イベント案内

2019年06月29日

7/13(土)スロー・イズ・ビューティフル2019~「つながり」をデザインする生き方へ

環境=文化NGOナマケモノ倶楽部が1999年に設立されてから今年で20年。これまで「スローライフ」や「100万人のキャンドルナイト」などを提唱しつづけてきました。私たちがこれまで活動してきた内容と、これから取り組みたいことをみんなで集まって共有できる「場」をつくりたいと思います。

地域との、自然との、わたし自身との関係性が希薄になるなか、これからの生き方や在り方を、もう一度「スロー」をキーワードにしながら一緒に考えてみませんか? 令和元年の7月13日(土)、ゲストの皆さんにもお越しいただき、お話しや音楽で愉しめるひとときを味わいましょう。

【日時】
2019年7月13日(土)
10時30分〜17時(開場は10時。お昼休憩あり)

【場所】
明治学院大学白金キャンパス・アートホール
(JR品川駅高輪口よりバス10分、白金高輪・白金台・高輪台駅より徒歩7分)
〒108-0071 東京都港区白金台1丁目2
https://www.meijigakuin.ac.jp/access/

【参加費(税込)】※当日精算です
一般3000円(ナマケモノ倶楽部1年間の入会付)、ナマケモノ会員・学生1000円

【お申し込み方法】
※以下のURLより必要事項を入力のうえ、お申し込みください。
https://kokucheese.com/event/index/563859/

【出演】
講演:山崎亮(コミュニティデザイナー)、島村菜津(ノンフィクション作家)
ナマケモノ倶楽部:辻信一、中村隆市、藤岡亜美、小澤陽祐 他

【プログラム】
(午前)10:30〜12:00
ナマケモノになろう! 「スロー運動」とは?
トーク:辻信一、中村隆市、藤岡亜美、小澤陽祐
音楽:遠藤律子(ピアノ)with 山口彰(Bass.)

(お昼休憩)12:00〜13:00

(午後)13:00〜17:00
「つながり」をデザインする生き方へ
トーク:山崎亮、島村菜津、辻信一 他
音楽:yukari(歌)with 遠藤律子+山口彰

「友産友消(ともさんともしょう)」の輪に入ろう!
トーク:藤岡亜美、小澤陽祐、中村隆市 他


プロフィール:

山崎 亮

studio-L代表。東京大学大学院修了。博士(工学)。社会福祉士。建築・ランドスケープ設計事務所を経て、2005年にstudio-Lを設立。地域の課題を地域に住む人たちが解決するためのコミュニティデザインに携わる。まちづくりのワークショップ、住民参加型の総合計画づくり、市民参加型のパークマネジメントなどに関するプロジェクトが多い。「海士町総合振興計画」「studio-L伊賀事務所」「しまのわ2014」でグッドデザイン賞、「親子健康手帳」でキッズデザイン賞などを受賞。主な著書に『コミュニティデザインの時代(中公新書)』『まちの幸福論(NHK出版)』など。

島村 菜津

ノンフィクション作家。東京芸術大学卒。十数年にわたって取材したイタリアの食に関する『スローフードな人生』(新潮文庫)は、日本におけるフローフード運動の先駆けとなった。 主な著書に『フィレンツェ連続殺人』(新潮社)『エクソシストとの対話』(小学館、21世紀国際ノンフィクション大賞優秀賞)『バール、コーヒー、イタリア人』『スローシティ』(光文社新書)ほか。

2019年06月26日

7/17(水)「スラックとプラチャーの音もなく慈愛は世界にみちて」上映会

 

スローシネマカフェinカフェゆっくり堂、7月の上映テーマは「エコロジー」。


7月は、「スローライフ」や「100万人のキャンドルナイト」などを提唱しつづけてきた環境=文化NGOナマケモノ倶楽部の生誕20周年を記念して、2009年よりプロデュースしている映像作品「アジアの叡智」シリーズを毎週上映します。


三回目となる7/17(水)は、禅僧のティク・ナット・ハンが提唱した社会に参画する仏教のあり方「エンゲージド・ブディズム」を描いたシリーズ第5弾を上映します。本作には、誰の心の内にもある仏心や、仏教の根底にあるエコロジー思想を社会にいかしていくための学びが多くつまっています。


ぼくたちの暮らす社会は、物質主義に染め上げられている。商品としての「物」の生産や消費を最優先するなかで、宗教は道徳や倫理とともに地に堕ちた。いや、物質主義こそが一種の“宗教”なのだ。「エンゲージド・ブディズム(社会参画する仏教)」運動の指導者であるタイの二人の賢人の思想と行動から、現代におけるスピリチュアリティ復権の意義を探ってほしい ―――辻信一


