7/14(金)ローカリゼーション・カフェ~山崎亮さんに学ぶ コミュニティデザイン

2017年07月08日

11月11日、12日に日本で初めて開催される「しあわせの経済」世界フォーラムに向けて、ローカルの思想を学んでいく連続カフェ。今回はコミュニティデザインの第一人者、山崎亮さんをお迎えし、日本のローカリゼーション運動のつくりかた、日本各地のコミュニティに息づく地域の底力についてお話を伺っていきます。

聞き手はナマケモノ教授の辻信一さん。善了寺内にプレオープンしたばかりのカフェでは、イベント限定のフードやこだわりのドリンク、アルコールをご用意してお待ちしています!

日 時:2017年7月14日(金)19:00~20:30、開場:18:30
会 場:善了寺(JR戸塚駅東口より徒歩8分)

ゲスト:山崎亮 
聞き手:辻信一

参加費:1000円、学生無料

お申込:お名前、連絡先、人数を添えてinfo@sloth.gr.jpまでお申し込みください。
共催:ナマケモノ倶楽部、カフェデラテラ

ゲストプロフィール

■山崎亮

studio-L代表。東北芸術工科大学教授(コミュニティデザイン学科長)。慶應義塾大学特別招聘教授。1973年愛知県生まれ。大阪府立大学大学院および東京大学大学院修了、博士(工学)。建築・ランドスケープ設計事務所を経て、2005年にstudio-Lを設立。地域の課題を地域に住む人たちが解決するためのコミュニティーデザインに携わる。まちづくりのワークショップ、住民参加型の総合計画づくり、市民参加型のパークマネジメントなどに関するプロジェクトが多い。
著書に『ふるさとを元気にする仕事』(ちくまプリマー新書)、『コミュニティデザインの源流 イギリス篇』(太田出版)、『縮充する日本 「参加」が創り出す人口減少社会の希望』(PHP新書)、『地域ごはん日記』(パイ インターナショナル)などがある。


.

■辻信一

文化人類学者、明治学院大学国際学部教授。1999年にNGO「ナマケモノ倶楽部」を設立、以来、「スローライフ」「100万人のキャンドルナイト」「GNH(国民総幸福)」などの環境=文化運動を提唱。2014年、「ゆっくり小学校」を開校。
著書に『スロー・イズ・ビューティフル 遅さとしての文化』(平凡社ライブラリー)、『弱虫でいいんだよ』(ちくまプリマー新書)など多数、映像作品にDVDシリーズ「アジアの叡智」(現在6巻)がある。11月11~12日には「『しあわせの経済』世界フォーラム 2017~ローカル・イズ・ビューティフル」を東京で主催する予定。

Page Topへ