3/9(金)平和のキャンドルナイト ポスト3・11を生きる 縁とローカル

2018年02月21日

今年も、3月11日が巡ってきます。
7年前の東日本大震災に想いをよせる平和法要とトーク、ピアノ生演奏で時を一緒に過ごしませんか?

犠牲にあわれたいのちたち、今なお、ふるさとに帰りたくても帰れない方々に心を寄せながら、ともに祈り、どう生きるか、どう生かされていくか、その中での豊かさ、幸せ、ローカルについて考えてみませんか?

ゲストには、インターネット寺院「彼岸寺」でも活躍する神谷町光明寺僧侶の松本紹圭さん。聞き手には辻信一さんと善了寺住職の成田智信さん。音楽はマインドフルなピアノ演奏家、ウォン・ウィンツァンさんをお迎えしてのキャンドルナイト。ぜひお越しください。

カフェでは、イベント限定のフード、お飲み物をご用意してお待ちしています。

日時:2018年3月9日(金)18時半開場、19時~21時

参加費:恩送り(このような場が次回も続いていくよう、みなさまのお志をお願いしています)

会場:善了寺本堂(JR戸塚駅より徒歩8分)

ゲスト:松本紹圭さん(未来の住職塾 塾長 光明寺僧侶)
    ウォン・ウィンツァンさん(ピアニスト)

聞き手:辻信一(文化人類学者、カフェゆっくり堂店主)
    成田智信(善了寺住職)

お申込み: info@cafedelaterra.orgまで、お名前、人数、ひとことを添えてお申込みください。

主催:NPOカフェ・デラ・テラ、ナマケモノ倶楽部

協力:カフェゆっくり堂

ゲストプロフィール

松本紹圭(まつもとしょうけい)さん

1979年北海道生まれ。本名、圭介。東京大学文学部哲学科を卒業後、浄土真宗本願寺派の僧侶となる。2010年にインドに留学し、Indian School of BusinessでMBAを取得。帰国後、お寺の経営を指南する「未来の住職塾」を立ち上げる。2013年には世界経済フォーラム(ダボス会議)のYoung Global Leaderに選出された。近著に「お寺の教科書−未来の住職塾が開く、これからのお寺の100年−」がある。
あわせてお読みください。eduviewより
「住職の学校」に見るニッチ教育の可能性〜松本紹圭氏に聞く
http://eduview.jp/?p=950

ウォン・ウィンツァンさん

超越意識で透明な音色を奏で、静寂な空間を創りだす “瞑想のピアニスト”。
NHK「にっぽん紀行」「目撃!にっぽん」 Eテレ「こころの時代」テーマ音楽でも知られるピアニスト、作曲家。1949年神戸生まれ、東京育ち。19歳からジャズ、フュージョンなどを演奏。70年代には “ブラウン・ライス” のキーボーディストとして全米ツアー。1987年、瞑想の体験を通して自己の音楽の在り方を確信し、90年より即興演奏を中心にした独自のスタイルでピアノソロ活動を開始、“瞑想のピアニスト”と呼ばれる。サトワミュージック主宰。最新盤「光を世界へ ~Yes All Yes~」は初めて作詞も手がけた平和へのメッセージソング。Podcast番組「ムーントーク・カフェ」金曜夜7時、好評配信中。

Page Topへ