1/14(土):ドキュメンタリー「いただきます」上映+みそ汁+ゲストトーク

2016年12月12日

download_logo

日本の伝統的な食養生・医食同源をメインテーマにしたドキュメンタリー「いただきます」がカフェスローで上映!当日は、カフェスローのスタッフが調理した、1300年続く農家「みやもと山」で自家栽培された、無農薬玄米と大豆を使った手作り味噌を使った旬の野菜たっぷりのみそ汁が全員にふるまわれます。上映後の汐見稔幸さんと「いただきます」監督VIN OOTAさんによるスペシャルトークも。

新春を「食」へのまなざしから始めてみませんか。お誘いあわせのうえ、ご来場ください。

■日 時:2017年1月14日(土)夜 開場:17:30 開演:18:30 終演:20:40

■料 金:予約・当日2500円 (みやもと山の玄米みそ汁つき)

■定 員:60名

■プログラム:
18:30 「いただきます」上映(64分)
休憩
20:00 ~ 汐見稔幸さん、監督VINさんトークショー

■出 演:
OOTA VIN(ドキュメンタリー「いただきます」監督)
汐見稔幸(白梅学園大学学長)

■予約申込み
・申込みフォーム http://www.cafeslow.com/apply.html ※前日19:00まで
・電話 042-401-8505(月曜定休)

■主催:「いただきます」東京上映いいんかい


■トークショー出演者プロフィール

汐見稔幸
HP:http://ikuji-hoiku.net/shiomi/
東京大学名誉教授・白梅学園大学学長専門は教育学、教育人間学、育児学。教育学を出産、育児を含んだ人間形成の学として位置づけたいと思っていて、その体系化を与えられた課題と考えている。三人の子どもの育児にかかわってきて、その体験から父親の育児参加を呼びかけてる。

VIN OOTA 
HP:http://vinoota.jp/#home
本作では、企画、監督、撮影、編集、スチール撮影、広告デザインを手がけた。20年来の食養の実践者。世界中のネイティブ文化の映像記録がライフワーク。「日本のばあちゃん、じいちゃんを映像遺産に」提唱中。

「いただきます」公式ホームページ 
http://itadakimasu-miso.jp


監督VIN OOTAから皆さんへ

高取保育園のこどもたちが、先生のお話を一心にきいています。
背筋がぴんと張った正座姿の幼児たち。
”たたずまい、という うつくしい大和言葉が うかびました。
こどもたちの給食は、味噌、玄米、納豆などの伝統和食です。
食べものが、からだをつくる。
食べ方が、魂をつくる。
「いただきます」の尊い精神が、こどもたちの立ち居振る舞いに
刻印されていました。
みそをつくり、みそでこどもたちのからだを守る。
みそ汁は、日本のおかあさんたちが
子を想い、何代も何代も、
引き継いできた”お守り”なのかもしれません。
この学びの場に満ちる
美しい空気、健やかな光を、
そのままお伝えできたら、と願います。

Page Topへ