Story

    南アメリカの先住民に伝わるハチドリの物語

    あるとき森が燃えていました

    森の生きものたちは
    われ先にと逃げていきました

    でもクリキンディという名のハチドリだけは
    いったりきたり
    口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは
    火の上に落としていきます

    動物たちがそれを見て
    「そんなことをしていったい何になるんだ」
    といって笑います

    クリキンディはこう答えました
    「私は私にできることをしているの」

    出典:『私にできること〜地球の冷やし方』(ゆっくり堂)、
         『ハチドリのひとしずく』(辻信一監修、光文社)