会員

赤澤 福彦(あかざわ・ふくひこ)


台湾生まれ大阪育ち、日本人。カフェとよさこい祭りとドルフィンスイムが夢となる。2000年、ドルフィンスイムツアーのインターンとしてパナマシティへ(その後、太地町、御蔵島、小笠原でもドルフィンスイムを経験)。2001年、よさこいチーム「夢源風人」立ち上げ、3年間、非日常的な日々を過ごす。
2003年、ナマケモノ倶楽部のエクアドルスローツアーに参加したことがきっかけで、2005年に移動オーガニックカフェ「 Cafe Pitwu 」創業。Yoshio号乗組員たちと夏フェスに参戦しながら、約2年かけて日本縦断の旅。2007年、株式会社かふぇぴとぅ設立。コミュニティカフェ「Cafe Slow Osaka」オープン。旅cafeやecoトークカフェなど思いつき企画をスタート。趣味は素潜り、添加物チェック。
関連情報

阿久津 美穂(あくつ・みほ)


スローメディアワークス代表。明治学院大学卒業。在学中はNZの先住民族マオリの研究で留学したり、辻信一氏のゼミでエクアドルに行ったりして、大いに影響を受ける。現在は企業で広報をしながら、スローメディアワークス代表として主にエコ系の雑誌やウェブの編集、執筆等のメディア活動を展開中。将来の夢は週4日自宅勤務!
関連情報
サイト:スローメディアワークス

糸賀 瑞枝(いとが・みずえ)


1978年生まれ。板橋区在住。6年続けた売上至上主義の仕事をやめ、2年前に思いつきでピースボートに乗船。海の上でぼーっとしながら、今までいかに周りの人を大事にしていなかったか、それにより自分を苦しめていたか反省。下船後、船内で知ったことをきっかけに知り合いの畑を手伝ったり、WWOOFに出たりして、自然に触れる心地よさ、人とつながる嬉しさを体で覚えつつ、再び仕事に戻る。オリエンにて「スロー=つながり直し」というナマクラの思いに共感し、なまくるに参加。環境問題は正直難しいけど、ゆっくりつながることのできた大事な人たちと一緒だったら、ちょっとずつ何かできる気がしている。趣味は散歩、読書しながらの長風呂、酒、それからFUNKIST。
関連情報

岩澤 直香(いわさわ・なおか)

1982年生まれ。神奈川県出身。寿司屋の末娘に生まれる。落ち着きがない・・という痛い性格。大学では国際関係学部に属し、個性豊かな大切な仲間に出会い、刺激を受ける日々。卒業後、一般企業の総務部に勤め、環境問題・もったいないことに関心を持つ。エクアドルに3ヶ月ボランティア生活をして、その後実家の寿司屋で働く。これまでの人との出会い・つながりに感謝・幸せだなと強く感じ、そろそろ私もなにかしよう!と修行しにナマクラに潜入。好きなこと:食べる、日向ぼっこ、海、走る、旅行、大切な人たちと過ごす時間。

関連情報

岩見 弥生子(いわみ・やえこ)

1980年・横浜生まれの横浜育ち。専門学校・大学時代はフランス文学科に在籍。フランス留学を経て、フランス関連の仕事を探す中、出会ったオーガニックワイン会社と、アフリカへのボランティアなどから、エコロジーやオーガニック、NGOの世界に開眼。その後、国際協力NGOでのインターンやフェアトレード会社で修行、3・11後は東日本大震災の復興支援ボランティア事務局で勤務。好きなもの、海・山・川・食べることとお酒。好きな言葉、「上善水の如し」。
ナマケモノ倶楽部に入る前から、動き&しゃべり方がスロー。

関連情報

門倉 清志(かどくら・きよし)


1980年生まれ。群馬県出身。大学時代は時間があれば国内、海外をふらふらと旅していたような。大学卒業後、一般企業に就職。仕事をこなしていくだけの流れ作業のような日々に疑問を感じ、自分が好きな事を仕事にしようと、(有)スロ-に入社。ナマクラへの参加は2007年1月。SlowCoffeeを多くの方に知ってもらうために日々奮闘中。

