嘉田由紀子

2012年01月18日

2/22 サティシュ・クマール「今、ここにある未来」in滋賀

市民による、また官民一体による、生活に密着した環境保全の取組や運動はいち早く滋賀において展開しただけでなく、すでにそれ自体がこの地の文化であり伝統になりつつあります。枕元とも言うべき地に「原発銀座」があり、琵琶湖を抱きながら、足元にはこの湖の水で命をつなぐ1400万人の人々の暮らす地域を見て日本列島のほぼ中心に横たわっているのが滋賀であります。古代には大陸アジアと海域アジアを結ぶ文明の回廊であったし、日本の東西を結ぶ文化・経済の結節点でありつづけ、たびたび政治経済の中心でもありました。山、里、湖の一連の自然の循環を巧みに利用し、時に災害にみまわれながらも自然との折り合いをつけ、すぐれた生活文化、知恵やわざや思想を育んできたのも滋賀です。 (さらに…)

Page Topへ