12/15(土)「ホーキする生き方~100人の母たちと創るポスト3・11」

2012年11月15日

★★ゲストアーティスト決定!★★
自らもお母さんであり、ヨガの先生もされている、透明感あふれるシンガー、Comugiさんのスペシャルライブが決定しました!
さらにジャズピアニスト遠藤律子さんも特別ゲストでピアノを披露くださいます。「100人の母たち」との素敵なコラボ、ぜひご期待下さい!

★★15-16「Nuclear Free Now」@日比谷 のの子さん参加決定!★★
「Nuclear Free Now」@日比谷公園に、のの子さんご本人も参加!
親子撮影会+トークショーなどを行います!


11月1日、九州で1冊の本が産声をあげました。タイトルは『100人の母たち』(南方新社)。自らも二児の母である写真家・亀山ののこさんによる作品集です。

 

撮影:亀山ののこ

3・11後に呼びかけ撮りためた100組の母と子の写真と、「子どもたちのために原発のない未来を」と願う母たちのメッセージ。こぶしを掲げる反対運動ではなく、「子どもたちが生きる未来」のために、とクリエイティブに行動する母性性は、ポスト3・11時代を創る大切なキーワードと言えるでしょう。

2012年、冬至のキャンドルナイトイベントに、ナマケモノ倶楽部は「ホーキする生き方」を提案します。
大量生産・大量消費・大量廃棄のシステムを、いのちよりも経済優先の社会をホーキする。
土へ、子どもへ、いのちへと降りていこう!

辻さんと、九州からは亀山さんと中村隆市さんを迎え、キャンドルを灯しながら、ポスト3・11時代を導く3人のリーダーたちとともに過ごす夜。
みなさんと素敵な場をつくりたいと思います。

「この1冊が、社会を変えようと人々が動き出すきっかけになれば」(亀山ののこ)

「九州からのこの風を受けて、母性を中心とする新しい運動を広めていきましょう」(辻信一)

「怒りも大事だと思います。でも、イカリは重いから、たまにはイカリをしずめないと、ずっとコーカイします」(中村隆市)


◆2012冬至・100万人のキャンドルナイト「ホーキする生き方~100人の母たちと創るポスト3・11」◆

撮影:亀山ののこ


日時: 2012年12月15日(土)18時開場、19時~21時
会場: カフェスロー(JR 国分寺駅南口から徒歩5分)
参加費: 予約2,000円・当日2,300円 (500ナマケ使用可・1ドリンク付)
定員: 80名
ゲスト:亀山ののこ(写真家)、辻信一(文化人類学者)、中村隆市(ウィンドファーム代表)、Comugi、遠藤律子(ライブ)
申込み: カフェスローウェブフォームより
主催: ナマケモノ倶楽部
協力: カフェスロー


<ゲストプロフィール>
亀山 ののこ 
東京生まれ。18歳から写真を撮り始め、2000年よりフリーフォトグラファーとして活動を開始。ポートレイトを軸に、雑誌、広告、写真集などで活動。2010年夏、福岡県へ移住。最近では脱原発のメッセージを込めたポスター制作にも励む。母子の写真では展示やスライド上映を重ねている。 

辻 信一 
文化人類学者、ナマケモノ倶楽部世話人。明治学院大学教授。 「100万人のキャンドルナイト」呼びかけ人代表。数々のNGOやNPOに参加しながら、「スロ-」や「GNH」というコンセプトを軸に環境=文化運動を進める一方、社会的起業であるスロービジネスにも積極的にとりくむ。著書多数。最新刊は『ナマケモノ教授のぶらぶら人類学」』(素敬パブリッシング)。

中村 隆市
ウインドファーム代表。20代から有機農業、環境運動に取り組み、87年フェアトレード事業を開始。有機農業とフェアトレードの普及でブラジル・マッシャード市から名誉市民章受章。90年からチェルノブイリ医療支援に関わる。ナマケモノ倶楽部世話人。スロービジネススクール校長。『考える絵本 しあわせ』のモデル。「東北あしたの森」代表。 


<ゲストアーティスト>
Comugi
ウクレレ弾き語りでオリジナル楽曲を唄う。弾き語りスタイルの他、佐藤”kuma-chang”慶吾(パーカッション)と共に演奏。 またヨガインストラクター、環境イベントや音楽フェスなどのMCもつとめる。2011年夏、湘南 茅ヶ崎→山梨 身延町へ移住:ライフスタイルを大切に、心に響く音を奏でていく。
★MY SPACE:http://www.myspace.com/comugi

遠藤律子
東京都出身。筑波大附属中学高校を経てICU中退。世界各国を渡り、様々な場所で、会場一体となって熱く楽しく盛り上がるライブを開催中。美しい作曲と喜怒哀楽豊かな演奏で、あたたかい音楽の一時を作るピアニスト。また、ジャズポピュラーピアノ、理論クラスを持ち、大人の社会人ミュージシャンの気楽セッションを主宰、楽しい音楽生活を演出して、音楽で人と人を繋ぐプロデューサーでもある。

Page Topへ