関連情報
サイト:有限会社 スロー

▲page top

金井 重(かない・しげ)


1927年9月20日生まれ。福島県出身。共立女子大卒。30年間働いた職場を辞め、これからが私の時間と年金を元手に海外に飛び出す。これまで120か国以上を旅する。「年金風来坊シゲさんの地球ほいほい見聞録」(中公文庫)など著書多数。
関連情報

久保田 可奈子(くぼた・かなこ)


横浜・山口・高知育ち、大阪在住。 Cafe Slow Osaka のサポーター。なまくるkansai。ご近所づきあいの延長のような感覚で、時々カフェのイベントスタッフ・留守番管理人などをしています。主に「くらやみカフェ」裏方を担当。
こんな音楽の場があったらいいなぁという思いが、そういえば昔からあったのですが、いつのまにか関われていてラッキー。子どもの頃からアレルギーフルコースな体質で、自然療法などに馴染みながら育つ。世の中を住みよくする方向で何かみつけたいなぁと考え、社会学を専攻。予防医学方面にやりがいを感じるも、仕事をがんばりすぎてしまい持病でダウン。一病息災でのんびりと休養中の2006年に、関西のスロービジネスな輪を知り、ナマケモノ倶楽部に出会う。現在も、ムリなくLowなペースで生活中。ゆっくりめですが、おかげさまで暇にはならない愉しい日々です。好きな時間:音楽とおいしい飲み物、ふらふら散歩、手作りおやつ(作るのも食べるのも)
関連情報

後藤 彰(ごとう・あきら)


1977年生まれ。大学院在学中に『スロー・イズ・ビューティフル』およびナマケモノ倶楽部と出会う。次第に活動に魅了され、会員に。2003年には理事としてキャンペーンにも参加。2004年にWSF(世界社会フォーラム)行きのピースボートにナマケモノ倶楽部代表として乗船。その後、出版社に就職して全国を遊牧(営業)した後、縁あって、福岡県・田川郡赤村に定住。ウィンドファーム社員として、2006年5月オープンの赤村スローカフェクリキンディ 立ち上げおよび スロービジネススクール の運営に関わる。
関連情報
赤村スローカフェクリキンディ
ブログ:ゆっくり村

高橋 真樹(たかはし・まさき)

小さいころから回りのペースについていけず苦労するが、自分は人より遅いんだと気づくのも35歳を越えてからと遅かった…。1996年から2010年までNGOピースボートで働く。専門はイスラエル・パレスチナ、核廃絶、ハワイ、漫才など。普段はライター兼編集者。苦手なものはジェットコースターと、トランプのスピード。ゆっくりな自分でも生きていける社会を実現するため、2010年末からゆっくり堂に勤務。え?そういう団体じゃないの?著書に『イスラエル・パレスチナ 平和への架け橋』(高文研)、『観光コースでないハワイ 』(高文研)など。
関連情報
サイト:ゆっくり堂
ブログ:しゃろーむ&さらーむ

竹之内 国幹(たけのうち・くにもと)

1978年生まれ。群馬県昭和村が故郷。予備校の営業の後、ピースボート乗船を機に、スローな考え方に触れ、ナマクラに参加し始める。ナマクラでは、FUJI ROCK FESTIVAL ’08などのイベント出展、つながり方をつくる「つなくる」に参加。その後、フリーター、国際協力団体を経て、現在、福岡県赤村(ゆっくり村住人)で、薪中心の生活をしながら、一般社団法人スロービジネススクール の事務局スタッフ。「いのちを大切にする」ことを価値観の軸に据え、人とひととのつながりから世界を変えたいと思っている。ちなみに、サッカーとハナレグミ、みかんが好き。
関連情報
サイト:一般社団法人 スロービジネススクール

田中 みのり(たなか・みのり)


