イベント案内

2018年12月13日

12/21-22(金土)ゆっくり小学校のキャンドルナイト~暗闇で学び、ロウソクを灯そう

 

普段の生活から過剰な電気をなくし、闇の中で改めて、自然や人とのつながりを感じる夜。

2018年冬至、前回の夏至に引き続き、今回も2日間おこないます。

ゲストには、大人のための小さな学校「ゆっくり小学校」の教員陣と、杉田かおるさんにお越しいただきます。

また境内や寺内ではマルシェ、カフェ内では杉田かおるさんの母、美年子さんの回顧展を同時に実施します。

ぜひ両日足をお運びください。

 

==============

日時:2018年12月21日(金)18:00~21:00、22日(土)13:30~17:00
※マルシェは本編トークライブに先立って実施しています。
21日(金)16:30~、22日(土)12:30~

会場:善了寺(JR戸塚駅東口より徒歩7分)

参加費:恩送り(このような場が次も続きますようにと、みなさまのお志をお願いしております)

プログラム:
21日(金)
・ゆっくり小学校のオリエンテーション
・チョン先生の「闇でつながる、からだケア」
・ゆっくり小学校の暗闇学
・杉田かおる「瞼の向こうに見えるもの」
22日(土)
・チョン先生の「念仏整体の時間」

お申込:申し込み不要、直接会場までお越しください

主催:冬至キャンドルナイト2018実行委員会
(NPOカフェ・デラ・テラ、明治学院大学国際学部辻ゼミ、ナマケモノ倶楽部)

共催:とつか宿駅前商店会、善了寺

 

――――――――――――――――――――――――――――

≪ゲストプロフィール≫

杉田かおる
俳優。1972年テレビドラマでデビュー。金八先生など多数出演。
2009年からオーガニックに目覚め有機農業やリビングフードなどを学び、シードマイスター取得。2011年震災を機に福岡に移住。一年間松尾靖子さんに師事し自然農を学ぶ。その年ナマケモノツアーでブータンに行きGNHを知る。2014年再びブータンにてオーガニックコットン収穫祭に参加。現在、自然農と在来作物の学びを活動中。

 


ゆっくり小学校・からだ教員 鄭信義(チョンシニ)
整体師。「御影フィール」院長。「御影整体学院」学院長。指圧師に師事した後、整体を専門に学ぶ。様々な店舗で経験を積みながら、専門学校の非常勤講師として活躍。“ストレスの緩和”を目的としたリラクゼーションサロン「御影フィール」を神戸市御影に開院し、これまでに2万人以上の施術を行う。常に1年先まで予約が埋まるほどの多忙な施術活動のほか、高齢者の寝たきり予防、終末ケアなどにも取り組んでいる。真宗大谷派の僧侶でもある。著書に『”スマホ首”があらゆる不調を引き起こす!』(講談社)、『奇跡の腰浮かせ』(講談社)、『「スマホ首」のほぐし方』(宝島社)がある。http://feel.chu.jp/

 

ゆっくり小学校・給食委員 吉村純(よしむらじゅん)

ビーガン・シェフ。「STUDIO VEGAN」主宰。19歳より5年間かけて、20数ヶ国を旅して世界を味わう。ペルー、オーストラリア、東京などのレストランで働き、食文化の多様性を知る。熊本県御船町にある医療機関併設のカフェ勤務を機に、医療と食を結ぶことを、また、熊本地震被災や自身のアレルギー体験から、食に対する根本的な考え方を改める。レストランでの特別な料理から、日常の食卓に注目。“食卓から世界を変える”をコンセプトに、ビーガン料理(野菜料理)の普及のため、「STUDIO VEGAN」を立ち上げた。現在、リノベートした熊本県水俣市の古民家を拠点に、料理教室を主軸に活動。各種イベントでのコラボ食事会、ケータリング、商品開発、畑での野菜作りなどを通し、野菜料理の魅力や料理をする事の大切さ、たのしさを伝えている。https://www.facebook.com/StudioVegan/

