イベント

2018年04月11日

4/25(水)映画「ラダック 氷河の羊飼い」上映+ゲストトーク

話題の映画「ラダック 氷河の羊飼い」、横浜初上映!

昨年11月に開催された「しあわせの経済」世界フォーラムゲストの一人、スタンジン・ドルジェ監督による最新作。

ラダック奥地の過酷な自然環境の中、たった一人で数百頭の家畜たちと共に生きる、監督の姉の暮らしを追ったドキュメンタリーです。世界最高峰のアウトドアドキュメンタリー映画祭BANFFマウンテンフィルムでグランプリを受賞するなど、インド国内に留まらず海外でも数々の映画賞を獲得し、高い評価を得ています。

主人公ツェリンの生き方から、いのち、自然とのつながり、人間の在り方について、一緒に考えてみませんか? 上映後は、ジュレー・ラダック代表のスカルマ・ギュルメットさんをお招きして、ナマケモノ教授こと辻信一さんとのクロストークです。

カフェゆっくり堂は、25~27日までをヒマラヤン・ナイトとし、チャイやブータンプレートなど、ヒマラヤにちなんだお料理やドリンクでイベントをもりあげます!

ぜひお気軽にお越しください。

日時:2018年4月25日(水)開場18:00、
   上映19:00~(70分、日本語字幕)、トーク20:25~

会場:カフェゆっくり堂 www.yukkurido.com
  (JR戸塚駅東口より徒歩7分)

ゲスト:スカルマ・ギュルメット(NPOジュレー・ラダック代表)
聞き手:辻信一(ナマケモノ倶楽部代表、文化人類学者)

参加費:1000円+カフェでのワンオーダー

お申込み:イベントタイトル、お名前、人数、連絡先、ひとことを
 添えて、ナマケモノ事務局 info@sloth.gr.jpまでお申し込みください。

主催:ナマケモノ倶楽部

協力:カフェ・デラ・テラ、カフェゆっくり堂、NPOジュレー・ラダック

2018年04月01日

4/12(木)「しあわせの経済」ダイアローグwithプラチャーさん、サクさん

昨年11月の「しあわせの経済」世界フォーラムに参加された
タイのエコロジーとスピリチュアリティの指導者、プラチャーさんが
来週短期で再来日されることになりました。

弟さんでタイを代表する実業家のSakさんこと Chayaditt Hutanuwatraさん
ご夫婦も伴っての来日です。Sakさん、そしてプラチャーさんに、日本の
ソーシャルビジネスの実践を紹介したい、昨年の「しあわせの経済」に
つながるディスカッションをしたいという想いで、4月12日夜に、
下記の催しを企画しました。

貴重な機会なので、会費制ではありますが、ゆっくり堂ファミリーの
みなさまにはぜひご参加いただきたく、お誘いします。
完全予約制・先着順ですので、参加希望の方は、馬場まで直接お申込みください。

==== 「しあわせの経済」ダイアローグ ====

日時 4月12日(木)19時~21時

会場 カフェゆっくり堂
www.yukkurido.com
(JR戸塚駅東口より徒歩七分、善了寺境内)

参加者 限定20名。
主賓 :タイのスピリチュアル&エコロジー運動の指導者、
プラチャー・フタヌワットさんとタイを代表する実業家Sakさん

日本からのプレゼンター:城南信用金庫・吉原毅さん、アバンティ・渡邊智恵子さん、素敬・上野宗則さん、天の製茶園・天野浩さん

全体進行:辻信一さん

会費 :3000円(食事、ワンドリンク付)

予約先:ナマケモノ事務局・馬場 info@sloth.gr.jp

2018年03月29日

4/3(火)~8(日)臣華 回顧展 花を見るには時間がかかる

臣華 回顧展 2018年4月3〜8日
花を見るには時間がかかる To see flower takes time…

誰もちゃんと花を見ない。ちいさなものだから。そしてみんな時間がないのね。
でも花を見るには時間がかかるのよ。友だちづき合いに時間がかかるように、ね。
———ジョージア・オキーフ

また花の季節がめぐってきましたね。皆さん、いかがお過ごしですか。
母、大岩臣華が亡くなってちょうど十年、この度、ささやかな遺作絵画展を開催いたします。

今回展示するのは、私たち息子や娘や孫たちが、この十年、自宅の壁にかけてきた、だから、それぞれの暮らしにすっかり馴染んだものばかりです。
会場は、これも、私たちにご縁の深い善了寺の中のカフェゆっくり堂。おいしいコーヒーやチャイもお楽しみいただけます。
最終日の4月8日、善了寺では花まつりが祝われます。

では、皆さんとお会いできるのを、主催者一同、楽しみにしています。
これからも、私たちの暮らしが、「花」を見るための、そして「友だち」と過ごすための豊かな時間に恵まれますように。

辻信一

<臣華回顧展 開催日時>
会期:2018年4月3日(火)〜8日(日)11時半〜17時
場所:カフェゆっくり堂(横浜市戸塚区・善了寺境内
交通:JR戸塚駅東口より徒歩8分。詳しくはこちら
ギャラリー:入場無料。予約不要。
*開催期間中、辻信一はじめ臣華親族が可能な限り在廊いたします。ぜひお声がけください。

<関連イベント>
4月3日(火)夜 オープニングイベント with ウォン・ウィンツァン
4月6日(金)夜 辻信一のブータンBar
4月7日(土)夜 花まつりイベント with ソーヤー海
ともに18時開場、19時~20時半。恩送り+1ドリンクオーダー。

いずれも、お申込:ナマケモノ倶楽部 info@sloth.gr.jp
お名前、人数、連絡先を添えてお申し込みください。

2018年02月21日

3/9(金)平和のキャンドルナイト ポスト3・11を生きる 縁とローカル

今年も、3月11日が巡ってきます。
7年前の東日本大震災に想いをよせる平和法要とトーク、ピアノ生演奏で時を一緒に過ごしませんか?

