世話人・理事

 

ナマケモノ世話人

 

辻 信一(つじ・しんいち)


文化人類学者、環境運動家。明治学院大学国際学部教授。 「100万人のキャンドルナイト」呼びかけ人代表。数々のNGOやNPOに参加しながら「スロ-」や「GNH」というコンセプトを軸に環境文化運動を進める。ナマケモノ倶楽部を母体として生まれた(有)スロ-(有)カフェスロ-スロ-ウォーターカフェ(有)(有)ゆっくり堂などの社会的起業であるスロービジネスにも取り組む。主な著書に『ハチドリのひとしずく-いま、私にできること』(光文社)、『「ゆっくり」でいいんだよ 』(ちくまプリマー新書)など。最新刊は『川口由一の自然農というしあわせwith辻信一』(ゆっくり堂)。
関連情報
サイト:Slow is Beautiful
ブログ:Slow Photo

中村 隆市(なかむら・りゅういち)


1955年福岡生まれ。(株)ウィンドファーム代表。
(有)ゆっくり堂代表。東北あしたの森共同代表。
スロービジネススクール校長。19歳で水俣病と出会い、松下竜一さんとの出会いから環境運動に関わり始める。23歳で農村に移住。無農薬で米と野菜をつくり、鶏を飼いながら有機農業の普及活動に取り組む。1986年、チェルノブイリ原発事故による放射能汚染食品が途上国にまわされたと知り「途上国の子どもたちが気になり始めた」。それがキッカケとなり、中南米やアジアの農民と提携して有機コーヒーと紅茶の産直運動(フェアトレード)を始める。1990年からチェルノブイリ原発事故被害者の医療支援を続けている。1998年からは、南米各地で有機コーヒーのフェアトレードについて講演。2000年、ブラジルの環境都市クリチバにブラジル初のオーガニックカフェ「テーハベルジ」を開店。2004年ブラジル・マッシャード市から有機農業とフェアトレードを普及した功績により名誉市民章を受章。同年「いのちを大切にする仕事」スロービジネスを学ぶスクールを設立。2006年、福岡県田川郡にエコヴィレッジ「ゆっくり村」をつくり始め「買う豊かさ」から「つくる豊かさ」への移行を楽しみながら進めている。『考える絵本 しあわせ』(大月書店)のモデルでもある。
関連情報
ブログ:風の便り
ツイッター

大岩 剛一(おおいわ・ごういち)


(有)ゆっくり堂役員。建築家(一級建築士)。成安造形大学造形学部教授。1998年より滋賀県に赴任し、琵琶湖のヨシ群落と里山をフィールドにして活動。2001年に持続可能な住環境の再生をめざすスローデザイン研究会を立ち上げ、圧縮した稲藁を使ったストローベイル・ハウス(藁の家)の研究と普及に努める。主な作品に 「カフェスロー」「風流」他。主な著書に『わらの家』(インデックス・コミュニケーションズ)、『ロスト・シティ・Tokyo』(清流出版)など。
関連情報
サイト:スローデザイン研究会

向達 壮吉(こうだつ・そうきち)

向達 壮吉1950年東京大田区大森出身、現在も。元NEC、CSR推進部環境ビジネス・府中環境管理推進センター勤務、大田区環境審議委員。「100万人のキャンドルナイト」呼びかけ人・東京都環境学習リーダー。

現在はナマケモノ倶楽部世話人(主に販売・デモ担当)のほか、スローウォーターカフェ(有)東京チョコレート販売部長?、緑の党サポーター、NPOレインボー理事、チョコレボACE会員など環境やフェアトレード推進活動と、地域では大田区をフェアトレードタウンにする会や保育園・学校や児童館への送迎を支援するファミリーサポート、知的障害や身体障害の移動介助支援をするガイドヘルパーなど若者支援のボランティア活動をしている。また生涯学習リーダーとして環境・福祉(障害者理解)・地域と教育・映画会などの講座企画を楽しんでいる。

好きなものは、ワインとアイスクリームとチョコレート・・・糖尿病治療中(^e^)。好きな言葉は、「サトヴィック(satttvic)」=真実なるもの、自然なもの、正真正銘なもの、シンプルなもの、うそのないもので、自然の美しさをもったもの、美しく、そして心を満たす特徴を持っています。(サティシュクマール『スピリチュアル・コンパス』