 

 

ゆっくり小学校・ようむ員 上野宗則(うえのむねのり)

株式会社素敬代表取締役社長。「ナースのためのエンゼルメイク・アカデミア」主宰。「スロー・デス・カフェ」店主。「SOKEIパブリッシング」発行人。父親の死によって遺族となった経験から、死化粧用品などご遺体ケアの商品づくりや、看取りに立ち会う医療者のための講習会をはじめる。「いまを生きる人々が、死を想い、死から生を学ぶきっかけづくりができれば」をモットーに、日本における“デス・カフェ”の先駆けとして、WS「スロー・デス・カフェ」を行っている。辻信一校長と「スロー・スモール・シンプル」の思想を世に問う書籍や映像作品の制作を共にする。著書に『エンゼルケアのエビデンス!?』(SOKEIパブリッシング)がある。趣味はぶらぶら。民藝や現代アートが好き。 http://yukkuri-web.com/

 

 


ゆっくり小学校・校長 辻信一(つじしんいち)
文化人類学者。自己と社会のホリスティックな変革を目指す環境活動家。明治学院大学国際学部教授。「ナマケモノ倶楽部」世話人。「100 万人のキャンドルナイト」呼びかけ人代表。「Caféゆっくり堂」店主。「スローライフ」、「GNH」、「しあわせの経済」、「ローかりぜージョン」というコンセプトを軸に、環境=文化運動を展開している。『スロー・イズ・ビューティフル』(平凡社)、『ゆっくりノートブック』シリーズ(全8巻、大月書店)、『英国シューマッハー校 サティシュ先生の最高の人生をつくる授業』(講談社)、『弱虫でいいんだよ』 (ちくまプリマー新書) 、『ゆっくり小学校』(SOKEIパブリッシング)など著書多数。『辻信一とともに歩く タシデレ! 祈りはブータンの空に』、『ヒルデガルト 緑のよろこび』(SOKEパブリッシング)など、スローシネマDVDシリーズでは監督と聞き手を務める。趣味は歩くこと、俳句、ヨガ、瞑想、落語家として、ぼちぼち亭ぬうりん坊を名のる。高橋源一郎との共同研究をまとめた『雑の思想』(大月書店)を発刊。

2018年12月12日

12/22(土)夜、カルマキッチン in カフェゆっくり堂vol.2 開催!

 

カルマキッチンが横浜にて開催!
~「恩送り」カフェにようこそ。

旧東海道沿い、善了寺敷地内に、わら壁や自然素材で建てられた、まあるいお堂の「カフェゆっくり堂」が、12月22日(土)冬至の夜、「カルマキッチン」としてオープンします。

旬のお野菜や自然の調味料をつかい、丁寧につくられた食事を、キャンドルのあかりの中、居合わせた人たちとのご縁に感謝しながら、ゆっくりと楽しんでみませんか?

Welcome!と入口で出迎えるスタッフ、注文をとるウェイター、お料理を調理するスタッフ、音楽をセレクトするスタッフ…。みなギフト経済の輪に連なる楽しさを味わいながら、準備をすすめています。

世界はギフトに満ちている。私は一人じゃない。
小さくてあたたかい、遠いのに近い、そんなやさしさが感じられる不思議なレストラン、カルマキッチン。

お席は完全予約制です。
みなさまのご来店、お待ちしています。

愛をこめて・・
カルマキッチン@戸塚
運営スタッフ一同より

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日時:2018年12月22日(土)
時間:17時半~19時半(18時までにお入りください)
*19時すぎよりカルマキッチンで感じたことをシェアしあう時間を設けます。よろしければ引き続きご参加ください。

会場:カフェゆっくり堂(JR戸塚駅東口より徒歩7分)
お席:25席(完全予約制)

申し込み:ナマケモノ倶楽部info@sloth.gr.jp まで
お名前、ご連絡先、人数、ひとことを添えて
「件名:12/22カルマキッチン申込み」でお送りください。

