シューマッハー

2012年01月27日

3・11のあとのシューマッハー~『宴のあとの経済学』復刊に寄せて

絶版になっていたのが再刊されたので、ぜひ。まさに今にぴったりの本です。

3・11のあとのシューマッハー
―『宴のあとの経済学』復刊に寄せて―

月刊ちくま2011年10月号掲載)

辻 信一

 3・11直後の焦燥感の中で、ぼくが手にとった本に、E.F.シューマッハーの『スモール・イズ・ビューティフル』があった。そこに収録されている「原子力――救いか呪いか」を改めて読むと、あまりに鮮烈で、まるでそこから、死後34年目で蘇った著者の肉声が聞こえてくるかのようだった。
(さらに…)

Page Topへ