関連情報
Facebook

髙坂 勝(こうさか・まさる)


オーガニック・バー「たまにはTSUKIでも眺めましょ」店主。NPO法人SOSA PROJECT代表。1970年、横浜生まれ。大卒後に勤めた大手企業を30歳で退社。地球ひとまわりと日本各地の旅を経た後、金沢に移住、様々な社会的アクションも始める。2004年に6.6坪の小さなオーガニック・バー「たまにはTSUKIでも眺めましょ」0pen。”社会を変える”を目的としたビジネス&ライフスタイルの実践とそのアウトプットを楽しんでいる。著書『減速して生きる ダウンシフターズ』(幻冬舎)。2007年11月放送、TBS「流・流・流」
関連情報
サイト:ダウンシフターズ
ブログ:たまにはTSUKIでも眺めましょ

鈴木 幸一(すずき・こういち)


通称:南兵衛(なんべい)。アースガーデン代表。 Natural High!渚音楽祭プロデューサー。10代終わりからの日本各地から南米全域への旅から、89年石川県白山麓での百姓暮らしを経て、オーガニック&エコロジーをライフワークとする。
元アースデイ東京事務局長、お茶の水GAIA相談役顧問。またap bank fes.、フジロック、メタモルフォーゼなど数多くの野外フェスの企画制作、エコロジー・プログラムの実現 などに活躍している。著書『フェスティバル・ライフ』(中央公論新社)、共著 『良品活力』(山と溪谷社)。
関連情報
サイト:アースガーデン
ブログ:南兵衛@earth
ツイッター

▲page top

深津 高子(ふかつ・たかこ)


東京都国分寺在住。国際モンテッソーリ協会公認教師。 NPO法人幼い難民を考える会 理事。ピースボート子どもの家アドバイザー。1980年代、タイ・カンボジア国境でインドシナ難民救援ボランティア中、「平和は子どもから始まる」という言葉に出会う。以降、恒久的な平和に至る確かな方法として幼い子どもたちの教育に関わるようになる。
共著『世界がもっとよくなるように努力した人:マリア・モンテッソーリ』(てらいんく)、監修本『デチタ でチた できた!』(ウインドファーム)
関連情報
ブログ:ecollage

二葉 晃文(ふたば・てるふみ)


通称テリー。龍谷大学教員。専門:教育言語学。ナマケモノ倶楽部の運動に参加し、いらちでせっかちな性格を直すべ く、「ズーニー」を開始し、公私ともに「しないこと」リストが常に飽和状態。現在「自分にできないことは人に強要しない」 ことを目標としている。スロー、スモール、シンプルを心がけて生活しているうちに娘より細い ジーンズがはけるようになってしまった京都生まれ京都育ちの「箱入り」おやじ。
関連情報

吉岡 淳(よしおか・あつし)


(有)カフェスロ-代表。大妻女子短期大学、関東学院、
NHKカルチャースクール講師。 日本ユネスコ協会連盟元事務局長。30年間にわたるユネスコ運動をへて、2001年にナマケモノ倶楽部の運動拠点としてカフェスロ-をオープン。以後、「スローカフェ」の普及と人材育成にとりくむ。
現在、スローカフェは、大阪、福岡、神戸、長野に展開。全国からのカフェ視察や起業相談、取材が絶えない。大学やカルチャーセンターでは、 「環境と身体」「平和教育」「人権論」「NPO論」 「ユネスコ世界遺産」等の講座を担当。著書『スローなカフェのつくりかた』(自然食通信社)。
関連情報
サイト:カフェスロー
ブログ:スローカフェムーブメント

小野寺 雅之(おのでら・まさゆき)


三陸ケセンの住民。「地域」の持続的な文化と暮らしの掘り起こし(ローカリゼーション)と自然の側に立つ(グラウンディング)という二つのテーマのもとに、三つの自給(食の自給、エネルギーの自給、文化・教育の自給)に取り組む。また、地元の中学校で「ハチドリ計画」を総合学習のテーマとして子供たちとともに推進している。
関連情報
サイト:Sophia Forest
ブログ:Sophia Forest

 

ナマケモノ理事

 

加藤 千夏(かとう・ちなつ)


