イベント案内

2019年05月31日

6/14(金)先住民族の視点から「開発」を問い直す~二風谷から貝澤耕一さんを迎えて

ナマケモノ倶楽部発足前から文化人類学者で環境運動家の辻信一さんと30年近く親交をもち続けてきたアイヌ民族で文化伝承者の貝澤耕一さんが戸塚に!

環境=文化運動を提唱してきたナマケモノ倶楽部にとって、原点ともいえる先住民族の文化と生態系をまもることの意義について、経済優先のシステムの限界が見えてきているいま、もう一度しっかりお話を伺いたいと思います。

聞き手、コメンテーターに、北米先住民族研究にとりくまれている野口久美子先生も参加くださいます。とても貴重な機会です。ぜひお集まりください。

日時:2019年6月14日(金)19時~20時半(開場18時)
会場:カフェゆっくり堂(JR戸塚駅東口より徒歩8分)
参加費:1000円+ワンオーダー
お申込み:お名前、人数、連絡先、ひとことを添えてナマケモノ倶楽部(info@sloth.gr.jp)までお申し込みください。

主催:ナマケモノ倶楽部
共催:NPO法人カフェ・デラ・テラ、明治学院大学国際学部野口ゼミ、大岩ゼミ

■スピーカー:貝澤耕一 
1946年、北海道二風谷生まれ・在住。アイヌ民族の復権運動に尽力した父・貝澤正(故人)氏、アイヌ民族で初の国会議員となった萱野茂氏(故人)と二風谷ダム開発計画に異を唱え、土地の強制収用をめぐり、裁判で闘った(1997年結審)。
日本の開拓の歴史の中で失われてきたアイヌ本来の森を取り戻そうと、1994年、NPO法人ナショナルトラスト・チコロナイ(アイヌ語で「私たちの沢」の意)を設立。代表理事として森の再生と文化継承に取り組む。「平成25年度アイヌ文化奨励賞」受賞。
NPO法人ナショナルトラスト・チコロナイ https://blog.goo.ne.jp/cikornay

2019年05月31日

夏至キャンドルナイト2019 ~ローカル・フューチャーを戸塚から

あたらしい元号になって初めてのキャンドルナイト夏至。

今年は、農半歌手のYaeさんがキャンドルナイトミニライブに出演いただけることになりました。土に還る素材で建てられた善了寺のお堂と、Yaeさんの歌声。
すべてのいのちへの想いを胸に、時間を共に過ごせたらと思います。

<開催概要>

日時:2019年6月21日(金)18:00~21:00(開場17:00)
      6月22日(土)13:30~17:00(開場13:00)
*ゆっくりマルシェ2日間、同時開催!
(精進弁当、軽食、お野菜、パン、発酵食品、草木染、手作りアクセサリー、似顔絵描き、屋台など)

会場:善了寺本堂 (JR戸塚駅東口より徒歩7分)詳しくはこちら

参加費:恩送り
(このような場が次に続くよう、みなさまのお気持ちをお願いしています)

お申込み:不要

主催:夏至キャンドルナイト2019実行委員会
(明治学院大学国際学部辻ゼミ、とつか宿駅前商店会、NPOカフェ・デラ・テラ、ナマケモノ倶楽部)
協力:善了寺

●21日(金)プログラム

17:00 開場、マルシェopen!
18:00 平和法要
    トーク:若者たちの挑戦!
<ゲスト>
Spiral Club(環境問題をもっと気軽に話そうで集うグループ)
Fridays for Future Tokyo(グレタさんが提唱するグローバルストライキに賛同する日本の学生たち)
土井和裕さん(戸塚、有機農業)
みらい麦畑化計画(戸塚、横浜市立大学メンバー)

MC:松崎理留、深澤留衣(明治学院大学国際学部)

19:30 マルシェタイム(休憩)

20:00  消灯(マルシェ終了)
     ダイアローグ:ローカル・フューチャーを戸塚から

 上記ゲスト4組+
 コメント:辻信一(ナマケモノ倶楽部代表、文化人類学者)
     Yae(半農半歌手)

20:30 キャンドルナイトミニライブ
     Yae(半農半歌手)

21:00 閉会

2019年05月16日

6/19(水)「バベルの学校」上映会

 

スローシネマカフェinカフェゆっくり堂、6月の上映テーマは「教育」


違ってたっていい。違っているからいい。

第三弾は、ある教師の人生最後のクラスにそれぞれの事情をかかえて集まった国籍がバラバラの生徒たち…。出会い、そして別れ。国境を超えた友情に心温まる感動のドキュメンタリー。


▼作品紹介
アイルランド、セネガル、ブラジル、モロッコ、中国…。世界中から11 歳から15 歳の子どもたちがフランスにやって来た。これから1年間、パリ市内にある中学校の同じ適応クラスで一緒に過ごすことになる。24 名の生徒、20 の国籍…。この世界の縮図のような多文化学級で、フランスで新生活を始めたばかりの十代の彼らが見せてくれる無邪気さ、熱意、そして悩み。果たして宗教の違いや国籍の違いを乗り越えて友情を育むことは出来るのだろうか。そんな先入観をいい意味で裏切り、私たちに未来への希望を見せてくれる作品。

