2/25:コットントーク@用賀 ~畑から衣へ。アバンティの取り組みに学ぶ

2015年02月21日

image109010950_5403c2e18240f

コットントーク@用賀
~畑から衣へ。アバンティの取り組みに学ぶ

私たちの衣服に身近な素材、綿=コットン。
けれども、日本でのコットン自給率は、ほぼ0パーセント。
さらに、海外から輸入されてくるコットンのほとんどは、
大量生産・効率性を優先させた農薬をつかった遺伝子組み換えコットンです。

食だけでなく、衣においても、農薬や添加物をつかわないモノづくりを応援し
日本在来のコットンのたねを守りたい。できれば自分でも紡ぎ、織ったものを身にまといたい。

ナマケモノ倶楽部とトウキョウコットンビレッジのコラボ企画第二弾は、コットントーク!
今回は、日本におけるオーガニックコットンの普及をリードしてきた株式会社アバンティが
とりくむ「国内綿花栽培プロジェクト」の事例に学びます。
http://avanti-social.jimdo.com/国内綿花栽培プロジェクト/

お話は、アバンティソーシャル事業部メンバーとして、長野県小諸市でコットンの栽培を
担当する中井彩子さん。アバンティでは畑から衣まですべてを「メイド・イン・ジャパン」に
こだわったモノづくりを展開しています。

会場は糸紡ぎカフェ&バーとして、国産綿に触れる機会を増やそうととりくむ
トウキョウコットンビレッジ。http://www.tokyocottonvillage.com/

今年は綿を育ててみたいな。収穫したあと、どのようなものを創ろうかな。
会社でも個人でも、和綿を育て、紡ぎ、織り、まとう人が増えたらいいな。

定員15名のカジュアルな勉強会です。
日が迫っていますが、ぜひお気軽にご参加ください。


■日時:2015年2月25日(水)18時半開場、19時~21時

■トーク: 中井彩子さん(株式会社アバンティ ソーシャル事業部)

■会場:トウキョウコットンビレッジ(用賀駅より徒歩5分)
http://www.tokyocottonvillage.com/cafe/#ACCESS

■参加費:1200円+1オーダー

■定員:15名(先着順)

■お申込:お名前、人数、参加動機を添えて、info★sloth.gr.jp(★を@に変えてください)までお申し込みください。

■主催:ナマケモノ倶楽部
■協力:tokyocottonvillage

Page Topへ