12/13 熊本ファンさん×波多野毅さんと美味しく、愉しもう

2011年12月05日

12月9日韓国の人気作家で環境平和活動家のファン・デグォンさんが日本にやってきます。9日から17日まで、「生命平和ツアー」を開催します。沖縄、福岡、熊本、神奈川の4か所でイベント、交流会。

熊本では、ファンさんの話はもちろん、TAO代表の波多野毅さんとの対談もお見逃しなく!TAO食育菜園のオーガニック食材を使ったマクロビオティック料理や鍋を囲んで愉しい交流をしましょう。

 
 

 

交流会 12/9-17 ファン・デグォンさん with 辻信一 生命平和ツアー野草の声を聴く
生命平和交流会
日時 2011年12月13日(月)19:00~21:30
会場 TAO塾 (熊本県阿蘇郡小国町宮原908-4 産交バスビル1F、0967(46)3913)
参加費 2,000円 (食事代込)
ゲスト ファン・デグォン、波多野毅
プロフィール *ファン・デグォン(黄 大権)
1955年、ソウル生まれ。著述家。生態共同体研究家。ソウル大学農学部卒業後、政治学を学ぶためにアメリカへ。留学中の1985年、身に覚えのないスパイ容疑で国家安全企画部に逮捕され、無期懲役の宣告を受ける。特赦によって釈放されるまでの13年2カ月を独房で過ごす。釈放後、農業をはじめる。1999年、アムネスティ・インターナショナルの招きで2年間、 ヨーロッパに滞在、農業生態学を学ぶ。現在、若者たちと協働で韓国南部にエコビレッジ運営に関わるほか、緑色大学に生命農学教授として在籍。韓国の米軍基地問題や原発反対運動でも発言。著書多数。独房から野草を観察しながらを綴った『野草手紙』(NHK出版、絶版)は韓国で80万部記録。

*波多野毅
TAO塾代表・食育エコロジスト。1962年、熊本県阿蘇郡小国町生まれ。鍼灸指圧の資格を取得後、アメリカ留学。93年~94年アメリカのマクロビオティック教育機関として知られる「Kushi Institute」にて勤務。帰国後、故郷阿蘇で農的生活をしながら日本CI協会講師、マクロビオティック九州大学副代表等を歴任。帰国後、故郷小国町に「TAO塾」を創設。現在、NPO法人パーマカルチャーネットワーク九州理事、熊本県地球温暖化防止活動推進センター理事。著書に「医食農同源の論理~ひとつつらなりのいのち」(南方新社)「自遊人の羅針盤」(タオコミュニケーションズ)等がある。モットーは「阿蘇びをせんとや生まれけむ!」。

お問合せ
お申込み
メールにてお申し込み下さい。wildoats@bronze.ocn.ne.jp
※宿泊を希望の方はその旨ご相談下さい。
共催 TAO塾、ナマケモノ倶楽部
助成 国際交流基金
Page Topへ