スラック・シワラック(Sulak Sivaraksa)
1933年タイ、バンコク生まれ。東南アジアの代表的な知識人、環境・平和活動家。「エンゲージド・ブディズム運動」の指導者。エンゲージド・ブディスト国際ネットワーク(INEB)やNGOサテァンゴーセッナーカプラティープ協会(SNF)など多くの社会運動団体を組織。また、精神修養と生活の場である「ウォンサニット・アシュラム」を創設。社会的企業家としても活躍。タイ語と英語による著書、論文は100点以上にのぼる。1995年、「ライト・ライブリフッド賞」受賞。


プラチャー・フタヌワット(Pracha Hutanuwatra)
1952年生まれ。タイ出身の環境・平和運動指導者。チュラーロンコーン大学教育学部在学中に社会主義運動に参加、後に非暴力思想を学ぶため、仏教僧となる。スラック師やブッダダーサ師に出会いエンゲージド・ブディズム運動に参画。還俗後は、「ウォンサニット・アシュラム」を拠点に社会活動と瞑想を融合させた教育プログラムを展開。現在、世界各地で非暴力社会変革の指導者として活躍中。


上映後、皆さんと一緒に映画の感想などをシェアできれば幸いです。
ご来場、お待ちしております。


▼「スローシネマムーブメント」公式サイト
http://slowcinema.net/welcome/


******************************
日時: 2019年7月17日(水)、開場18:00、上映19:00~20:05(64分)
会場:カフェゆっくり堂 http://www.yukkurido.com(JR戸塚駅東口より徒歩7分)
参加費:1,000円 (学生500円) +ワンオーダー
お申込み:イベントタイトル、お名前、人数、連絡先、ひとことを添えて、ナマケモノ事務局 info@sloth.gr.jpまでお申し込みください。
共催:ナマケモノ倶楽部、カフェ・デラ・テラ
協力:カフェゆっくり堂

2019年06月18日

7/10(水)「ファン・デグォンのLife is Peace」上映会

 

スローシネマカフェinカフェゆっくり堂、7月の上映テーマは「エコロジー」。


7月は、「スローライフ」や「100万人のキャンドルナイト」などを提唱しつづけてきた環境=文化NGOナマケモノ倶楽部の生誕20周年を記念して、2009年よりプロデュースしている映像作品「アジアの叡智」シリーズを毎週上映します。


第二回目の7/10は、韓国の生命平和運動家ファン・デグォンさんに学ぶ「ファン・デグォンのLife is Peace」を上映します。


無実のスパイ容疑で逮捕され、13年間、独房で過ごすことを余儀なくされたファン・デグォンさんが、野草との出会いから編み出したエコロジー思想とは。


釈放後、ファンさんが暮らす韓国南西部のエコビレッジ、生命平和マウル、そして、原発、米軍基地と韓国と同じ問題を抱える沖縄、福岡とファンさんと旅しながら、文化人類学者、辻信一さんが「降りる」、「弱さ」をキーワードに「人間の未来」を問うていきます。


ファン・デグォン(黄大権)
1955年ソウル生まれ。思想家、著述家、「生命平和(ライフピース)運動」活動家。 1985年、留学先の米国から帰国したその日に、身に覚えのないスパイ容疑で当時のKCIA(国家安全企画部)に拘束され、2ヶ月に及ぶ拷問の末、北朝鮮のスパイに仕立て上げられる。死刑求刑後、無期懲役の判決を受け、1998年の特赦による釈放まで13年2ヶ月間、独房で牢獄生活を送る。 釈放後、アムネスティ・インターナショナルの招きで渡欧、ロンドン大学インペリアルカレッジで農業生態学を学ぶ。2002年、獄中から妹に送り続けた絵手紙が『野草手紙』として韓国で出版され、100万部を超えるベストセラーとなった。 現在は、執筆活動の他、ヨングァン市の山中に「生命平和マウル」というコミュニティを建設しながら、エコロジーと平和の運動を展開している。


▼「スローシネマムーブメント」公式サイト
http://slowcinema.net/welcome/


******************************
日時:2019年7月10日(水)、開場18:00、上映19:00~20:15(75分)
会場:カフェゆっくり堂 http://www.yukkurido.com(JR戸塚駅東口より徒歩7分)
参加費:1,000円 (学生500円) +ワンオーダー
お申込み:イベントタイトル、お名前、人数、連絡先、ひとことを添えて、ナマケモノ事務局 info@sloth.gr.jpまでお申し込みください。
共催:ナマケモノ倶楽部、カフェ・デラ・テラ
協力:カフェゆっくり堂

