ナマケモノ倶楽部
共同代表
世話人
理事
なまくる
会員
事務局
 
関連組織
ナマクラ関連企業
100万人のキャンドルナイト
ハチドリ計画

ナマケモノ倶楽部・ナマクラ会員

全国で自身のライフスタイルをスローダウンさせようと、ナマケることをたのしんでいる会員さんたちです。お問合せはこちら
セヴァン・カリス=スズキ(Severn Cullis=Suzuki)


1979年生まれ。環境活動家。12歳のとき「地球サミット」で大人たちに訴えた「伝説のスピーチ」は、今もなお世代を超えて人々の心を揺さぶる。「グローバル500賞」受賞、「地球憲章」起草メンバー就任など、青年環境活動家の第一人者として世界中で講演・執筆活動を行う。

現在はカナダのハイダグワイ(クイーンシャーロット諸島)を拠点に、民族生態学、先住民文化の継承に力を注ぐ。日本ではナマケモノ倶楽部と協働で数々のキャンペーンに取り組む。洞爺湖サミットの開かれた今年は「アースキャラバン2008」のグローバルリーダーもつとめた。

著書に『あなたが世界を変える日』(学陽書房)『私と地球の約束』(大月書店)『セヴァン・スズキの私にできること』(ゆっくり堂)など。

上にもどる

後藤 朗(ごとう・あきら) <(株)ウィンドファーム>


1977年生まれ。大学院在学中に『スロー・イズ・ビューティフル』およびナマケモノ倶楽部と出会う。次第に活動に魅了され、会員に。

2003年には理事としてキャンペーンにも参加。2004年にWSF(世界社会フォーラム)行きのピースボートにナマケモノ倶楽部代表として乗船

その後、出版社に就職して全国を遊牧(営業)した後、縁あって、福岡県・田川郡赤村に定住。ウィンドファーム社員として、2006年5月オープンの赤村スローカフェクリキンディ立ち上げおよびスロービジネススクールの運営に関わる。

上にもどる

門倉 清志(かどくら・きよし) <(有)スロー>


1980年生まれ。群馬県出身。大学時代は時間があれば国内、海外をふらふらと旅していたような。

大学卒業後、一般企業に就職。仕事をこなしていくだけの流れ作業のような日々に疑問を感じ、自分が好きな事を仕事にしようと、(有)スローに入社。ナマクラへの参加は2007年1月。

SlowCoffeeを多くの方に知ってもらうために日々奮闘中。現在、新しいスタイルのコーヒーショップを準備中。

上にもどる

山本 勇樹(やまもと・ゆうき) 

千葉市生まれ。「トイレを変えれば世界が変わる」と信じ、トイレ研究所 (トイレ協会)に関わりながらトイレのことを少しずつ勉強をしてきました。 トイレからは建築・設備のことだけでなく、資源・環境、社会やコミュニティ、食と農、 伝統文化・歴史、教育、医療や保健衛生、政治経済など、様々な事柄が見えてきます。 そんなことをきっかけに、地元のアースデイや、 フィリピンの環境NGOなどにも参加し、 幅広く環境・社会問題に取り組んでいます。
今は、青森県六ヶ所村から、持続可能な社会を目指した暮らしを実践し発信していくこと、 またその場づくりを目的とした「六ヶ所あしたの森」プロジェクトのスタッフをしています。

上にもどる

ユミコ・ミノーラ 

滋賀県出身(琵琶湖の畔で生まれる) 現在岐阜市在住。
設計事務所在籍  建築の切り口から環境・エコロジーに関連するNPOアース バンクの事務局をしています。
健康に害のない建材や自然素材等の販売や情報を提供しています。副業としてこども造形絵画教室  スウェーデンのフレミッシュ織の手織教室 をしています。たま〜にイラストレーターもしています。
京都の成安造形短大(当時は御所の北にありました)出身の縁から大岩先生と つながり、ナマケモノ倶楽部につながりました。
滋賀県のストローベイルハウスのお手伝いをちょこっとさせていただきました。アースバンクにはカルロスさんのコーヒーもおかせていただいています。

上にもどる

阿久津 美穂(あくつ・みほ)


スローメディアワークス代表。明治学院大学卒業。在学中はNZの先住民族マオリの研究で留学したり、辻信一氏のゼミでエクアドルに行ったりして、大いに影響を受ける。

現在は企業で広報をしながら、スローメディアワークス代表として主にエコ系の雑誌やウェブの編集、執筆等のメディア活動を展開中。

将来の夢は週4日自宅勤務!http://www.slowmediaworks.net

上にもどる

小野寺 雅之(おのでら・まさゆき)

三陸ケセンの住民。「地域」の持続的な文化と暮らしの掘り起こし(ローカリぜーション)と自然の側に立つ(グラウンディング)という二つのテーマのもとに、三つの自給(食の自給、エネルギーの自給、文化・教育の自給)に取り組む。また、地元の中学校で「ハチドリ計画」を総合学習のテーマとして子供たちとともにに推進している。

http://www7.ocn.ne.jp/~sophia/
http://chinomori.exblog.jp/
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=4251139

上にもどる

鈴木 あゆみ(すずき・あゆみ)

