イベント

2019年06月11日

7/3(水)「サティシュ・クマールの 今、ここにある未来」上映会

 

スローシネマカフェinカフェゆっくり堂、7月の上映テーマは「エコロジー」。


7月は、「スローライフ」や「100万人のキャンドルナイト」などを提唱しつづけてきた環境=文化NGOナマケモノ倶楽部の生誕20周年を記念して、2009年よりプロデュースしている映像作品スローシネマ「アジアの叡智」シリーズを毎週上映します。


第一回目の7/3は、その記念すべき第一作目を上映します。
出演は西洋と東洋の思想を融合させた現代エコロジーの巨匠サティシュ・クマールさん。現代社会の様々な問題点について、とてもシンプルな言葉で答えてくれています。


特にサティシュさんがいう3つのS(土Soil・心Soul・社会Society)の繋がりは、異常気象による自然災害が多発している今だからこそ、多くの人に聞いて貰いたいメッセージです。


「アジアの叡智」シリーズは、この危機的な状況を、人々が集い、つながり、助け合い、分かち合う好機へと転じていくための、ひとつの手段となることを志しています。本当の豊かさとはなにか、幸せとはなにか、と問い直す、一つのきっかけになれれば幸いです。


サティシュ・クマール(Satish Kumar)
思想家。インド生まれ。E.F. シューマッハとガンジーの思想を引き継ぎ、イギリス南西部にスモール・スクールとシューマッハ・カレッジを創設。エコロジー&スピリチュアル雑誌「リサージェンス」編集長を務めながら、世界中で講演を行う。日本語での著書は『君あり故に我あり』(講談社)はじめ多数。


▼「スローシネマムーブメント」公式サイト
http://slowcinema.net/welcome/


******************************
日時: 2019年7月3日(水)、開場18:00、上映19:00~20:10(70分)
会場:カフェゆっくり堂 http://www.yukkurido.com(JR戸塚駅東口より徒歩7分)
参加費:1,000円 (学生500円) +ワンオーダー
お申込み:イベントタイトル、お名前、人数、連絡先、ひとことを添えて、ナマケモノ事務局 info@sloth.gr.jpまでお申し込みください。
共催:ナマケモノ倶楽部、カフェ・デラ・テラ
協力:カフェゆっくり堂

2019年05月31日

7/13(土)スロー・イズ・ビューティフル2019~「つながり」をデザインする生き方へ

環境=文化NGOナマケモノ倶楽部が1999年に設立されてから今年で20年。これまで「スローライフ」や「100万人のキャンドルナイト」などを提唱しつづけてきました。私たちがこれまで活動してきた内容と、これから取り組みたいことをみんなで集まって共有できる「場」をつくりたいと思います。

地域との、自然との、わたし自身との関係性が希薄になるなか、これからの生き方や在り方を、もう一度「スロー」をキーワードにしながら一緒に考えてみませんか? 令和元年の7月13日(土)、ゲストの皆さんにもお越しいただき、お話しや音楽で愉しめるひとときを味わいましょう。

【日時】
2019年7月13日(土)
10時30分〜17時(開場は10時。お昼休憩あり)

【場所】
明治学院大学白金キャンパス・アートホール
(JR品川駅高輪口よりバス10分、白金高輪・白金台・高輪台駅より徒歩7分)
〒108-0071 東京都港区白金台1丁目2
https://www.meijigakuin.ac.jp/access/

【参加費(税込)】※当日精算です
一般3000円(ナマケモノ倶楽部1年間の入会付)、ナマケモノ会員・学生1000円

【お申し込み方法】
※以下のURLより必要事項を入力のうえ、お申し込みください。
https://kokucheese.com/event/index/563859/

【出演】
講演:山崎亮(コミュニティデザイナー)、島村菜津(ノンフィクション作家)
ナマケモノ倶楽部:辻信一、中村隆市、藤岡亜美、小澤陽祐 他

【プログラム】
(午前)10:30〜12:00
ナマケモノになろう! 「スロー運動」とは?
トーク:辻信一、中村隆市、藤岡亜美、小澤陽祐
音楽:遠藤律子(ピアノ)with 山口彰(Bass.)

