オーガニック

2019年02月03日

4/21(日)-29(祝):東ブータンを歩く~ローカルからグローバルにつながるを学ぶ

ふつうの観光目的の人からみたら「何もない場所」に、あなたは何を見出しますか?歩くことで見えてくるもの、祈り、感じることで研ぎ澄まされてくること。コンビニ、いえいえ、スーパーさえない村で、彩り豊かな食事を、各家で仕込んだお手製どぶろくや焼酎を惜しみなくふるまっていただく豊かさに圧倒され、村人たちの豪快な笑顔や井戸端会議でのにぎやかな(エンドレスな)会話の根源は何だろう?と問い直す。一方で朝はとても早起きで、畑もきれいに手入れされていて、祈りは生活に密着している。

自分の内面とつながり直し、ブータンの僻地と呼ばれる村で起こっている世界とつながるローカル運動に触れ、日本に帰ったあとの「わたしの生き方」を変える一歩となる旅へようこそ!

ナマケモノ倶楽部がプロデュースするBe the Changeツアー。
『地球の歩き方』にものっていないディープなブータンを旅する仲間、募集します!

(さらに…)

2019年02月03日

日程:東ブータンGNHツアー2019春


 >>ツアー概要はこちら
>>ツアー申込はこちら早割締切:2019年2月22日(金)、一般締切:2019年3月8日(金)

(さらに…)

2018年09月02日

催行決定!11/21-29:東ブータン「しあわせ経済モデル」に学ぶ9日間

★★若干名、お席あり。ご検討中の方、まずはご相談ください★★
地域の課題をチャンスに転換させていく「しあわせ経済」モデルとは?
伝統文化の再生と継承、地域資源の掘り起こし、住民主体の環境保全型農業、山間地域で起きているローカル化のダイナミックな潮流を、五感でまるごと体験しながら、「豊かさ」を問い直す旅へでかけませんか?エシカルなスパイスや雑穀を商品化するミーティングにも参加します。

(さらに…)

2018年07月02日

<催行決定>日程:東ブータンGNHツアー2018冬

IMG_7356
BST_cotton2014_field2

 >>ツアー概要はこちら
>>ツアー申込はこちら。締切:2018年9月20日(木)

*9月30日まで若干名、追加募集いたします。

 

(さらに…)

2017年06月03日

ブータンGNHツアー2017夏~タシデレ(幸あれ) 〜ブータンに学ぶ「しあわせの経済」

.
◆日程:2017年8月22日(火)~8月29日(火)朝
*東京発着。福岡、関空、中部など他空港発着ご希望の方はお気軽にご相談ください。
>>日程詳細はこちら

◆旅行代金:一般37万円、学生34万円

*羽田使用料2,670円、タイ空港税約2,560円、インド空港税4,070円、燃油料(12/10時点では無料)は別途徴収。
*ブータンの規定により学生料金の適用は25歳までとなっています。
*利用予定航空会社:タイ航空、全日空、ドゥルック・エアー航空、ブータン航空
*利用予定ホテル:ミラクル・スワンナブームホテル(バンコク)、マウンテンホテル、民泊(ブータン)または同等クラスのホテル

<募集型企画旅行条件書(要約) >

◆最少催行人数:4名
(添乗員は同行しませんが、ナマケモノ倶楽部メンバーがツアーリーダーとして同行します)

◆申込締切:2017年6月30日(金)
所定申込用紙にてマイチケットまでお申込ください)

◆呼びかけ:ナマケモノ倶楽部 

◆お申込先:(株)マイチケット
兵庫県知事登録旅行代理店業第142号(旅行取扱管理者 山田和生)
tel 06-4869-3444  fax 06-4869-5777 (担当:岩井)
以下のページを印刷し、必要事項をご記入の上、ファックスまたは郵送にてお送り下さい。
>>ブータンGNHツアー2017夏・参加申込書

◆旅行企画・実施:エアーワールド株式会社:観光庁長官登録旅行業第961号 日本旅行業協会(JATA)会員

●ペマ・ギャルポ
DSCF6376s

ブータン「チモン・モアン」プロジェクト代表。ブータンにおける観光が自由化された当初からガイド、ツアーオペレーターとして働き、やがて独立して「エンシェント・ブータン・ツアーズ&トレックス」を設立。2006年、GNHについての調査でブータンを訪れた辻信一(文化人類学者、ナマケモノ倶楽部世話人)と出会い、意気投合。以来、エコロジーやGNH、さらにホームステイを中心としたエコカルチャーツーリズムなどを企画・実施し、ブータンツアーの先駆けとなる。
近年は、グローバル化の波を受けて急激に変貌するブータンにおける遠隔地域の将来を憂慮し、2012年、自身の出身地であるペマ・ガッツェル県チモン村を舞台に「チモン・モアン(チモンの綿)」を立ち上げ、村人たちとともに、栽培から染織までを網羅するコットン文化を40年ぶりに再生。同時に、村の食料自給を軸とする安定したローカル経済を再確立することにより、ブータンにおける「もうひとつの発展モデル」を目指している。

1 / 612345...最後 »
Page Topへ