イベント

2019年05月13日

6/12(水)「タシちゃんと僧侶」上映会

 

スローシネマカフェinカフェゆっくり堂、6月の上映テーマは「教育」


孤児を預かることは、親になる決断。その子の命を救うこと。

第二弾は、チベット僧侶がヒマラヤ山脈の麓で愛と思いやりを学ぶ孤児院を開き、85人の”父”になった感動のドキュメンタリー。(エミー賞2016受賞作)


▼作品紹介
ヒマラヤ山脈の麓で、僧侶ロブサン・プントソックはダライ・ラマ14世の教えを学んでいた。ダライ・ラマ14世からの依頼で彼はチベット仏教を西欧に広めるため、宗教教育者としてアメリカに暮らしていたが、8年前に故郷に戻り、孤児や恵まれない子どもの救済に乗り出す。プントソック僧侶は、孤児院、ジャムセ・ガッサルをヒマラヤ山脈の麓に設立。84人の孤児または親に捨てられた子どもたちを保護し、慈愛の心を持ち、生きていくことを教えている。

84人の子どもたちが生活しているところに新しく加わったのは5歳の女の子・タシ。母を亡くし、アルコール依存症の父に追い出されたタシは新しい環境に順応できるのか・・・


お気軽にふらっとお越しください。
ご来場、お待ちしております。


******************************
日時:2019年6月12日(水)、開場18:00、上映19:00~19:40(39分)
会場:カフェゆっくり堂 http://www.yukkurido.com(JR戸塚駅東口より徒歩7分)
参加費:1,000円 (学生500円) +ワンオーダー
お申込み:イベントタイトル、お名前、人数、連絡先、ひとことを添えて、ナマケモノ事務局 info@sloth.gr.jpまでお申し込みください。
共催:ナマケモノ倶楽部、カフェ・デラ・テラ
協力:カフェゆっくり堂

2019年05月10日

6/5(水)「サティシュの学校 みんな、特別なアーティスト」上映会

 

スローシネマカフェinカフェゆっくり堂、6月の上映テーマは「教育」


本来の教育とはなにか?

第一弾は、ガンディー思想の継承者サティシュ・クマールさんの教育思想から、「学ぶ」ことの意味を探る本作品を上映します。

サティシュさんは、「ヒューマン・スケール(人間の身の丈に合った)教育運動」を展開する中、イギリス南西部にシューマッハー・カレッジを設立しました。「ヒューマン・スケール教育運動」とは、本来の教育のあり方を取り戻そうとする運動のこと。

サティシュさんは言います。「本来の教育とは、知識を詰め込むことではない。すでに備えられている“アーティストとしての自分”に気づくこと」と。「アーティストとは特別な人のことではない。誰もが特別なアーティストなのだ」と。

サティシュさんの教育思想から、私たちの内にある想像力、創造性を呼び起こし、素晴らしい人生を、社会を、未来をつくりだしましょう。さあ、あなたも「サティシュの学校」へ。


サティシュ・クマール(Satish Kumar)
現代を代表するエコロジー思想家。ガンディーの非暴力思想の継承者。インド・ラージャスターン州生まれ。25歳の時、当時4つの核保有国の首都(モスクワ、ロンドン、パリ、ワシントンDC)に核廃絶のメッセージを届ける約13,000㎞の平和巡礼を、無一文・徒歩で2年半かけて踏破。1973年より、経済学者E.F.シューマッハーの呼びかけに応じてイギリスに移住。環境、経済、科学、文化、アート、スピリチュアリティ―の融合を提言する『リサージェンス&エコロジスト』誌の編集主幹となり、現在、名誉編集者。「ヒューマン・スケール教育運動」を展開し、イギリス南西部に「スモール・スクール」と「シューマッハー・カレッジ」を創設した。邦訳書に『君あり、故に我あり』(講談社学術文庫)、『人類はどこへいくのか ほんとうの転換のための三つのS〈土・魂・社会〉』(ぷねうま舎)、『サティシュ・クマールのゆっくり問答with辻信一』『恐れるなかれ(フィアノット)愛と共感の大地へ』(以上SOKEIパブリッシング)などがある。


お気軽にふらっとお越しください。
ご来場、お待ちしております。


******************************
日時:2019年6月5日(水)、開場18:00、上映19:00~20:12(72分)
会場:カフェゆっくり堂 http://www.yukkurido.com(JR戸塚駅東口より徒歩7分)
参加費:1,000円 (学生500円) +ワンオーダー
お申込み:イベントタイトル、お名前、人数、連絡先、ひとことを添えて、ナマケモノ事務局 info@sloth.gr.jpまでお申し込みください。
共催:ナマケモノ倶楽部、カフェ・デラ・テラ
協力:カフェゆっくり堂

2019年05月07日

5/29(水)「デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり」上映会

 

スローシネマカフェinカフェゆっくり堂、5月の上映テーマは「幸せ」


ふたつの個性が共振することで⼈⽣の豊かな⾳⾊が⽣まれる。
奇跡的な夫婦愛を描いたドキュメンタリー。


▼作品紹介
天才ピアニストでアカデミー賞受賞作『シャイン』のモデルとなったデイヴィッド・ヘルフゴットは、幼少期より神童とうたわれ、その才能を発揮。数々のコンクールで⼊賞し、世界屈指の⾳楽⼤学、英国王⽴⾳楽⼤学に特待⽣として⼊学。⾳楽の殿堂ロイヤル・アルバート・ホールでのコンサートを⼤成功させるも直後に精神病に陥る。 ピアノなしで11 年もの間を精神病院で過ごした彼のピアニストとしてのキャリアは終わったかと思われた。