2019年06月11日

7/3(水)「サティシュ・クマールの 今、ここにある未来」上映会

 

スローシネマカフェinカフェゆっくり堂、7月の上映テーマは「エコロジー」。


7月は、「スローライフ」や「100万人のキャンドルナイト」などを提唱しつづけてきた環境=文化NGOナマケモノ倶楽部の生誕20周年を記念して、2009年よりプロデュースしている映像作品スローシネマ「アジアの叡智」シリーズを毎週上映します。


第一回目の7/3は、その記念すべき第一作目を上映します。
出演は西洋と東洋の思想を融合させた現代エコロジーの巨匠サティシュ・クマールさん。現代社会の様々な問題点について、とてもシンプルな言葉で答えてくれています。


特にサティシュさんがいう3つのS(土Soil・心Soul・社会Society)の繋がりは、異常気象による自然災害が多発している今だからこそ、多くの人に聞いて貰いたいメッセージです。


「アジアの叡智」シリーズは、この危機的な状況を、人々が集い、つながり、助け合い、分かち合う好機へと転じていくための、ひとつの手段となることを志しています。本当の豊かさとはなにか、幸せとはなにか、と問い直す、一つのきっかけになれれば幸いです。


サティシュ・クマール(Satish Kumar)
思想家。インド生まれ。E.F. シューマッハとガンジーの思想を引き継ぎ、イギリス南西部にスモール・スクールとシューマッハ・カレッジを創設。エコロジー&スピリチュアル雑誌「リサージェンス」編集長を務めながら、世界中で講演を行う。日本語での著書は『君あり故に我あり』(講談社)はじめ多数。


▼「スローシネマムーブメント」公式サイト
http://slowcinema.net/welcome/


******************************
日時: 2019年7月3日(水)、開場18:00、上映19:00~20:10(70分)
会場:カフェゆっくり堂 http://www.yukkurido.com(JR戸塚駅東口より徒歩7分)
参加費:1,000円 (学生500円) +ワンオーダー
お申込み:イベントタイトル、お名前、人数、連絡先、ひとことを添えて、ナマケモノ事務局 info@sloth.gr.jpまでお申し込みください。
共催:ナマケモノ倶楽部、カフェ・デラ・テラ
協力:カフェゆっくり堂

2019年05月31日

6/26(水)「何のために」上映会+監督トーク

 

スローシネマカフェinカフェゆっくり堂、6月の上映テーマは「教育」


あなたは何のために仕事をしますか。
あなたは何のために人生を生きていきますか。


全国各地での多数の講演や農業と若者を結び付けるプロジェクトなどの活動をしている中村文昭が師匠との出会いを通して、何度も何度も繰り返してきたこの“何のために”という問いかけ。日々起こるどんな些細なことでも“何のために”を考え続け、自分に与えられる役割に全力で取り組んだとき、人生は思いもよらない方向へ走り出しました。ウエディングの仕事も、講演活動も、北海道の農業だって最初は人からの頼まれごとでした。


『人生は“何を”やるかではなくて、“何のため”にやるかが大事なんだ。』
中村が師匠から教わったもっとも大切なことの一つです。


そんな中村文昭との出会いによって人生が変わったという方が全国にたくさんいらっしゃいます。講演会や本やCDなどを通して中村文昭の生き方に触れ、自分の中のスイッチが入り、“何のために仕事をするのか、何のために生きるのか”を日々考えながら生きていると、どんどん人生が好転していったそうです。本作品『何のために』はそんな方々の日常を追いかけたドキュメンタリー映画です。


上映後には鈴木七沖監督によるトークもございます。
この貴重な機会にぜひお越しください。
ご来場、お待ちしております。


▼「何のために」公式サイト
http://www.kurofunet.com/movie/


******************************
日時: 2019年6月26日(水)、開場18:00、上映19:00~20:25(83分)+監督トーク
会場:カフェゆっくり堂 http://www.yukkurido.com(JR戸塚駅東口より徒歩7分)
参加費:1,000円 (学生500円) +ワンオーダー
お申込み:イベントタイトル、お名前、人数、連絡先、ひとことを添えて、ナマケモノ事務局 info@sloth.gr.jpまでお申し込みください。
共催:ナマケモノ倶楽部、カフェ・デラ・テラ
協力:カフェゆっくり堂

Page Topへ