1983年生まれ。千葉県出身。生活クラブ会員。エッセイスト。明治学院大学辻ゼミ出身。学生NGO「BodyAndSoul」初代事務局長となってから、大学時代は環境と平和をテーマにしたイベント企画・運営にあけくれる。

大学3年時にハチドリ計画の立ち上げに参加、事務局として活動。自称、元祖(?)ハチドリ娘!ハチドリ出前教室やハチドリ紙芝居・ハチドリCD・その他ハチドリグッズの作成など行なう。

2005年にピースボート初の日韓クルーズ「Green&Peace Boat」にハチドリ計画代表として乗船。そこで出会った韓国人男性と結婚し、子どもを授かる。

現在はハチドリ計画事務局をナマケ(?)、スローでラジカルな母になるには?と日々考えながら、近所で持ち寄りキャンドルナイトイベントをしたり、車をもたズーニー運動をして道草しながら自転車&歩いたり、まずは家族でGNHをあげることに夢中。

ハチドリ計画
ブログ:「ひとしずく日記」

上にもどる

前田 寛(まえだ・ゆたか) 


1976年生まれ、愛知県出身。23歳当時、アパレルで販売の仕事をしていたが、社会に対する様々な疑問があり、整理するために日本を離れようと考える、2001、ピースボートに乗船後、新しいライフスタイルを模索して農業に従事する。

2年ほどの農業生活後、「農」を通して気付き学んだことを伝える方法やつながりを得るために上京。縁あってカフェスローのスタッを経て、現在は豊島区のSOiL CAFE店長。

スローとは?つながりとは?命とは?そんなことの答えを、ささやかな生活の中から少しずつ拾えるように活動中。

上にもどる

金井 重(かない・しげ)

1927年9月20日生まれ。福島県出身。共立女子大卒。

30年間働いた職場を辞め、これからが私の時間と年金を元手に海外に飛び出す。これまで120か国以上を旅する。

「年金風来坊シゲさんの地球ほいほい見聞録」(中公文庫)など著書多数。

 

上にもどる

赤澤 福彦(あかざわ・ふくひこ)<(株)かふぇぴとぅ> 

台湾生まれ大阪育ち、日本人。

19歳:カフェとよさこい祭りとドルフィンスイムが夢となる。
00年ドルフィンスイムツアーのインターンとしてパナマシティへ。(その後、太地町、御蔵島、小笠原でもドルフィンスイムを経験。)
01年よさこいチーム「夢源風人」立ち上げ。3年間よさこい祭りで非日常の日々を過ごす。
03年エクアドルスローツアーに参加。
05年移動オーガニックカフェ「Cafe Pitwu」創業。ソロモン・ドルフィン・センターのツアー窓口にもなるカフェ空間を創るべく本格的に活動開始。Yoshio号乗組員たちと夏フェスに参戦しながら、約2年をかけて日本縦断の旅。
07年株式会社かふぇぴとぅ設立。コミュニティカフェ「Cafe Slow Osaka」オープン。
08年フリースペースで旅cafeやecoトークカフェなど思いつき企画をスタート。
09年きっかけサポート「ココスタイル」始動!

夢のかけら:ソロモンのイルカと泳ぐこと、趣味:素潜り、添加物チェック、特技:銛やり残したこと:100人チームで高知のよさこい祭りに参加すること(カフェが落ち着いたらリベンジ予定)

上にもどる

見島 英之(みしま・ひでゆき)<(株)かふぇぴとぅ> 


1979年生まれ。高校卒業後『花束つくれるパパになりたい』と花市場で働く。入社後『花市場では花束はつくれない』と薄々感じながらも3年間、生花バイヤーとして早朝のオークションに参加し全国のお花屋さんにお花を送る日々をおくる。21歳何か人生にやり残した気がして退社。お祭りチームの立ち上げに参加。

『コーヒー屋さんになりたい』と03年のエクアドルスローツアーに一緒にお祭りチームを作った高校の同級生と参加する。フェアトレードを学び、帰国後コーヒー屋さんでアルバイトをしながら喫茶店を開く修行をする。

05年に移動販売CafePitwuを発足させ、移動販売車ヨシオ号で全国のイベント出店ツアーにでかける。07年に地元・大阪でミラクルな出会いがあり、CafeSlowOsakaを立ち上げることに。これを機に「株式会社かふぇぴとぅ」となった。

現在もCafePitwuのイベント出店とCafeSlowOsakaのイベントで日々のお祭り騒ぎを継続中。最近の研究テーマは『非日常空間で過ごす日常とは何か』夢は『喫茶さぼ〜る を開くこと。』ダラダラの似会うオジサンになりたい。

 

上にもどる

高橋 真樹(たかはし・まさき)<(有)ゆっくり堂> 

小さいころから回りのペースについていけず苦労するが、自分は人より遅いんだと気づくのも35歳を越えてからと遅かった・・・

96
年から2010年までNGOピースボートで働く。専門はイスラエル・パレスチナ、核廃絶、ハワイ、漫才など。普段はライター兼編集者。

苦手なものはジェットコースターと、トランプのスピード。

ゆっくりな自分でも生きていける社会を実現するため、2010年末からゆっくり堂に勤務。え?そういう団体じゃないの?

著書に『イスラエル・パレスチナ 平和への架け橋』(高文研)など

※更新をナマケているブログ:しゃろーむ&さらーむ

上にもどる