1978年夏生まれ、山笠大好きな博多っ子。2000年滋賀県で造形大学住環境デザイン科の学生をしている時に、スローデザイン研究会の大岩剛一氏にナマケモノ倶楽部に誘われる。会員番号62番。学生時代はナマケモノ倶楽部関西支部としてイベントやデザイン、ストローベイルづくりなど精力的に活動。社会人となってからは関東関西と転々としつつ、自分ペースでゆるーくお手伝い。ハチドリてぬぐいのデザインやさえずり館での「森をまもり、森をつくる」展でのパネルの作成など。自称「なまくるデザイン部」。2008年にはナマケモノ倶楽部事務局スタッフとしてアースキャラバン2008に参加。子どもたちへの環境学校をしながらBDFキャンピングカーで日本を縦断。各地の自然やスローな取組みに触れるつながりの旅を経験。現在はミツロウの手づくりキャンドル、 akarizm (アカリズム)のつくり手。キャンドルの製作販売とワークショッブなどを行う。
関連情報
ミツロウキャンドル akarizm
ブログ
ツイッター

▲page top

田島 俊介(たじま・しゅんすけ)


1983年生まれ。千葉県佐倉市出身。2008年秋、社会人2年目、会社員生活に悶々としていたときにナマケモノ倶楽部と出会い、スロー=つながりを大切にする生き方・考え方に共感し、会員・なまくるになる。2009年、会社に頼らない生き生きしたスローな生き方・半農半Xを目指すことにし、ナマクラのイベントに関わったり、農業体験行ったり、東北あしたの森に関わったり、動きまわっていた。現在、NPO竹もりの里事務局長。趣味・特技は旅とアコースティックギターを弾くこと
【旅】・・・沖縄・オーストラリアが好き。
【アコースティックギター】・・・インストの作曲とかしてるらしい。
夢はカフェスローで暗闇演出人。
関連情報
サイト:Road to unkouwn~ギター弾きたっしー

張 錫振(チャン・ソッチン)


韓国一の工業都市、現代(ヒョンダイ)グループで有名な蔚山(ウルサン)で育つ。軍隊除隊後、国費奨学生で日本へ留学し、東京大学で科学修士取得。現在、富士ゼロックスの研究開発部に勤務。2005年ピース&グリーンボートで辻信一氏に出会って以来、これまでの人生観が大きく変化、以後ハチドリ計画、ナマケモノ倶楽部の活動に参加。現在、韓国の女性環境連帯の会員でもあり、日韓の団体や人とのつながりを深めている。ナマケモノ倶楽部会員のパートナー(鈴木あゆみ)とスローな生活を目指しつつ、同時に人類のあるべき姿を模索中。翻訳書(日韓)に『幸せってなんだっけ』、『愉しい非電化』、『しないこと』がある。
関連情報
ブログ:Chang Seokjin’s Bookshelf

藤井 芳広(ふじい・よしひろ)


1978年生まれ。滋賀県出身。祖父の影響を受け、アートに興味をもつ。高校時代より音楽、映像の世界に魅了される。
2002年ナマケモノ倶楽部に入会。スローアート族の立ち上げ、スタッフとしてイベント運営に携わり、2004年より理事として関わる。同時に平和・音楽・祭りといったキーワードを通じて、様々な人とのネットワークを構築する。「9LOVE」「Work9」「今人」などのスローなアート活動に関わる。
関連情報

三上 朗(みかみ・あきら)


音楽とお祭りとカレーが大好きな道産子。ナマケモノ倶楽部との出会いは、たまたま観に行ったライヴの会場がカフェスローで、そのイベントが「100万人のキャンドルナイト」だったという出会い頭のようなものでした。その後、9Tを入手しようとホームページを隅々まで読んで、そのあまりの面白さに感心し、オリエンテーションに参加したその日に入会。
現在はなまくる年長組として、9LOVE活動や共食会を通して人と人の繋がりの場作りを目指しています。
関連情報

横山 理絵(よこやま・りえ)


1979年生まれ。静岡ッ子。2000年秋、大学の校外実習でエクアドルを訪れ、人や自然とのつながりを大切にすることの重要性を心と体で実感する。帰国後ナマケモノ倶楽部に参加。2002年、日本とエクアドルの若者によるコラボカフェ「カフェ・コタカチ」に関わる。2005年エクアドルスローツアースタッフとして同行。2006年にはナマクラ事務局スタッフとして勤務。2007年にはエクアドル派遣員としてフニン村を拠点に、医療支援や鉱山開発反対運動についての情報を日本に届ける。「なまくる」の産みの親。
関連情報

