ボブ・マーリーのスピリットを引き継いだフェアトレードコーヒー、日本で焙煎開始!

2012年07月12日

その他

ボブ・マーリーの息子、ローハン・マーリーと。

小澤 陽祐(有限会社スロー代表)

スロー社は来る7月14日で12周年を迎えます!これもひとえに応援してくださる皆さまのおかげです。
思い起こせば2000年、アンニャ・ライトをはじめ、辻さん、中村さん、ナマケモノ俱楽部の初期メンバーのみんなで焙煎工場お披露目パーティをしたのが懐かしいです。
あれから干支がひとまわりし、「2012年は辰年(年男です)、たつとき、脱するとき」というコトで、感慨深いものがあります。

そこで今年は、ふだんはやりませんが設立記念日に【12周年パーティ】を企画しています。
場所はウワサのホットスポット、松戸に新しくできたクラブスペースを貸しきっておこないます。
ナマケモノ倶楽部からも友人たちが駆けつけてくれる予定です。よろしければこの機会に、松戸のローカルムーブメントを目の当たりしに、いらしてください!
地図など詳細はコチラ

そして、もうひとつお知らせがあります!
昨年から水面下で動いていたプロジェクトが、とうとう始動しました。
なにをかくそう、レゲエミュージックの神様、ボブ・マーリーの息子(のひとり)のコーヒーを一部スロー社で焙煎・発売する事になりました!!

ボブ・マーリーは歌の中で「原子力というあやまちのエネルギーの中で生き残る」とうたったり、「ワン・ラブ ― さあ心を合わせて、幸せになろう」とうたったり、ナマクラ的なステキなメッセージをたくさん、レゲエのリズムにのせてうたったミュージシャンです。

ボブ・マーリーがいつも語っていた夢、それはいつの日か畑に戻ること。
その夢を叶えようと、息子のローハン・マーリーが設立したのが「マーリーコーヒー」です。
そして「マーリーコーヒー」を日本で広げる仲間が、「マーリーコーヒージャパン(以下MCJ)」です。

先日、日本に来日したローハン・マーリーにMCJの仲間と一緒にインタビューしに行ってきました!
彼は社会貢献に熱心で、「農薬なんて体に悪いんだから使わない方がイイ!Organic,why not?」と力強く語ってくれました。真面目ではない、ニューヒーローだと感じました。【12周年パーティ】でもくわしくご紹介&販売します。

7月9日にWebショップで限定販売開始です!
スローコーヒーで検索してみてください。

Page Topへ