横浜でのトーク(11/5)に参加くださることになりました。
(11/4、渋谷イベントの詳細はこちら

5日の善了寺では、みなさんからヘレナさんへの質問を中心に、岐路に立たされた今を生きる私たちの生き方を問い直し、社会との関わり方、ローカル化へのビジョンを再構築したいと思います。

TPP、秘密保全法、9条改悪、原発推進・・・、今の日本はまさに崖っぷち。
私たちが目指すべき「幸せの経済」について、一緒に考えてみませんか?
危機を好機に!11月5日、お寺から「私たちのローカル化」がはじまります。


日時:2013年11月5日(火)18時~20時半
会場:横浜・善了寺(JR戸塚駅東口より徒歩10分)
参加費:1000円(学生500円)
トーク:ヘレナ・ノーバーグ=ホッジさん(ISEC代表、映画「幸せの経済学」監督)
通訳・コーディネーター:辻信一(文化人類学者、環境運動家)
音楽:松谷冬太(ソウルシンガー)
お申込:info@sloth.gr.jp ナマケモノ倶楽部まで。
(件名に11/5ヘレナさんイベント、お名前、人数、ご連絡先を添えてお申し込みください)
共催:明治学院大学国際学部大岩ゼミ、ナマケモノ倶楽部、NPO法人カフェ・デラ・テラ

●ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ:
スウェーデン生まれ。ISEC(International Society for Ecology and Culture)創設者。
世界中に広がるローカリゼーション運動のパイオニアで、グローバル経済がもたらす文化と農業に与える影響についての研究の第一人者。1975年にインドのラダック地方を訪れて以来、ラダックで暮らす人々と共に、失われつつある文化や環境を保全するプロジェクトに取り組む。1986年、「もう一つのノーベル賞」といわれるライト・ライブリフッド賞受賞。著書『ラダックー懐かしい未来(Ancient Futures)』は、日本語を含む40の言語に翻訳され、世界各国で高い評価を得た。
2010年、ドキュメンタリー映画「幸せの経済学」を監督として製作。世界各国での自主上映運動が展開されている。

『いよいよローカルの時代』(2009年、ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ+辻信一)
http://namakemono.shop-pro.jp/?pid=14317873

映画「幸せの経済学」(2010年、68分)
http://www.shiawaseno.net/

2012年07月25日

8/2、Slow Death & Music Cafe ~言葉と音で死を想う~

スローソウルシンガーの松谷冬太さんとオクリビトの上野宗則さんによる、スロー・デス&ミュージックカフェが、スローなカフェ、カフェ・オハナさんで行われます。
「死」は遠くて同時に近いもの、語り合ったり歌ったりしながら「死」について思いを馳せる、小さなお話会です。普段気にはなるけど、なかなか口にできない「死」。言葉と音で、「死」を想ってみませんか。 (さらに…)
2012年04月18日

「地球1個分の暮らし」からはじめよう~「キャンドルナイトツアー2012」レポート

岩澤直香
(ナマケモノ倶楽部事務局)

原発大震災311から1年を迎えるにあたって、スロームーブメントを広めていただく応援のため、ナマケモノ倶楽部共同代表であり、環境活動家、シンガーソングライターのアンニャ・ライトさんに来ていただきました。

昨年は、事故から1ヶ月後のアースデイに合わせての来日。そして今回は、約3週間弱とこれまでよりも少し長い滞在となりました。
(さらに…)

1 / 3123
Page Topへ