イベント

2019年08月25日

9/27(金)発酵する生き方~寺田優さんを囲んで

\寺田本家24代当主・寺田優さんがカフェゆっくり堂に登場!/

「グローバルからローカルへ」の思想をゲストたちから学び、自分の暮らし方・あり方のヒントにつなげていこうという趣旨で開催されてきたローカリゼーション・カフェ。

今回は、「発酵の里」と呼ばれる千葉県香取郡神崎のローカリゼーション運動の中心的存在、寺田本家より、第24代当主の寺田優さんをお招きしてお話を伺います!

江戸時代より340年以上、日本酒の酒蔵として続いてきた寺田本家。先代の故・寺田啓佐さんの代より「発酵道」という哲学のもと、微生物や小さないのちに生かされているという認識のもと、自然酒づくりに取り組み、国内はもとより現在は海外でも日本の代表的なスローフードとして注目を集めています。

効率性が重視されるシステムのなかで、寺田本家が大切にしていること、従業員含め、優さんたちの生きる喜びを伺うことで、「ほんとうの豊かさ」について学び、自然とつながり直すきっかけを得ませんか?

当日は、寺田本家にちなんだイベント限定プレート1000円(要予約)のほか、寺田本家利き酒セットも用意する予定。
ぜひお早めにお申し込みください!

日時:2019年9月27日(金)19時~20時半(18時開場)
会場:カフェゆっくり堂(JR戸塚駅東口より徒歩7分)

ゲスト:寺田優さん(寺田本家第24代当主)
聞き手:辻信一(ナマケモノ倶楽部代表、文化人類学者)

参加費:1000円+ワンオーダー
ご予約:ナマケモノ倶楽部事務局 info@sloth.gr.jp まで、お名前、人数、連絡先、ひとことを添えてお申込みください。

主催:ナマケモノ倶楽部
共催:NPO法人カフェ・デラ・テラ
協力:カフェゆっくり堂

【プロフィール】

1973年大阪府堺市生まれ。学生時代より世界各地を放浪。大学卒業後、動物番組制作のカメラマンとして活動後、2003年より千葉で330年続く蔵元「寺田本家」 に婿入りし、発酵の素晴らしさに魅せられ酒造りの修行を始める。2012年に24代 目の当主となる。
寺田本家で使用する原料は、米・水・微生物の3つのみ。無農 薬米を使用し、とことん手造りにこだわっている。主力商品は「五人娘」「香取」「むすひ」など。現在、蔵人の平均年齢は30歳。“身体が喜ぶお酒”を追求する精神は、今も大事に受け継がれている。2008年からは、千葉県 一小さな町・神崎を、発酵の力で元気にすべく、「こうざき発酵の里協議会」の代表世話人を務めている。

2019年08月24日

9/13(金)アリシア・ベイ・ローレルPeace Music Live 2019 with 辻信一

オーガニックライフのレジェンド、アリシアが再び、戸塚に!
彼女が20歳のときに執筆した『地球の上に生きる』は全世界で圧巻のロングセラー。まあるいお堂のカフェゆっくり堂での一晩限りのスペシャルライブ。
通訳兼聞き手は、アリシアの友人でカフェゆっくり堂の店主、辻信一さん。
 
アリシアのトークを聞きながら、ピースフルで、クリエイティブな暮らしをどうデザインしていくか、一緒にヒントをもらいませんか?

カフェでは、数量限定のイベントプレートやクラフトビール、オーガニックワインをご用意してお待ちしています。

日時:2018年9月13日(金)18:00開場、19:00~20:30
会場:カフェゆっくり堂(JR戸塚駅東口より徒歩7分)

ゲスト:アリシア・ベイ・ローレル(うた、ギター)

聞き手:辻信一
参加費:1500円+1オーダー

 

 

 

ご予約: info@sloth.gr.jp まで、イベント名、お名前、人数、ご連絡先、ひとことを添えてお申込みください。

主催:ナマケモノ倶楽部

協力:カフェゆっくり堂、NPOカフェ・デラ・テラ

【アリシア・ベイ・ローレルprofile】
https://aliciabaylaurel.com/

アーティスト、作家、ミュージシャン。1949年、米カリフォルニア出身。
高校卒業後、ヒッチハイクの旅に出て、カリフォルニアの北部にあるウィラーズランチ、いわゆるコミュニティにたどり着く。そこでの生活を綴った『living on the earth』(1970)が米国で大ヒット。

1972年には日本語版『地球の上に生きる』も発売され、現在も版を重ねるロングセラーになっている。ハワイで30年余りを暮らした後、現在はアリゾナに在住。

2019年08月22日

9/18(水)「第4の革命 - エネルギー・デモクラシー」上映会

 

スローシネマカフェinゆっくり堂、9月の上映テーマは「持続可能な社会」。


今回はエネルギーに焦点を当て、10ヶ国の再生可能エネルギーの導入事例を4年の歳月をかけて取材し、ドイツを脱原発へ導いた作品を上映します。
(一点集中型のエネルギー産業から小規模分散型へ)


太陽エネルギー、風力、水力、地熱エネルギーは、世界中の誰でも平等に利用できる自然なエネルギー源です。そしてこれらのエネルギーは持続可能で、お金もかからず、尽きることなく長い間利用することができます。


国際的なムーブメントを起こし、世界をエネルギーシフトしていくためには、再生可能エネルギーの可能性についての知識を広めることが必要不可欠です。


この映画では、著名な環境活動家やノーベル賞受賞者、政治家らによって、これから30 年以内に100 %再生可能エネルギーへのエネルギーシフトの実現可能性について、様々な角度から分析します。また、エネルギー革命によって、持続可能な経済発展や社会的に公正な権利も得ることが出来ると主張します。


この映画は、再生可能エネルギーへの認識を高め、新しいエネルギー時代への夜明けへと人々を導きます。この映画の終わりには、すべての人が「新しいエネルギー時代の始まり」を感じるでしょう!


