STOP ROKKASHO

2つのストップロッカショイベント、「六ヶ所はとめられる」とみんなが感じた熱い夜!
■STOP ROKKSHOナイト〜坂本龍一さんを囲んで

写真提供:ストップロッカショ・ジャパン

2006年6月4日、坂本龍一さんが六ヶ所村の再処理工場の危険性を世界に知らしめるために立ち上げたサイト「STOP ROKKASHO」を記念した集まりが、来日中の坂本さんご本人を囲んで開催されました。

短い告知期間にもかかわらず会場には200人を超える若者・子ども連れのお母さん・NGO関係者らがつめかけ、会場は「知りたい!」「行動したい」という熱気であふれます。

「正しいことを伝えるのも大事だけど、それを広めるためのデザインを大切にしたかった」と坂本さん。英国の有名なデザイナー、ジョナサン・バーンブルックさんがSTOP ROKKASHOのデザインを担当。かわいらしいロゴマークが誕生しました。

また、「クリエイティブコモンズ」というシステムを利用して、誰もが自由にインターネットから音楽や映像をダウンロードでき、六ヶ所に関する知識が広まりやすいよう工夫されています。

会場には、自然エネルギーの専門家、有機食品の産直を手がける会社社長、サーファー、発明家、平和運動家、ミュージシャン、環境ジャーナリストなど、ふだんならステージでマイクを持つような人たちも聴衆として参加。坂本さんからヒトコト求められると、それぞれの視点・立場から「わたしにできることをしてSTOP ROKKASHOに連なっていきたい」とのコメントが続きました。

沖縄出身のラッパーのカクマクシャカ(写真右)は、STOP ROKKASHOに連なる若者代表として、彼が尊敬するラッパー、Shing02とつくった「無知の知」をアカペラで披露。「六ヶ所は止められるとみんなが思えば、止まると思う」と挨拶すると、会場から大きな拍手が沸き起こりました。

再処理工場から1日に排出される放射能は、通常の原発から出る放射能の1年分。この事実をみなさんはどう受け止めますか?

写真提供:ストップロッカショ・ジャパン
■脱原発カフェ ストップロッカショ

写真提供:ストップロッカショ・ジャパン

6月9日、都内で開催されたストップロッカショイベント第2弾。250名近くの参加者が、多彩なゲストたちによる「STOP ROKKASHO」への思い・アイデアに耳を傾けました。

順番はくじびき!持ち時間は1人5分。聞いてるほうもしゃべるほうもドキドキです。前半は未来バンク代表の田中優さん(写真左)による再処理工場に関するレクチャーに続き、各ゲストのSTOP ROKKASHOへの思いと自分にできることのアイデアおすそわけ。

長年食やエネルギーの問題に取り組んでいる方からの発言もあれば、最近六ヶ所の問題を知り、「何かしなくては」と行動を起こした大学院生の発言や原発をネタにしたコントのパフォーマンス、「はだしのゲン」に触発されてつくったラップの披露など、若者からの発信も多くありました。

後半は、ミュージシャンたちによるSTOP ROKKASHO賛同パフォーマンス。ギタリストのSUGIZOさん(写真右)はTETRAさんとのユニットで、「ROKKASHO」のテーマソングのアレンジを披露。そのほかもりばやしみほさん、Otoさんらが、豪華なサポートメンバーとともに「音楽で世界を変える」瞬間を会場で魅せてくれました。

辻信一さん(ナマケモノ倶楽部世話人)と小野寺愛さん(ピースボート)によるナビゲーションはゲストと会場との距離を縮め、みんながポジティブな気持ちで家路に着くことができました。

主催のストップロッカショ・ジャパンは「STOP ROKKASHO」に連なりたいと思うみなさん(私たち)でつくっていくものです。連絡、アイデアお待ちしてます!office@sloth.gr.jp


写真提供:ストップロッカショ・ジャパン

司会をの小野寺愛さん、辻信一さん

20代が多く見受けられた熱気あふれる会場
「STOP ROKKASHO」サイト開設を祝って開催された伝説のイベントとは:
6月4日(日)
  「STOP ROKKASHOナイト〜坂本龍一さんを囲んで」


  時間:18:00〜19:30
  会場:明治学院大学横浜キャンパス(JR戸塚よりバス10分)

  定員:抽選100名
  申込:Eメールoffice@sloth.gr.jp またはFAX03-3638-0534まで、 お名前・ご連絡先・人数・原発や六ヶ所再処理工場に関して思うことを書いて送ってください。

  申込締切:5月30日(火)
  お問合せ:ナマケモノ倶楽部事務局。
        tel/fax 03-3638-0534  info@sloth.gr.jp


6月9日(金)
  「脱原発カフェ ストップロッカショ」


  時間:18:30開場、19:00〜21:00
  会場:明治学院大学白金キャンパス・アートホール(JR品川駅よりバス10分)
  ゲスト:田中優(未来バンク代表)、古長谷稔(『放射能で首都圏消滅』著者)、
     もりばやしみほ(hi-posi)、Oto(サヨコオトナラ)、中村隆市(スロービジネス
     スクール校長)、藤田和芳(大地を守る会会長)、藤村靖之(非電化工房主宰)、
     SUGIZO+TETRA、桑原茂一(コメディクラブキング)、大林ミカ(環境エネル
      ギー政策研究所)、星川淳(グリーンピース・ジャパン事務局長/作家、翻訳家) ほか

  司会: 辻信一(ナマケモノ倶楽部世話人)、 小野寺愛(ピースボート)
逃げろ!どこへ?
更新日:2006/06/18
運営:ナマケモノ倶楽部
問合せ:info@sloth.gr.jp