1980年生まれ。奈良県出身。小さい頃は共働きの両親が忙しかったため、祖父母と長い時間を共に過ごす。そのせいか、自然と「もったいない精神」が身につくが、ばばくさいと思われるのが嫌で隠して生きる。大学では異文化コミュニケーション等を学ぶが卒業後やりたいことを1つに絞りきれず、一般企業に就職。その後東京へ引越したもののスピードにはなんとなくついていけず(いかず)、次第に「本当の豊かさ」を真剣に考えるようになる。現在、育児休暇中。趣味はパートナーと一緒に散歩すること、絵を描くこと、手作り。日曜の朝のコーヒータイムが至福のひと時。

関連情報

▲page top

志村 瑞枝(しむら・みずえ)


1965年生まれ、岩手県出身。現在は都会の真ん中でナマケ生活を楽しみながら、田舎暮らしを夢見ています。
つれあいは地域通貨ナマケの使える整体や、天山均整院です。手作り好きの地域通貨好き、時々カフェスローのマーケットに出没。マーマレードなど売っています。
見かけたらぜひ声をかけてください!(ナマケ歓迎!)
関連情報

セヴァン・カリス=スズキ(Severn Cullis = Suzuki)


1979年生まれ。環境活動家。12歳のとき「地球サミット」で大人たちに訴えた「伝説のスピーチ」は、今もなお世代を超えて人々の心を揺さぶる。「グローバル500賞」受賞、「地球憲章」起草メンバー就任など、青年環境活動家の第一人者として世界中で講演・執筆活動を行う。現在はカナダのハイダグワイ(クイーンシャーロット諸島)を拠点に、民族生態学、先住民文化の継承に力を注ぐ。日本ではナマケモノ倶楽部と協働で数々のキャンペーンに取り組む。洞爺湖サミットの開かれた2008年はアースキャラバン2008のグローバルリーダーもつとめた。著書にあなたが世界を変える日』(学陽書房)、『わたしと地球の約束』(大月書店)、『セヴァン・スズキの私にできること』(ゆっくり堂)など。

関連情報

鈴木 あゆみ(すずき・あゆみ)

1983年生まれ。千葉県出身。生活クラブ会員。エッセイスト。明治学院大学辻ゼミ出身。学生NGO「BodyAndSoul」初代事務局長となってから、大学時代は環境と平和をテーマにしたイベント企画・運営にあけくれる。大学3年時にハチドリ計画の立ち上げに参加、事務局として活動。自称、元祖(?)ハチドリ娘!ハチドリ出前教室やハチドリ紙芝居・ハチドリCD・その他ハチドリグッズの作成など行なう。
2005年にピースボート初の日韓クルーズ「Green&Peace Boat」にハチドリ計画代表として乗船。そこで出会った韓国人男性と結婚し、子どもを授かる。現在はハチドリ計画事務局をナマケ(?)、スローでラジカルな母になるには?と日々考えながら、近所で持ち寄りキャンドルナイトイベントをしたり、車をもたズーニー運動をして道草しながら自転車&歩いたり、まずは家族でGNHをあげることに夢中。
関連情報
サイト:ハチドリ計画
ブログ:ひとしずく日記

棚橋 健(たなはし・けん)


1964年、東京オリンピックが開催され、新幹線が開通した年に神奈川県川崎市に生まれた。話し方などからは絶対に見抜かれないが、実は4代目の江戸っ子。もともと環境に興味があって、雑誌ソトコトを読み始め、辻信一さんの連載にはまる。これは面白いと思い、ナマケモノ倶楽部のイベントなどに参加し始める。会員になったのは2007年2月。2007年ブータンGNHツアーに参加。江戸や和を中心にスローについて考えたり、落語や漫才などの「お笑い」を切り口にスローを考えたりしている。さらに、みんなで踊って歌ってスローにつながりたいと三線を特訓中!と、いろんなことに興味があり、スロー人をめざしている。
関連情報

戸堀 弥生(とぼり・やよい)