犠牲にあわれたいのちたち、今なお、ふるさとに帰りたくても帰れない方々に心を寄せながら、ともに祈り、どう生きるか、どう生かされていくか、その中での豊かさ、幸せ、ローカルについて考えてみませんか?

ゲストには、インターネット寺院「彼岸寺」でも活躍する神谷町光明寺僧侶の松本紹圭さん。聞き手には辻信一さんと善了寺住職の成田智信さん。音楽はマインドフルなピアノ演奏家、ウォン・ウィンツァンさんをお迎えしてのキャンドルナイト。ぜひお越しください。

カフェでは、イベント限定のフード、お飲み物をご用意してお待ちしています。

日時:2018年3月9日(金)18時半開場、19時~21時

参加費:恩送り(このような場が次回も続いていくよう、みなさまのお志をお願いしています)

会場:善了寺本堂(JR戸塚駅より徒歩8分)

ゲスト:松本紹圭さん(未来の住職塾 塾長 光明寺僧侶)
    ウォン・ウィンツァンさん(ピアニスト)

聞き手:辻信一(文化人類学者、カフェゆっくり堂店主)
    成田智信(善了寺住職)

お申込み: info@cafedelaterra.orgまで、お名前、人数、ひとことを添えてお申込みください。

主催:NPOカフェ・デラ・テラ、ナマケモノ倶楽部

協力:カフェゆっくり堂

ゲストプロフィール

松本紹圭(まつもとしょうけい)さん

1979年北海道生まれ。本名、圭介。東京大学文学部哲学科を卒業後、浄土真宗本願寺派の僧侶となる。2010年にインドに留学し、Indian School of BusinessでMBAを取得。帰国後、お寺の経営を指南する「未来の住職塾」を立ち上げる。2013年には世界経済フォーラム(ダボス会議)のYoung Global Leaderに選出された。近著に「お寺の教科書−未来の住職塾が開く、これからのお寺の100年−」がある。
あわせてお読みください。eduviewより
「住職の学校」に見るニッチ教育の可能性〜松本紹圭氏に聞く
http://eduview.jp/?p=950

ウォン・ウィンツァンさん

超越意識で透明な音色を奏で、静寂な空間を創りだす “瞑想のピアニスト”。
NHK「にっぽん紀行」「目撃!にっぽん」 Eテレ「こころの時代」テーマ音楽でも知られるピアニスト、作曲家。1949年神戸生まれ、東京育ち。19歳からジャズ、フュージョンなどを演奏。70年代には “ブラウン・ライス” のキーボーディストとして全米ツアー。1987年、瞑想の体験を通して自己の音楽の在り方を確信し、90年より即興演奏を中心にした独自のスタイルでピアノソロ活動を開始、“瞑想のピアニスト”と呼ばれる。サトワミュージック主宰。最新盤「光を世界へ ~Yes All Yes~」は初めて作詞も手がけた平和へのメッセージソング。Podcast番組「ムーントーク・カフェ」金曜夜7時、好評配信中。

2018年02月13日

2/16(金)スローデザインとは?~大岩剛一さんを迎えて

土に還る自然素材を用い、伝統的な工法で建てられた家は、そのプロセスじたいが、人と人、人と自然、人と地域を結ぶローカリゼーション運動です。

スローデザイン研究会主宰で建築家の大岩剛一さんを滋賀県からお招きし、国分寺カフェスローをはじめ、会場のカフェゆっくり堂(聞思堂)、善了寺本堂など、数々のエコロジカルな家づくりを通して見えてきた「スローデザイン」について、お話を伺っていきます。

カフェでは、イベント限定の軽食やアルコール、ソフトドリンクをご用意。ぜひお気軽にお集まりください。

日時:2018年2月16日(金)19:00~20:30

会場:カフェゆっくり堂(JR戸塚駅より徒歩8分)

トーク:大岩剛一(建築家、スローデザイン研究会主宰)
聞き手:辻信一(文化人類学者、ゆっくり堂店主)

参加費:恩送り(このような場が次もまた持てるよう、みなさまのお志をお願いしています)

お申込み:お名前、人数、連絡先、ひとことを添えて、カフェ・デラ・テラ事務局までお申込みください。info@cafedelaterra.org

主催:NPOカフェ・デラ・テラ、ナマケモノ倶楽部

ゲストプロフィール:

大岩剛一

建築家(一級建築士)。成安造形大学造形学部教授。「(有)ゆっくり堂」役員。
東京生まれ。早稲田大学大学院修士課程修了。
1977~99年まで東京で建築設計事務所を主宰、住宅・店舗を中心とする設計活動に従事。95年から環境NGO「マングローブ植林計画」のメンバーとしてエクアドル北西部沿岸地方、ベトナムでマングローブ保全のための研修・宿泊施設建設計画に携わる。99年、環境文化NGO「ナマケモノ倶楽部」のメンバーとして、持続可能な社会に向けた住環境のあり方をテーマに活動する中でストローベイル・ハウスに出会う。2001年より「藁」と「スロー」をキーワードに、住の見直しと新しいライフスタイルの創造を視野に入れたスローデザイン研究会を主宰、「藁の家」の研究と普及に努める。
著書に『スローなカフェのつくりかた ~暮らしをかえる、世界がかわる~』 (共著、自然食通信社、2009)、『わらの家』(インデックス・コミュニケーションズ、2006)、『草のちから藁の家』(共著、INAX出版、2000)、『ロスト・シティ・Tokyo ~忘れられた風景からの都市論~』(清流出版、1995)。

Page Topへ