▼「バベルの学校」公式サイト
http://unitedpeople.jp/babel/


お気軽にふらっとお越しください。
ご来場、お待ちしております。


******************************
日時:2019年6月19日(水)、開場18:00、上映19:00~20:30(89分)
会場:カフェゆっくり堂 http://www.yukkurido.com(JR戸塚駅東口より徒歩7分)
参加費:1,000円 (学生500円) +ワンオーダー
お申込み:イベントタイトル、お名前、人数、連絡先、ひとことを添えて、ナマケモノ事務局 info@sloth.gr.jpまでお申し込みください。
共催:ナマケモノ倶楽部、カフェ・デラ・テラ
協力:カフェゆっくり堂

2019年05月13日

6/12(水)「タシちゃんと僧侶」上映会

 

スローシネマカフェinカフェゆっくり堂、6月の上映テーマは「教育」


孤児を預かることは、親になる決断。その子の命を救うこと。

第二弾は、チベット僧侶がヒマラヤ山脈の麓で愛と思いやりを学ぶ孤児院を開き、85人の”父”になった感動のドキュメンタリー。(エミー賞2016受賞作)


▼作品紹介
ヒマラヤ山脈の麓で、僧侶ロブサン・プントソックはダライ・ラマ14世の教えを学んでいた。ダライ・ラマ14世からの依頼で彼はチベット仏教を西欧に広めるため、宗教教育者としてアメリカに暮らしていたが、8年前に故郷に戻り、孤児や恵まれない子どもの救済に乗り出す。プントソック僧侶は、孤児院、ジャムセ・ガッサルをヒマラヤ山脈の麓に設立。84人の孤児または親に捨てられた子どもたちを保護し、慈愛の心を持ち、生きていくことを教えている。

84人の子どもたちが生活しているところに新しく加わったのは5歳の女の子・タシ。母を亡くし、アルコール依存症の父に追い出されたタシは新しい環境に順応できるのか・・・


お気軽にふらっとお越しください。
ご来場、お待ちしております。


******************************
日時:2019年6月12日(水)、開場18:00、上映19:00~19:40(39分)
会場:カフェゆっくり堂 http://www.yukkurido.com(JR戸塚駅東口より徒歩7分)
参加費:1,000円 (学生500円) +ワンオーダー
お申込み:イベントタイトル、お名前、人数、連絡先、ひとことを添えて、ナマケモノ事務局 info@sloth.gr.jpまでお申し込みください。
共催:ナマケモノ倶楽部、カフェ・デラ・テラ
協力:カフェゆっくり堂

2019年05月10日

6/5(水)「サティシュの学校 みんな、特別なアーティスト」上映会

 

スローシネマカフェinカフェゆっくり堂、6月の上映テーマは「教育」


本来の教育とはなにか?

第一弾は、ガンディー思想の継承者サティシュ・クマールさんの教育思想から、「学ぶ」ことの意味を探る本作品を上映します。

サティシュさんは、「ヒューマン・スケール(人間の身の丈に合った)教育運動」を展開する中、イギリス南西部にシューマッハー・カレッジを設立しました。「ヒューマン・スケール教育運動」とは、本来の教育のあり方を取り戻そうとする運動のこと。

サティシュさんは言います。「本来の教育とは、知識を詰め込むことではない。すでに備えられている“アーティストとしての自分”に気づくこと」と。「アーティストとは特別な人のことではない。誰もが特別なアーティストなのだ」と。

サティシュさんの教育思想から、私たちの内にある想像力、創造性を呼び起こし、素晴らしい人生を、社会を、未来をつくりだしましょう。さあ、あなたも「サティシュの学校」へ。


サティシュ・クマール(Satish Kumar)
現代を代表するエコロジー思想家。ガンディーの非暴力思想の継承者。インド・ラージャスターン州生まれ。25歳の時、当時4つの核保有国の首都(モスクワ、ロンドン、パリ、ワシントンDC)に核廃絶のメッセージを届ける約13,000㎞の平和巡礼を、無一文・徒歩で2年半かけて踏破。1973年より、経済学者E.F.シューマッハーの呼びかけに応じてイギリスに移住。環境、経済、科学、文化、アート、スピリチュアリティ―の融合を提言する『リサージェンス&エコロジスト』誌の編集主幹となり、現在、名誉編集者。「ヒューマン・スケール教育運動」を展開し、イギリス南西部に「スモール・スクール」と「シューマッハー・カレッジ」を創設した。邦訳書に『君あり、故に我あり』(講談社学術文庫)、『人類はどこへいくのか ほんとうの転換のための三つのS〈土・魂・社会〉』(ぷねうま舎)、『サティシュ・クマールのゆっくり問答with辻信一』『恐れるなかれ(フィアノット)愛と共感の大地へ』(以上SOKEIパブリッシング)などがある。


お気軽にふらっとお越しください。
ご来場、お待ちしております。


******************************
日時:2019年6月5日(水)、開場18:00、上映19:00~20:12(72分)
会場:カフェゆっくり堂 http://www.yukkurido.com(JR戸塚駅東口より徒歩7分)
参加費:1,000円 (学生500円) +ワンオーダー
お申込み:イベントタイトル、お名前、人数、連絡先、ひとことを添えて、ナマケモノ事務局 info@sloth.gr.jpまでお申し込みください。
共催:ナマケモノ倶楽部、カフェ・デラ・テラ
協力:カフェゆっくり堂

Page Topへ