******************************
日時:2019年9月18日(水)、開場18:00、上映19:00~20:23(83分)
会場:カフェゆっくり堂 http://www.yukkurido.com(JR戸塚駅東口より徒歩7分)
参加費:1,000円 (学生500円) +ワンオーダー。
※お食事をご希望の方は、イベント特性プレート(¥1000)をご用意いたしますので、事前にご連絡いただければ幸いです。
お申込み:イベントタイトル、お名前、人数、連絡先、ひとことを添えて、ナマケモノ事務局 info@sloth.gr.jpまでお申し込みください。
共催:ナマケモノ倶楽部、カフェ・デラ・テラ
協力:カフェゆっくり堂

2019年08月19日

9/11(水)「Workers 被災地に起つ」上映会

 

スローシネマカフェinゆっくり堂、9月の上映テーマは「持続可能な社会」。


東日本大震災被災地で、持続可能な社会への仕組みづくりを地域の人と共に模索・実践し続けてきたワーカーズコープ(協同労働の協同組合)。
その取り組みの様子を2016年2月から2017年12月までの22か月間にわたって記録した”街づくり”の物語。


「放課後の子ども、障がい児を預かってくれる場を」と始まった居場所づくりは、いつしか誰もが集える町の拠点に・・・


「地元の資源を生かした地域の復興を」…と始めた産直は、障がいのある人や働くことが難しかった人たちが自身をもって働く場に・・・


「障がい児の一時預かりの場所を」と親たちとともに作った居場所は、自分らしく生きていく場に・・・


「林業の復興をとおして地元を元気に」と始まった林業チームは、いつしか村の復興に向け、ともに歩む仲間に・・・


小さな困りごとや願いが、“ひとり”から“みんな”につながっていく。


ときに不器用に、ときに無謀に、ともに向き合い動くなかで、優しく育まれるコミュニティの姿。そこには、様々な課題を抱える日本のこれからを考える上で問い直されている「ともに生きる社会」の原点があった—


▼「Workers 被災地に起つ」公式サイト
https://workers2-movie.roukyou.gr.jp/


******************************
日時:2019年9月11日(水)、開場18:00、上映19:00~20:30(90分)
会場:カフェゆっくり堂 http://www.yukkurido.com(JR戸塚駅東口より徒歩7分)
参加費:1,000円 (学生500円) +ワンオーダー。
※お食事をご希望の方は、イベント特性プレート(¥1000)をご用意いたしますので、事前にご連絡いただければ幸いです。
お申込み:イベントタイトル、お名前、人数、連絡先、ひとことを添えて、ナマケモノ事務局 info@sloth.gr.jpまでお申し込みください。
共催:ナマケモノ倶楽部、カフェ・デラ・テラ
協力:カフェゆっくり堂

2019年08月06日

9/4(水)「できる - セ・ポシブル」上映会


 

スローシネマカフェinゆっくり堂、9月の上映テーマは「持続可能な社会」。


奪い合いから、分かち合いへ。
持続可能な暮らしを目指す日本各地の市民の取り組みを紹介する本作品。
日本とエコロジーが大好きな若いフランス人カップルが様々な場所を訪れます。


5000kmにも及ぶ旅の中で訪れた場所の数は15ヶ所。
訪問先は、屋久島で自然と調和したライフスタイルを実践しているエコビレッジ・アペルイ、神奈川で地域通貨や自然エネルギーに取り組むトランジション藤野、東京のど真ん中でパーマカルチャーに挑戦している東京アーバンパーマカルチャー、徳島県上勝町でごみのない社会への転換に取り組むゼロ・ウェイストアカデミーなど。2人は、各地を巡り、持続可能な未来のためのヒントを発見していきます。

合言葉は「できる」。フランス語だと「セ・ポシブル」。
未来の世代のために私たちが進むべき道とは?
さあ、マチルダとジョナサンと旅に出よう。


******************************
日時:2019年9月4日(水)、開場18:00、上映19:00~20:40(100分)
会場:カフェゆっくり堂 http://www.yukkurido.com(JR戸塚駅東口より徒歩7分)
参加費:1,000円 (学生500円) +ワンオーダー。
※お食事をご希望の方は、事前にご連絡いただければ幸いです。イベント特性プレート(¥1000)をご用意いたします。
お申込み:イベントタイトル、お名前、人数、連絡先、ひとことを添えて、ナマケモノ事務局 info@sloth.gr.jpまでお申し込みください。
共催:ナマケモノ倶楽部、カフェ・デラ・テラ
協力:カフェゆっくり堂

Page Topへ