(お昼休憩)12:00〜13:00

(午後)13:00〜17:00
「つながり」をデザインする生き方へ
トーク:山崎亮、島村菜津、辻信一 他
音楽:yukari(歌)with 遠藤律子+山口彰

「友産友消(ともさんともしょう)」の輪に入ろう!
トーク:藤岡亜美、小澤陽祐、中村隆市 他


プロフィール:

山崎 亮

studio-L代表。東京大学大学院修了。博士(工学)。社会福祉士。建築・ランドスケープ設計事務所を経て、2005年にstudio-Lを設立。地域の課題を地域に住む人たちが解決するためのコミュニティデザインに携わる。まちづくりのワークショップ、住民参加型の総合計画づくり、市民参加型のパークマネジメントなどに関するプロジェクトが多い。「海士町総合振興計画」「studio-L伊賀事務所」「しまのわ2014」でグッドデザイン賞、「親子健康手帳」でキッズデザイン賞などを受賞。主な著書に『コミュニティデザインの時代(中公新書)』『まちの幸福論(NHK出版)』など。

島村 菜津

ノンフィクション作家。東京芸術大学卒。十数年にわたって取材したイタリアの食に関する『スローフードな人生』(新潮文庫)は、日本におけるフローフード運動の先駆けとなった。 主な著書に『フィレンツェ連続殺人』(新潮社)『エクソシストとの対話』(小学館、21世紀国際ノンフィクション大賞優秀賞)『バール、コーヒー、イタリア人』『スローシティ』(光文社新書)ほか。

2019年05月31日

6/26(水)「何のために」上映会+監督トーク

 

スローシネマカフェinカフェゆっくり堂、6月の上映テーマは「教育」


あなたは何のために仕事をしますか。
あなたは何のために人生を生きていきますか。


全国各地での多数の講演や農業と若者を結び付けるプロジェクトなどの活動をしている中村文昭が師匠との出会いを通して、何度も何度も繰り返してきたこの“何のために”という問いかけ。日々起こるどんな些細なことでも“何のために”を考え続け、自分に与えられる役割に全力で取り組んだとき、人生は思いもよらない方向へ走り出しました。ウエディングの仕事も、講演活動も、北海道の農業だって最初は人からの頼まれごとでした。


『人生は“何を”やるかではなくて、“何のため”にやるかが大事なんだ。』
中村が師匠から教わったもっとも大切なことの一つです。


そんな中村文昭との出会いによって人生が変わったという方が全国にたくさんいらっしゃいます。講演会や本やCDなどを通して中村文昭の生き方に触れ、自分の中のスイッチが入り、“何のために仕事をするのか、何のために生きるのか”を日々考えながら生きていると、どんどん人生が好転していったそうです。本作品『何のために』はそんな方々の日常を追いかけたドキュメンタリー映画です。


上映後には鈴木七沖監督によるトークもございます。
この貴重な機会にぜひお越しください。
ご来場、お待ちしております。


▼「何のために」公式サイト
http://www.kurofunet.com/movie/


******************************
日時: 2019年6月26日(水)、開場18:00、上映19:00~20:25(83分)+監督トーク
会場:カフェゆっくり堂 http://www.yukkurido.com(JR戸塚駅東口より徒歩7分)
参加費:1,000円 (学生500円) +ワンオーダー
お申込み:イベントタイトル、お名前、人数、連絡先、ひとことを添えて、ナマケモノ事務局 info@sloth.gr.jpまでお申し込みください。
共催:ナマケモノ倶楽部、カフェ・デラ・テラ
協力:カフェゆっくり堂

2019年05月31日

6/14(金)先住民族の視点から「開発」を問い直す~二風谷から貝澤耕一さんを迎えて

ナマケモノ倶楽部発足前から文化人類学者で環境運動家の辻信一さんと30年近く親交をもち続けてきたアイヌ民族で文化伝承者の貝澤耕一さんが戸塚に!