しかし⾳楽の⼒と、妻ギリアンの深い愛と助けにより、再び⼈⽣とコンサートのステージにカムバックを果たす。

映画『デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり』は、そんな天性のピアニスト、デイヴィッドと彼を深く理解し、愛して寄り添う妻ギリアンの間との深い愛についての映画である。


▼「デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり」公式サイト
http://unitedpeople.jp/h/


******************************
日時: 2019年5月29日(水)、開場18:00、上映19:00~20:40(100分)
会場:カフェゆっくり堂 http://www.yukkurido.com(JR戸塚駅東口より徒歩7分)
参加費:1,000円 (学生500円) +ワンオーダー
お申込み:イベントタイトル、お名前、人数、連絡先、ひとことを添えて、ナマケモノ事務局 info@sloth.gr.jpまでお申し込みください。
共催:ナマケモノ倶楽部、カフェ・デラ・テラ
協力:カフェゆっくり堂

2019年05月06日

5/16(木)GNHとGPI(真の進歩目標)~タシ・コールマン博士を迎えて

ブータン政府が掲げるGNH(国民総幸福)の具体的な指標づくりを、ブータン研究センター(CBS)とともに10年以上取り組んできたタシ・コールマン氏に学ぶローカリゼーション・カフェ。

「GPI(Genuine Progress Initiative)Atlantic」(真の進歩指標)とはなにか?、どうやって実際に数値をはかるのか?その手法を通じて見えてくる「豊かさ」のキーワードとは?

ブータンや国際舞台で活躍するコールマン博士のお話を直接きける貴重な機会です。通訳・コメンテーターには、文化人類学者でナマケモノ倶楽部代表の辻信一さん。ぜひふるってご参加ください。

日時:2019年5月16日(木)19時~20時半(18時開場)
参加費:1000円+1オーダー(学生500円+1オーダー)

ゲスト:タシ・コールマン博士(GPI指標考案者、カナダ)
  プラシャント・ヴァルマ(ディア・パーク事務局長、インド)
聞き手・通訳:辻信一(文化人類学者、明治学院大学教授)

お申込み:お名前、人数、連絡先、ひとことを添えて、ナマケモノ倶楽部 info@sloth.gr.jp までお申し込みください。

主催:ナマケモノ倶楽部
協力:NPO法人カフェ・デラ・テラ、カフェゆっくり堂
   明治学院大学国際学部付属研究所

RONALD COLMAN, Ph.D

政治学者。 GPI(真の進歩指標)考案者。 コロンビア大学で博士号を取得、20年以上にわたり教鞭をとる一方、国連機関での研究にも従事。カナダの研究NPO「Nova Scotia」で人々の幸福度を統合的にはかるモノサシとして「GPI(Genuine Progress Index)」を提唱、800以上の自治体の「幸福の指標化」に関わる。10年以上、ブータン政府とGNHの指標化および教育システムでの指標の実践に関わる。
著書多数(英語)。新著『What Really Counts: In Search of the New Economy from Nova Scotia to Bhutan』 が来年アメリカで発刊予定。

2019年05月01日

スローシネマカフェ~毎週水曜夜は、自分と世界を変える映画を観よう!

ナマケモノ倶楽部は今年で設立20周年!
今までも環境+文化+スロービジネスという3つの領域を自在に行き来する運動を提案・実践し、暮らしそのものをスローにシフトしていこうと呼びかけてきました。

今年は、私たち一人ひとりが、どう生きたいか、どうありたいかを映画を通じて自身に問いかけるような場を、毎週水曜夜、ナマケモノ戸塚オフィスのあるカフェゆっくり堂にて開催することになりました!!

支配人・上野(ナマケモノ事務局スタッフ)が月毎にテーマを決めたラインナップでお届け。映画の後は感想をシェアしたり、ディスカッションしたりという場も設けます。ぜひ一緒に観ませんか?

戸塚という小さな地域がローカリゼーション運動の一翼を担い、映画のテーマがなぜ今、大切なのかを一緒に考えるきっかけをくれる、素敵な水曜日。みなさんをお待ちしています!

スローシネマカフェ公式FBページもよろしく!

■Slow Cinema Cafe

参加費:共通1000円/回
学割500円/回、シニア割(65歳以上)800円/回
開場:18時、上映:19時~(上映後シェアリングあり)
お申込:希望回、お名前、連絡先、ひとことをご記名の上、info@sloth.gr.jp ナマケモノ倶楽部まで。

======

<5月ー「しあわせ」の本当の意味考えてみる>

5/8: Simplife
https://vimeo.com/253970408

5/15:ハッピー・リトル・アイランド – 長寿で豊かなギリシャの島で –

5/22:happy – しあわせを探すあなたへ –

5/29:デイヴィッドとギリアン – 響きあうふたり

=====

<6月ー私たちらしく生きるために、必要な学び(教育)ってなんだろう?>

6/5:サティシュの学校 – みんな、特別なアーティスト –

6/12:タシちゃんと僧侶

6/19:バベルの学校

6/26:何のために

=========

主催:ナマケモノ倶楽部
協力:カフェゆっくり堂、NPOカフェ・デラ・テラ


<終了:4月ー食から暮らしをみつめてみる>

<終了>4/3:「0円キッチン」http://unitedpeople.jp/wastecooking/

<終了>4/10:フォークス・オーバー・ナイブズ – いのちを救う食卓革命 
https://www.cinemo.info/21m

<終了>4/17:「食べること」で見えてくるもの
https://www.sunmark.co.jp/switch_taberu/intro/index01.html

<終了>4/24:A FILM ABOUT COFFEE
http://www.afilmaboutcoffee.jp/

Page Topへ