コットン

2019年02月03日

4/21(日)-29(祝):東ブータンを歩く~ローカルからグローバルにつながるを学ぶ

ふつうの観光目的の人からみたら「何もない場所」に、あなたは何を見出しますか?歩くことで見えてくるもの、祈り、感じることで研ぎ澄まされてくること。コンビニ、いえいえ、スーパーさえない村で、彩り豊かな食事を、各家で仕込んだお手製どぶろくや焼酎を惜しみなくふるまっていただく豊かさに圧倒され、村人たちの豪快な笑顔や井戸端会議でのにぎやかな(エンドレスな)会話の根源は何だろう?と問い直す。一方で朝はとても早起きで、畑もきれいに手入れされていて、祈りは生活に密着している。

自分の内面とつながり直し、ブータンの僻地と呼ばれる村で起こっている世界とつながるローカル運動に触れ、日本に帰ったあとの「わたしの生き方」を変える一歩となる旅へようこそ!

ナマケモノ倶楽部がプロデュースするBe the Changeツアー。
『地球の歩き方』にものっていないディープなブータンを旅する仲間、募集します!

(さらに…)

2018年09月02日

催行決定!11/21-29:東ブータン「しあわせ経済モデル」に学ぶ9日間

★★若干名、お席あり。ご検討中の方、まずはご相談ください★★
地域の課題をチャンスに転換させていく「しあわせ経済」モデルとは?
伝統文化の再生と継承、地域資源の掘り起こし、住民主体の環境保全型農業、山間地域で起きているローカル化のダイナミックな潮流を、五感でまるごと体験しながら、「豊かさ」を問い直す旅へでかけませんか?エシカルなスパイスや雑穀を商品化するミーティングにも参加します。

(さらに…)

2018年07月04日

7/6-8:nimai-nitai展示会~インド/ブータン ローカルで紡ぎ出される仕事

「善きことはカタツムリの速度で動く」マハトマ・ガンジーの言葉。その言葉の通り、思い描くインド最貧困のビハール州の村の人々と仕事は、とても時間のかかるものですが、だからこそひとつひとつの小さな前進が励みにもなってきました。

アパレルブランドとしてのものづくりへのこだわりと、人・モノ・環境すべての視点から、ブランドのあり方を試行錯誤しつつ、約5年の歳月をかけ、南インドのオーガ ニックコットンを東部ベンガル州の手織り職人によって手織してもらうことが 可能となり、東北部ビハール州では、野生の蚕を手紡ぎ・手織りする技術を持つ村 と出会うことができました。

素材に従事する村々の仕事の尊さもさることながら、生産現場には、ニマイニタイの仕事によって手に職を持っていきいきと生活を営む仲間がいます。そして、 2016年には、辻信一さんとペマ・ギャルポさんが進められてきたプロジェクト (ブータンのチモン村での在来種によるオーガニックコットン再生)に参加し、 ブータンを訪ね、そこで出会った力強い糸が生地となった力強く美しい布。

インドとブータン、それぞれのローカルの地で紡ぎ出され、動きはじめた仕事を、今回の展示ではお話し会を交え、ご紹介させていただきます。

nimai-nitai
廣中桃子


インド/ブータン ローカルで紡ぎ出される仕事
期間:2018年7月6日(金)、7日(土)、8日(日)11時半~17時

会場:カフェゆっくり堂(JR戸塚駅東口より徒歩7分。善了寺境内)詳細こちら
*カフェでは、旬のお野菜をたっぷりつかったランチや自家製焼き菓子をご用意しています。


■Bar SLOW~ローカルで紡ぎ出される仕事

インドブッダガヤを拠点に地域の人たちの仕事づくりに取り組むnimai-nitai廣中桃子さん。

ナマケモノ倶楽部が取り組む、ブータン東部チモン村にも足を運んでくれ、「チモン・モワン(私たちのコットン)」プロジェクトの現状も視察していただきました。桃子さんと辻さんがみる、ローカルな仕事づくりとは。

改めて私たちがどう関われるか、考えてみたいと思います、ぜひお集まりください。

https://www.facebook.com/events/187718505197615/

日時:7月6日(金)19時~20時半(開場18時)

会場:カフェゆっくり堂

参加費;1000円+1オーダー

トーク:廣中桃子さん、カランさん

聞き手:辻信一さん

2017年01月23日

2/6(月):新春!コットン・レボリューション2017@横浜~片山佳代子さんを迎えて

11816109_874401352648582_3204437892904177668_o

お待たせしました!2017年初のコットン・レボリューションの集いのお誘いです!
ガンジー研究と和綿の栽培、手紡ぎ、手織りの実践で活躍されている片山佳代子さんをお招きしてワークショップを開きます。
片山さんを囲み、今、なぜガンジーの抵抗の思想が大切なのかを学び、チャルカ(糸車)を回すことを暮らしに取り込む一歩につなげてみませんか。

昨年初めて和綿栽培に取り組んだみなさん、ご自分ですでに糸を紡いだことのあるみなさんとも情報交換をしあい、同時に、自分のベランダや畑での小さな取り組みが、グローバル化された時代においてどういう重要な意味をもつか、改めてみなで確認できたらと思います。

夜は、片山さんが研究されてきたガンジー思想のお話会。
新著『よきことはカタツムリのように』を出されたばかりの辻信一さんが聞き手になってすすめていきます。

チャルカ講習は初心者の方も歓迎です。お気軽にご参加ください。

(さらに…)

2015年08月07日

8/21(金):真夏のコットン・レボリューション@千葉~片山佳代子さんを迎えて

DSC_1105
katayama3

千葉にガンジー思想と和綿の普及に取り組む片山佳代子さんをお迎えしての半日。
「今、なぜ和綿なのか?」、「衣の自給に関心がある!」
「今の時代にガンジーの思想をどう生かせばよいのか?」
「ガンジーは何を訴えていたのか、きちんと学びたい」というみなさんにおすすめです!
(さらに…)
1 / 212
Page Topへ