「スロー大賞2014」、エクアドル、フニン村村長のハビエル・ラミレス氏に!

スローとは、人と人との、そして人と自然との、フェアでエコロジカルで平和的でスピリチャルなつながり方をあらわすことば。
ファストで貪欲で破壊的で暴力的なエネルギーに満ちた現在の世界に替わる、もうひとつの世界への入り口を指し示してくる、スローな人たち(団体)が世界中にいます。

2004年9月、ナマケモノ倶楽部は、国内・海外でスローな世界のために尽力している人(団体)を勝手に表彰する賞を創りました。それが「スロー大賞」です。

記念すべき第1回は、故・松下竜一氏と、フニン村地域発展協議会に贈られました。詳細はこちら

第2回目となる「スロー大賞2014」は、インタグの鉱山開発に反対するだけでなく、自然環境を守り、持続可能な暮らしづくりを続けてきたフニン村の村長、ハビエル・ラミレスさんに授与されることになりました。

ハビエルさんには賞金10万円が贈られます。この賞金には、ナマケモノ倶楽部の一員として皆さんも出資できます。ハビエルさんにお祝いを贈りたいという方、以下の振込み先に、8月末日までにお振り込みください。

振込先:郵便局 00170-6-141662 ナマケモノ倶楽部
(通信欄に「スロー大賞カンパ」、住所、氏名を明記の上お振込みください)

slowaward2014 v.2.0

Page Topへ