7/18-20:ヒマラヤン・ウィーク vol.2~ブータン、インドの食と暮らし、仏教観

2018年06月30日

好評のヒマラヤン・ウィーク、再び!
18日、19日、20日と3日連続でブータン、インドの食と暮らし、仏教観をテーマに
グローバルからローカルへという世界的な潮流を学びます。

◆7月18日(水)19:00~21:00
映画「ザ・カップ 夢のアンテナ」上映+ゲストトーク

1999年製作。日本語字幕つき。93分。ブータンで知らない人はいない、若き高僧ケンツェ・リンポチェが監督し、実際の修行僧たちが出演したことが話題を呼び、世界中の映画祭に招待された作品。1998年ワールドカップ時の実話に基づき、美しい大自然を背景に、執着、しあわせについて視聴者に問いかけています。ケンツェ・リンポチェは、ブータン東部出身の活仏で、イギリス留学中に『リトル・ブッダ』を撮影中の ベルナルド・ベルトルッチ監督に仏教の教義を助言し、また映画にも出演したことで知られています。その交流で映画というアートの潜在性について確信したリンポチェは、以降、本作品を含め、仏教に関連する美しい映像短編をいくつも手がけています。
上映後は、インドから来日中で、ケンツェ・リンポチェとともに環境・社会・精神性を統合した学びの場、Deer Parkを運営しているプラシャント・ヴァルマさんの解説と、ローカリゼーション×スピリチュアリティについてお話いただきます。

日時:2018年7月18日(水)19時~21時(開場18時)
会場:カフェゆっくり堂(JR戸塚駅東口より徒歩7分)
参加費:1000円+1オーダー
ゲスト:プラシャント・ヴァルマさん(Deer Park事務局長、INEB理事)
聞き手:辻信一(カフェゆっくり堂店主、文化人類学者)


◆7月19日(木)19:00~20:30
「ブータンに学ぶ、近代化と伝統との衝突」

“幸福の国ブータン”のゆくえは?7月に東京で劇場公開されるブータン人作家によるドキュメンタリー映画「ゲンボとタシの夢見るブータン」の公開と、監督であるアルム・バッタライ氏およびドロッチャ・ズルボー氏の来日を記念して、カフェゆっくり堂にてトークライブを行います。
聞き手には、「豊かさ」の問い直しを学ぼうと、毎年ブータンへのツアーを企画運営しているカフェゆっくり堂店主の辻信一さんを迎えて、急速な近代化に直面する、“世界一幸福な国ブータン”の今を、過去と未来を交えて語り合います。

詳細はこちら。


◆7月20日(金)19:00~20:30

アナンと辻のSpicy Night!~めくるめくスパイスの話

 

毎月、ひとつスパイスをとりあげ、その雑で奥深い世界について、カフェゆっくり堂店主、ナマケモノ教授こと辻信一さんと極楽寺でスパイス商を営むアナンさんが語り、食し、学ぶ企画です。今月は、フェンネル! カフェのコラボメニューもお楽しみください。
詳細こちら

Page Topへ