渡邉 由里佳(わたなべ ゆりか)


1974年生まれ。大学時代にカナダ北西海岸の先住民を訪れ「エコカルチャーツーリズム」に深く心を打たれる。1999年、卒業旅行としてエクアドルツアーに参加。ナマケモノ倶楽部からいつかはツーリズム事業を展開したいと思うように。大手旅行会社にて旅行業を学んだ後、退職。エクアドルへの遊学ののち、2002年9月、念願の第1回エクアドルスローツアーを開催。ナマクラ関連企業カフェスローに設立当初より運営に関わりながら、以後、エクアドル、ミャンマー、西表島などへのスローツーリズムを企画する。2人の娘の母。共著『エクアドルをしるための60章』(明石書店)『9をまく』(大月書店)
関連情報

黒住 麻理(くろずみ まり)

岡山県出身。大学卒業後エコプロダクツメーカー(非木材のセルローススポンジ)の営業として勤務するも2年で転職。その後しばらく『エコ』的な活動に直接関わることはなかったが、2010年よりナマケモノ倶楽部の会員となる。2010年、Vandana ShivaとSatish Kmarにより実施されている『Gnadhi and Globalization』コースをVandanaのBija Vidyapeeth(種の学校)にて受講。2011年2月、ナマケモノ倶楽部主催GNHツアーに参加しタイのEngaged Budhismの活動や、ブータンのGNHについて学んだ。ほぼ同時期にISEP環境エネルギー政策研究所にて東日本大震災支援プロジェクト、「つながりぬくもりプロジェクト」の立ち上げ、運営に携わる。現在は、仲間と畑の実践やブータン(GNH)のイベント企画・運営など、(かなり)ゆる~くやっています。
関連情報

田尻 可枝(たじり かえ)

学生時代は辻信一ゼミ生としてさまざまな環境活動に関わり、戸塚の善了寺Cafe dela terraや、エシカルな古着の交換会xChangeなど、自らのライフスタイルから改革する機会に恵まれました。大学を一年休学し、オーストラリア・NZのコミュニティをwwooferとして旅をしたり、インドを南北横断、旅が今のわたしをつくっています。エコツアーに関心があるので、今は日本の田舎でエコツアーを仕事にできたらいいなと思っています!
関連情報

中島次郎(なかじま じろう)


1968年千葉県生まれ、東京都三鷹市育ち。20代の時にいろいろあってうつ病になり2,3年くらいのた打ち回って苦しんでいたが、何とか復活。
その後も、気持ちや観念が先走って身体を置いてきぼりにしがちだったが、『スロー・イズ・ビューティフル』に出逢い、自分に抜けていたものを発見したような思いがし、ナマケモノ倶楽部に興味を持つ。実際に活動に参加したのは2012年のブータンGNHツアーが最初で、まだまだ新米なまくる。現在の課題は、ナマケモノ倶楽部で得た思想で、現実の限られた空間の中でどうやって楽しみながら仕事をする(=「遊ぶ」)かということ。
関連情報

小久保裕史(こくぼ ひろし)


1978年生まれ、埼玉在住。看護師。
仕事に追われる日々に疑問をもっていた時期に辻さんの本と出会い人生が変わる。
2011年ナマケモノ倶楽部の会員となり、2012年のブータンGNHツアーに2度参加。
その後農的な生活をめざし仕事を辞め赤目自然農塾、安曇野パーマカルチャー塾に通い勉強。現在はナマケモノ倶楽部のイベントにかかわりつつ地元の職業訓練校で大工の修行中。
将来は地元の材料を使って地域の人と一緒に家を建てることが目標!
関連情報

高木(チャーリー)慎介(たかぎ しんすけ)


1974年・大阪生まれ、大学時代の専攻は、「マクロ経済学」。大学時代から自然環境や人にやさしい経済のあり方を追及していく中でナマケモノ倶楽部と出会う。
幼少期から鉄道が好きで鉄道・地域・人の魅力に注目し、ナマケモノな人々と出会うことが本当に楽しい!!
これからもいろんな地域や環境や人のネットワークをダイナミックに展開し、人間にとっての「本当の幸せ」を考えていきたいと思っています。
関連情報
Page Topへ