イベント

2019年07月26日

8/28(水)「それでも僕は帰る ~シリア 若者たちが求め続けたふるさと~」上映会

 

スローシネマカフェinカフェゆっくり堂、8月の上映テーマは「戦争と平和」。


サッカーボールを銃に持ち替えた青年、非暴力を貫きカメラで記録し続ける青年、戦争のなかに生きるシリアの若者たちを追ったドキュメンタリー。


▼作品概要

2011年に始まった「アラブの春」と呼ばれる民主化運動の波。その影響を受け、シリアでも2人の青年が立ち上がった。サッカーのユース代表チームでゴールキーパーとして活躍していた当時19歳の青年バセットは、そのカリスマ性から若者を惹きつけ、平和を訴えるシンガーとして民主化運動のリーダーになっていく。彼の友人で、有名な市民カメラマンである24歳のオサマは、デモの様子を撮影し、インターネットで公開することで、民主化運動を広げようとする。


バセットは歌で、オサマは映像で、それぞれ非暴力の抵抗運動を先導していたものの、2012年2月、政府軍の容赦ない攻撃によってホムスで170人もの市民が殺害されたのを機に、バセットと仲間たちは武器を持って戦い始める。


彼らはなぜ戦い続けるのか、生きることとは、戦争とは、ふるさととは……。シリアの民主化運動の中で生きている人々の“リアル”が映し出されている作品。


******************************
日時:2019年8月28日(水)、開場18:00、上映19:00~20:30(90分)
会場:カフェゆっくり堂 http://www.yukkurido.com(JR戸塚駅東口より徒歩7分)
参加費:1,000円 (学生500円) +ワンオーダー
お申込み:イベントタイトル、お名前、人数、連絡先、ひとことを添えて、ナマケモノ事務局 info@sloth.gr.jpまでお申し込みください。
共催:ナマケモノ倶楽部、カフェ・デラ・テラ
協力:カフェゆっくり堂

2019年07月19日

8/21(水)「アレッポ 最後の男たち」上映会

 

スローシネマカフェinカフェゆっくり堂、8月の上映テーマは「戦争と平和」。


瓦礫と化す街で一人でも多くの命を救うため、決死の救助活動を行うホワイト・ヘルメットに迫る衝撃のドキュメンタリー。


▼作品概要

5年以上も内戦が続くシリアの都市アレッポは崩壊の危機に瀕している。取り残された市民35万人は築かれつつある包囲網に逃げ場を失い、間近に迫る死に恐怖を懐きながらも何とか命をつないでいる。前触れなく轟音と共に飛来するジェット戦闘機は、わずかな希望すら打ち砕くごとく昼夜問わず爆撃を続け、市民もろとも市街地を瓦礫へと変えていく。ここでは生よりも先に死が存在する。爆撃に次ぐ爆撃で、次から次へと命が失われていく極限の世界で、悲劇が延々と続いていく。


現場には自らの命を顧みず、生き埋めとなった生存者を救おうと駆けつける男たち「ホワイト・ヘルメット」の姿がある。家族と逃げ、異国で難民として生き延びるべきか、それとも仲間や家族のいる故郷に留まり、変わり果てたが心安らぐ場所で死を迎えるべきか。「ホワイト・ヘルメット」の創設メンバーの一人、ハレドは葛藤を抱えながらも救助活動を続けていく。絶望の淵で彼らが見せる勇敢さ、そして眼の前で進行する信じがたい不条理な紛争の現実に、私たちは何を見出すことができるのだろうか。


上映後、皆さんと一緒に映画の感想などをシェアできれば幸いです。
ご来場、お待ちしております。


******************************
日時:2019年8月21日(水)、開場18:00、上映19:00~20:44(104分)
会場:カフェゆっくり堂 http://www.yukkurido.com(JR戸塚駅東口より徒歩7分)
参加費:1,000円 (学生500円) +ワンオーダー
お申込み:イベントタイトル、お名前、人数、連絡先、ひとことを添えて、ナマケモノ事務局 info@sloth.gr.jpまでお申し込みください。
共催:ナマケモノ倶楽部、カフェ・デラ・テラ
協力:カフェゆっくり堂

2019年07月12日

8/7(水)「コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~」上映会

 

スローシネマカフェinカフェゆっくり堂、8月の上映テーマは「戦争と平和」。


1948 年に軍隊を廃止。軍事予算を社会福祉に充て、国民の幸福度を最大化する道を選んだコスタリカの奇跡に迫ったドキュメンタリー。


▼作品概要

世界には軍隊なしで国の平和を保ってきた国々がある。そんな数少ない国の一つで、1948年に常備軍を解体した国がコスタリカだ。コスタリカは軍事予算をゼロにしたことで、無料の教育、無料の医療を実現し、環境のために国家予算を振り分けてきた。その結果、地球の健全性や人々の幸福度、そして健康を図る指標「地球幸福度指数(HPI)」2016の世界ランキングにおいて140ヶ国中で世界一に輝いているのがコスタリカである。またラテンアメリカで最も安全とされている国でもある。


『コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~』は、1948年から1949年にかけて行われた軍隊廃止の流れを追いながら、コスタリカが教育、医療、環境にどのように投資して行ったのかを詳しく説明する。アメリカでは公的債務、医療、そして軍事費が日増しに増大していっていることとは対照的だ。この映画は軍隊廃止を宣言したホセ・フィゲーレス・フェレールや、ノーベル平和賞を受賞したオスカル・アリアス・サンチェスなどの元大統領や、ジャーナリストや学者などが登場する。世界がモデルにすべき中米コスタリカの壮大で意欲的な国家建設プロジェクトが今明らかになる。


