12/12(木)死に向き合い、死を想う「スロー・デス・カフェ」~上野宗則さんを迎えて

2019年11月29日

わたしたち人間は必ず“死に逝く存在である”…。でも、考えてみると、私たちの日常の中から、あまりにも死が切り離され、遠ざけられてしまっていませんか?

スロー・デス・カフェとは、ゆっくり小学校ようむいんの上野宗則さんが、辻信一さんと交流するなかで「ゆっくりと死を想う時間をとりもどそう」とたちあげられたムーブメントです。

全国で不定期に開催されてきた「スロー・デス・カフェ」が戸塚・カフェゆっくり堂にて一晩限りの開店の機会をいただけました!

今回のテーマは「内なる死者と語らう」。

死は辛くて、寂しくて、悲しいものですが、死に向き合い、死を想い、生きる意味を探ってみませんか。

カフェゆっくり堂では、ゆっくり小学校出身スタッフ木元亜紀さんによるイベント特製プレートを限定でお出しします(要予約)。みなさまのお越しをお待ちしております。

会場:カフェゆっくり堂
(JR戸塚駅東口より徒歩7分)

参加費:1000円+ワンオーダー

申込み:お名前、人数、連絡先、ひとことを添えて、info@sloth.gr.jp までお申込みください。

主催:ナマケモノ倶楽部
協力:善了寺、NPOカフェ・デラ・テラ、ゆっくり小学校、カフェゆっくり堂


上野宗則さんプロフィール 

ゆっくり小学校ようむ員。スロー・デス・カフェ店主。
父親の死によって遺族となった経験から、死化粧用品などご遺体ケアの商品づくりを始める。その後、看取りに立ち会う医療者のための講習会や、日本における“デス・カフェ”の先駆け「スロー・デス・カフェ」WSなどを企画。文化人類学者の辻信一さんと「スロー・スモール・シンプル」の思想を伝える書籍や映像作品の制作を共にしながら、それらを世に問う場「ゆっくり小学校」を立ち上げた。

サティシュ・クマールさんの教育運動に倣い、下関の山間部にゆっくり小学校校舎を設立。ここを拠点として、農的な暮らしを広める活動を軸に、ローカル運動に励んでいる。著書に『エンゼルケアのエビデンス!?』(SOKEIパブリッシング)がある。趣味はぶらぶら。民藝や現代アートが好き。

Page Topへ