共催:NPO法人カフェ・デラ・テラ
ナマケモノ倶楽部、TUP

協力:カフェゆっくり堂、浄土真宗本願寺派善了寺、カルマキッチン

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<カルマキッチンでは・・・>

この日は、お出迎えするスタッフも、キッチンで腕をふるうスタッフも、みなボランティアとして自分の役割を担っています。

「やさしさ」をベースにしたギフト経済が、この暗澹たる現代において、一筋の光となりますように。

<カルマキッチンについて、もっと学びたい方へ>

●アメリカではじまった「カルマキッチン」(動画、日本語字幕付)
https://youtu.be/8YaAMcAIQC8

●greenz記事(カルマキッチン、日本での広まり)
https://greenz.jp/2013/08/23/karma_kitchen/

2018年11月30日

12/13(木)アナンと辻のSpicy Night~世界の複雑さを愛そう!

 

『雑の思想』刊行記念トーク!

2018年も押し迫った師走のスパイシーナイトはぜひご参集を!!
辻さんが長年注目、研究してきた『雑』が、高橋源一郎さんとの共同研究を経て、ついに『雑の思想』として書籍化!

その出版を記念して、辻さんの大ファンでもある?アナンさんと辻さんがいつも以上に楽しく雑談を繰り広げます。

辻さんからは、雑×エコロジー、雑の経済学など、本をまとめるうえで大切にしてきたことを、アナンさんからはこの季節にお役立ちのシナモンを切り口に、暮らしに直結するスパイス小噺をおはなしいただきます。

江ノ電・極楽寺でスパイスの会社を営むアナンさん。

Internet of Spice


「スパイスは雑だ!」と意気投合したカフェゆっくり堂店主・辻信一が聞き手となり、アナンさんに聞くスパイスの深くて、スローな世界へ、みなさまを誘います。

カフェでは、アナンさんのスパイスをつかったイベント限定のお野菜を中心としたフードやアルコールをご用意してお待ちしています。ぜひお気軽にご参加ください!

日時:12月13日(木)19時~20時半(開場18時)
会場:カフェゆっくり堂(JR戸塚駅東口より徒歩8分)
参加費:1000円+1オーダー

ゲスト:アナンさん(極楽寺のアナン株式会社代表)
聞き手:辻信一(文化人類学者、カフェゆっくり堂店主)

お申込み:イベント名、お名前、人数、連絡先、ひとことを添えて、ナマケモノ倶楽部 info@sloth.gr.jp までお申し込みください。

共催:カフェ・デラ・テラ、ナマケモノ倶楽部
協力:カフェゆっくり堂

2018年11月30日

12/14(金)高橋源一郎×辻信一「雑」の思想 刊行記念! That’s it!ファイナル?

 

高橋源一郎さんのプレ最終講義!

作家・高橋源一郎さんと文化人類学者・辻信一さんによる、3年にわたる「雑」をめぐる研究の集大成がついに『「雑」の思想』(大月書店)として刊行されました!

二人の勤め先である戸塚で400年の歴史をもつ浄土真宗本願寺派善了寺でも何度となく繰り広げられた「雑」の思想をめぐる二人のまなざし。

刊行を記念して、「雑」とエコロジー、「雑」と民主主義、そして「雑」をめぐる経済学について、お二人にお話しいただきます!
サイン会も開催、ぜひご著書をお求めください。

カフェからは旬のお野菜をたっぷりつかった「ごはんプレート」に戸塚のクラフトビール、オーガニックワイン、自然酒などをとりそろえています。お二人の多様で愛にあふれた「雑」への好奇心に一緒に乾杯!しませんか? ご予約おすすめします。ご来場お待ちしております。

************
日時:2018年12月14日(金)19:00-20:30(開場18:00)
会場:カフェゆっくり堂(JR戸塚駅東口より徒歩7分)

ゲスト:高橋源一郎(作家)、辻信一(文化人類学者)