1984年生まれ。長野県出身。大学時代、ブータンのGNHを根底にした持続可能な開発について研究。2004年に現地調査で初めてブータンを訪れ、自然や人とのつながりを大事にした暮らしを見て、本当の豊かさとは何かを実感する。帰国後、GNHとナマクラのスロー運動が自分の中でつながって、何かしたいという気持ちから、なまくる初期メンバーとなり活動に参加。「小僧」キャラで親しまれる。2005年エクアドルスローツアーに参加。2007年ブータンGNHツアーに参加。
関連情報

▲page top

原田 真里(はらだ・まり)


趣味は、音楽鑑賞、読書、散歩、お菓子作り。最近のマイブームは、コーヒー&手作りお菓子でゆったりとティータイムを楽しむこと♪興味のあることは、スローライフ、スローカフェ、スローフードetc. 日々の暮らしの中で「つながり」を大切にすることを模索中。ナマクラのイベントに参加して感じたこと:イベントやMTGに参加してさまざまな人たちと出会いました。その出会いの中で、新たな発見を多く得られたように思います。十人十色のスローライフ、「つながり」を大切にする生き方があるんだなぁと改めて感じました。ここで出会った人たちとの出会いを大切にしながら、私も自分なりに「つながり」を大切にしていきたいと思います。
関連情報

林 直樹(はやし・なおき)


1960年生まれ。大阪出身。教員養成系の大学を出ながら、先生にならずに広告会社に就職して、若気の勢いで社会人やってるうちにいつのまにやら中年サラリーマン。「これでいいのか」なんて今ごろ悩む48才。ある夏の暑い日、アンニャに出会って「言いたいことがあるなら言いに行こう」とDirect Actionな姿勢にすがすがしいショックを受け、コアラの着ぐるみで同行したのがきっかけでナマケモノ倶楽部に。やっぱり自分が楽しくないとね人生は。サティシュさんもそう言ってる(と思う)。よろしくね。
関連情報

深谷 裕一(ふかや・ゆういち)


1977年東京生まれ江東区育ち。財布から”ギザ10″を発見すると幸せを感じてしまう江戸っ子。2007年に「TEAM GOGO 2007」に江東区、江戸川区の虹の天使(リーダー)として参加。四季豊かな日本や地球を次の世代にしっかり渡せるよう、今、出来ることをしようと考え、豪快に号外を配る。自主上映会開催時に事務局長の馬場さんにお会いし、2008年1月の活動終了を機にナマクラに入会。現在、つなくるとして、人とのつながりの輪を感じながら、つながる場を愉しく創っている。何事もやってみないと分からないなぁと実感する今日この頃。
関連情報

前田 寛(まえだ・ゆたか)

1976年生まれ、愛知県出身。23歳当時、アパレルで販売の仕事をしていたが、社会に対する様々な疑問があり、整理するために日本を離れようと考える、2001、ピースボート乗船後、新しいライフスタイルを模索して農業に従事する。
2年ほどの農業生活後、「農」を通して気付き学んだことを伝える方法やつながりを得るために上京。縁あってカフェスローのスタッフを経て、現在は自家菜園や素晴らしい生産者さんの食材を使用した食堂&cafeひとつむぎを愛知県にて営んでいる。スローとは?つながりとは?命とは?そんなことの答えを、ささやかな生活の中から少しずつ拾えるように活動中。
関連情報
サイト:食堂&cafeひとつむぎ
ブログ:食堂&cafeひとつむぎ

松尾 聖子(まつお・せいこ)

1962年福岡生まれ。1998年、東京より故郷の実家に舞い戻る。2001年夏、散歩中にゲットした本『草のちから藁の家』がご縁で「ナマケモノ倶楽部」のスローライフ実践普及活動と出会い、2001年秋のフィエスタエクアドル@福岡にボランティア初参加。地球の現実を目の前にして涙が止まらず…これ迄無意識で環境破壊に加担してきた懺悔もこめて、より多くの人々に伝える使命に目覚める。その後、家族を巻きこんでのスローライフ活動から始まり、熊本に引っ越して活動を広げるまでに至る。近年少しくたびれて活動お休み中だが、気持ちだけでもと「なまくる」に参加し、細く気長につながり育み中。2003年よりナマクラやスロー系各社とも時々恊働している、スローライフに関する企画意匠屋「SlowLifeDesign 縁側ゆにっと」事務局代表。
関連情報
ブログ:herenow 虹わく*今のココろ