上映後、皆さんと一緒に映画の感想などをシェアできれば幸いです。
ご来場、お待ちしております。


******************************
日時:2019年8月7日(水)、開場18:00、上映19:00~20:30(90分)
会場:カフェゆっくり堂 http://www.yukkurido.com(JR戸塚駅東口より徒歩7分)
参加費:1,000円 (学生500円) +ワンオーダー
お申込み:イベントタイトル、お名前、人数、連絡先、ひとことを添えて、ナマケモノ事務局 info@sloth.gr.jpまでお申し込みください。
共催:ナマケモノ倶楽部、カフェ・デラ・テラ
協力:カフェゆっくり堂

2019年07月05日

7/31(水)「タシデレ!祈りはブータンの空に」上映会

 

スローシネマカフェinカフェゆっくり堂、7月の上映テーマは「エコロジー」。


7月最後の上映作品も同じくナマケモノ教授こと辻信一さんが、2009年よりプロデュースしている映像シリーズ「アジアの叡智」からセレクト。7/31(水)はその第6作目、幸せの国と言われるブータンがテーマの作品です。


今月で生誕20周年を迎えた環境文化NGOナマケモノ倶楽部も毎年ツアーで訪れているブータン。近代化の波が押し寄せつつも、GNPに代わるGNH(国民総幸福)という新たな指標を生み出し、豊かな自然環境や人々の信仰心、伝統文化を守ろうとしています。


「幸せ」とは?
「豊かさ」とは?
「本当の平和」とは?


辻信一さんと盟友のペマ・ギャルポさんは、これらの問いの筋道を辿りながら、首都のあるティンプーから辺境のチモン村へと旅をしていきます。

はたして、その村で感じたこととは?


上映後、皆さんと一緒に映画の感想などをシェアできれば幸いです。
ご来場、お待ちしております。


▼「スローシネマムーブメント」公式サイト
http://slowcinema.net/welcome/


******************************
日時:2019年7月31日(水)、開場18:00、上映19:00~20:12(72分)
会場:カフェゆっくり堂 http://www.yukkurido.com(JR戸塚駅東口より徒歩7分)
参加費:1,000円 (学生500円) +ワンオーダー
お申込み:イベントタイトル、お名前、人数、連絡先、ひとことを添えて、ナマケモノ事務局 info@sloth.gr.jpまでお申し込みください。
共催:ナマケモノ倶楽部、カフェ・デラ・テラ
協力:カフェゆっくり堂

2019年07月02日

7/24(水)「ヒルデガルト 緑のよろこび」上映会+ゲストトーク

 

スローシネマカフェinカフェゆっくり堂、7月の上映テーマは「エコロジー」。


7月は、「スローライフ」や「100万人のキャンドルナイト」などを提唱しつづけてきた環境=文化NGOナマケモノ倶楽部の生誕20周年を記念して、2009年よりプロデュースしている映像作品「アジアの叡智」シリーズを毎週上映します。


エコロジーやホリスティックというキーワードを手掛かりに、伝統的な叡智を掘り起こす本シリーズ。7/24は、900年前にドイツに実在した偉大な女性ヒルデガルト・フォン・ビンゲンに光をあてた本作品を上映します。


ヒルデガルトは宗教家でありながら、あらゆる領域を横断し続けた偉大な女性です。医学、薬学、音楽、数学、芸術、詩作、言語学、宇宙論など、あらゆる世界で業績を残しています。ヒルデガルトは言いました。「自然界にあるものを見逃してはいけません」と。


自然界との繋がりが薄れてしまった現代社会、一時は歴史に埋没していたこの女性に、近年、ヨーロッパを中心に急速に注目が集まり、彼女の思想に拠り所を求める動きが、じわじわと広がっています。彼女の思想とはなにか。また、彼女の根本思想である、“ヴィリディタス”とはなにか。ヒルデガルトから影響を受けた、5人のゲストへのインタビューを通して、それらをわかりやすく、明らかにしていきます。


上映後には、映画出演者であるヒルデガルト案内人の平垣美栄子さんをお招きして、皆さんと一緒に映画の感想などをシェアしたいと思います。

ご来場、心よりお待ちしております。



【平垣美栄子】
植物療法セラピスト。自然療法の教育、普及活動や、自然療法士の資格認定をする一般社団法人「自然療法機構(NaO)」代表。1995年の阪神淡路大震災の経験を経て、植物療法に出会う。2006年「ヒルデガルト・フォーラム・ジャパン」を立ち上げ、ヒルデガルトの教えを日本に広める。日本の知恵を継ぐ「一本草プロジェクト」も展開中。


▼「スローシネマムーブメント」公式サイト
http://slowcinema.net/welcome/


******************************
日時: 2019年7月24日(水)、開場18:00、上映19:00~20:08(68分)
会場:カフェゆっくり堂 http://www.yukkurido.com(JR戸塚駅東口より徒歩7分)
参加費:1,000円 (学生500円) +ワンオーダー
お申込み:イベントタイトル、お名前、人数、連絡先、ひとことを添えて、ナマケモノ事務局 info@sloth.gr.jpまでお申し込みください。
共催:ナマケモノ倶楽部、カフェ・デラ・テラ
協力:カフェゆっくり堂

Page Topへ