環境=文化運動を提唱してきたナマケモノ倶楽部にとって、原点ともいえる先住民族の文化と生態系をまもることの意義について、経済優先のシステムの限界が見えてきているいま、もう一度しっかりお話を伺いたいと思います。

聞き手、コメンテーターに、北米先住民族研究にとりくまれている野口久美子先生も参加くださいます。とても貴重な機会です。ぜひお集まりください。

日時:2019年6月14日(金)19時~20時半(開場18時)
会場:カフェゆっくり堂(JR戸塚駅東口より徒歩8分)
参加費:1000円+ワンオーダー
お申込み:お名前、人数、連絡先、ひとことを添えてナマケモノ倶楽部(info@sloth.gr.jp)までお申し込みください。

主催:ナマケモノ倶楽部
共催:NPO法人カフェ・デラ・テラ、明治学院大学国際学部野口ゼミ、大岩ゼミ

■スピーカー:貝澤耕一 
1946年、北海道二風谷生まれ・在住。アイヌ民族の復権運動に尽力した父・貝澤正(故人)氏、アイヌ民族で初の国会議員となった萱野茂氏(故人)と二風谷ダム開発計画に異を唱え、土地の強制収用をめぐり、裁判で闘った(1997年結審)。
日本の開拓の歴史の中で失われてきたアイヌ本来の森を取り戻そうと、1994年、NPO法人ナショナルトラスト・チコロナイ(アイヌ語で「私たちの沢」の意)を設立。代表理事として森の再生と文化継承に取り組む。「平成25年度アイヌ文化奨励賞」受賞。
NPO法人ナショナルトラスト・チコロナイ https://blog.goo.ne.jp/cikornay

2019年05月31日

夏至キャンドルナイト2019 ~ローカル・フューチャーを戸塚から

あたらしい元号になって初めてのキャンドルナイト夏至。

今年は、農半歌手のYaeさんがキャンドルナイトミニライブに出演いただけることになりました。土に還る素材で建てられた善了寺のお堂と、Yaeさんの歌声。
すべてのいのちへの想いを胸に、時間を共に過ごせたらと思います。

<開催概要>

日時:2019年6月21日(金)18:00~21:00(開場17:00)
      6月22日(土)13:30~17:00(開場13:00)
*ゆっくりマルシェ2日間、同時開催!
(精進弁当、軽食、お野菜、パン、発酵食品、草木染、手作りアクセサリー、似顔絵描き、屋台など)

会場:善了寺本堂 (JR戸塚駅東口より徒歩7分)詳しくはこちら

参加費:恩送り
(このような場が次に続くよう、みなさまのお気持ちをお願いしています)

お申込み:不要

主催:夏至キャンドルナイト2019実行委員会
(明治学院大学国際学部辻ゼミ、とつか宿駅前商店会、NPOカフェ・デラ・テラ、ナマケモノ倶楽部)
協力:善了寺

●21日(金)プログラム

17:00 開場、マルシェopen!
18:00 平和法要
    トーク:若者たちの挑戦!
<ゲスト>
Spiral Club(環境問題をもっと気軽に話そうで集うグループ)
Fridays for Future Tokyo(グレタさんが提唱するグローバルストライキに賛同する日本の学生たち)
土井和裕さん(戸塚、有機農業)
みらい麦畑化計画(戸塚、横浜市立大学メンバー)

MC:松崎理留、深澤留衣(明治学院大学国際学部)

19:30 マルシェタイム(休憩)

20:00  消灯(マルシェ終了)
     ダイアローグ:ローカル・フューチャーを戸塚から

 上記ゲスト4組+
 コメント:辻信一(ナマケモノ倶楽部代表、文化人類学者)
     Yae(半農半歌手)

20:30 キャンドルナイトミニライブ
     Yae(半農半歌手)

21:00 閉会

1 / 6812345...102030...最後 »
Page Topへ