見島 英之(みしま・ひでゆき)


1979年生まれ。高校卒業後『花束をつくれるパパになりたい』と花市場で働く。21歳、何か人生にやり残した気がして退社。コーヒー屋さんになりたい』と03年のエクアドルスローツアーに高校の同級生と参加。フェアトレードを学び、帰国後コーヒー屋さんでアルバイトをしながら喫茶店を開く修行をする。
05年に移動販売Cafe Pitwuを発足させ、移動販売車ヨシオ号で全国のイベント出店ツアーにでかける。07年に地元・大阪でミラクルな出会いがあり、CafeSlowOsakaを立ち上げることに。これを機に「株式会社かふぇぴとぅ」設立。現在もCafePitwuのイベント出店とCafeSlowOsakaのイベントで日々のお祭り騒ぎを継続中。最近の研究テーマは『非日常空間で過ごす日常とは何か』。夢は「喫茶さぼ~る」を開くこと。ダラダラの似会うオジサンになりたい。
関連情報

箕浦 有見子(みのうら・ゆみこ)

滋賀県出身(琵琶湖の畔で生まれる)。現在岐阜市在住。設計事務所在籍。建築の切り口から環境・エコロジーに関連する NPOアース バンクの事務局として、健康に害のない建材や自然素材等の販売や情報を提供。副業としてこども造形絵画教室「スウェーデンのフレミッシュ織の手織教室」、たま~にイラストレーターもしています。
京都の成安造形短大(当時は御所の北にありました)出身の縁から大岩先生とつながり、ナマケモノ倶楽部につながりました。滋賀県のストローベイルハウスのお手伝いをちょこっとさせていただきました。アースバンクにはカルロスさんのコーヒーもおかせていただいています。
関連情報
サイト:NPOアース バンク

森岡 知宏(もりおか・ともひろ)

1978年生まれ。埼玉県出身。医療機器メーカー営業の後、大学に復学。復学先の大学のゼミで『スロー・イズ・ビューティフル』に出会う。
2006年、アメリカに短期留学した際、ガーナの女性に出会い、アフリカに興味を持つようになる。
2008年、参加したアフリカセミナーでケニアに出会う。
その後、教員をしながら、休暇を利用してはボランティアをしながら東南アジア諸国を巡る一人旅をする。
2010年、青年海外協力隊・青少年活動でケニアに派遣され、貧困問題を抱えるケニアの子どもたちと関わる。
2012年帰国。ケニアで学んだことは、家族の絆と地域コミュニティーのつながりの大切さ。
現在は神奈川県内で教員をしながら、日本の地域コミュニティーの活性化について考える日々。
当面は、教員の仕事をする傍らで、ケニアの紹介と日本の地域づくりに協力をしていく予定。
関連情報
ブログ;http://retrofuturestory.blogspot.jp/ Facebook;http://www.facebook.com/retrofuturejapan

山本 勇樹(やまもと・ゆうき)

千葉市生まれ。「トイレを変えれば世界が変わる」と信じ、日本トイレ研究所 (日本トイレ協会)に関わりながらトイレのことを少しずつ勉強をしてきました。トイレからは建築・設備のことだけでなく、資源・環境、社会やコミュニティ、食と農、 伝統文化・歴史、教育、医療や保健衛生、政治経済など、様々な事柄が見えてきます。 そんなことをきっかけに、地元の アースデイちばや、フィリピンの環境NGO コーディリエラ・グリーン・ネットワークなどにも参加し、 幅広く環境・社会問題に取り組んでいます。今は、青森県六ヶ所村から、持続可能な社会を目指した暮らしを実践し発信していくこと、 またその場づくりを目的とした「東北あしたの森」プロジェクトのスタッフをしています。
関連情報
東北あしたの森
ブログ
ツイッター
フェイスブック
Page Topへ