参加費:
2000円(『雑の思想』1冊つき)+ワンオーダー、または800円(参加費のみ)+ワンオーダー
学生300円+ワンオーダー

お申込:お名前、人数、ご連絡先、ひとことを添えて、info@sloth.gr.jp ナマケモノ倶楽部までお申し込みください。

主催:ナマケモノ倶楽部

協力:カフェゆっくり堂、NPOカフェ・デラ・テラ、善了寺

2018年11月01日

12/6&12/20「サティシュの学校 ~みんな、特別なアーティスト~」完成記念上映会

 

 

内側に秘められたものを引き出すような、本来の教育を

ガンディー思想の継承者サティシュ・クマールは、「ヒューマン・スケール(人間の身の丈に合った)教育運動」を展開する中、イギリス南西部にシューマッハー・カレッジを設立した。「ヒューマン・スケール教育運動」とは、本来の教育のあり方を取り戻そうとする運動のこと。では、本来の教育とはなにか?サティシュの教育思想から「学ぶ」ことの意味を探る...。

記念すべきスローシネマ第一作『サティシュ・クマールの今、ここにある未来』の完成から8年、制作チームはいま一度、サティシュの言葉にじっくりと耳を傾け、彼の思想を学びなおす作品を手がけたいと、イギリスの南西部に位置する「シューマッハー・カレッジ」へ飛びました。

サティシュさんの存在、言葉、エネルギーは、つい“怖れ”の中に陥ってしまいそうな私たちを、いつも励まし、勇気づけてくれるものです。彼が眼の前にいなくても、映像を観ればすぐに寄り添ってくれるような、イキイキとした息づかいの伝わる作品をいま一度つくりたい、そんな想いが本作品には込められています。

上映後は、製作者の辻信一さんと上野宗則さんを囲んでシェアリングを行い、さらに学びを深めたいと思います。(12/6のみ実施)
またカフェ(18:00open)では、イベント限定の有機野菜をたっぷり使ったフードやアルコールをご用意してお待ちしています。
ぜひお気軽にお越しください。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日時:2018年12月6日(木)、12月20日(木)
開場18:00、上映19:00~20:12(72分)、トーク20:30~21:00(30分)
※トークショーは12/6のみとなります
会場:カフェゆっくり堂 http://www.yukkurido.com(JR戸塚駅東口より徒歩7分)
参加費:1,000円+カフェでのワンオーダー
お申込み:イベントタイトル、お名前、人数、連絡先、ひとことを添えて、ナマケモノ事務局 info@sloth.gr.jpまでお申し込みください。
主催:ナマケモノ倶楽部
協力:カフェ・デラ・テラ、カフェゆっくり堂
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

サティシュ・クマール(Satish Kumar)
現代を代表するエコロジー思想家。ガンディーの非暴力思想の継承者。インド・ラージャスターン州生まれ。25歳の時、当時4つの核保有国の首都(モスクワ、ロンドン、パリ、ワシントンDC)に核廃絶のメッセージを届ける約13,000㎞の平和巡礼を、無一文・徒歩で2年半かけて踏破。1973年より、経済学者E.F.シューマッハーの呼びかけに応じてイギリスに移住。環境、経済、科学、文化、アート、スピリチュアリティ―の融合を提言する『リサージェンス&エコロジスト』誌の編集主幹となり、現在、名誉編集者。「ヒューマン・スケール教育運動」を展開し、イギリス南西部に「スモール・スクール」と「シューマッハー・カレッジ」を創設した。邦訳書に『君あり、故に我あり』(講談社学術文庫)、『人類はどこへいくのか ほんとうの転換のための三つのS〈土・魂・社会〉』(ぷねうま舎)、『サティシュ・クマールのゆっくり問答with辻信一』『恐れるなかれ(フィアノット)愛と共感の大地へ』(以上SOKEIパブリッシング)などがある。

1 / 5112345...102030...最後 »
Page Topへ