そのほかのコラム

2014年12月08日

「かたりべからす」あとがき ウチダゴウ

その他

20100122_815002

『かたりべからす』あとがき
ウチダゴウぼくは、何をするにも、みんなより少し時間のかかる子どもでした。
算数の応用問題は基本に立ち返らないとわからない。ひとつひとつ書きたいことを箇条書きにしてから作文を書く。一度風邪を引けば、数日寝込まないと治らない。大好きな女の子との別れをずるずると引きずる。そんな自分を変えたいという気持ちもあったし、そのための努力もしました。でも、あるとき、そういう営みから、一歩身を引きました。これはしかたのないこと。ぼくは、こういうぼくと生きなければならない。そう思ったんです。

しかたがないなあ、もう、と言いながら、ずっと一緒にやっていくこと。

社会も、世界も、人間も、どうしようもないことをたくさんやらかします。それらをひとつひとつ手で掬って見つめていると、どうしようもなく悲しくなってきます。こんなもの、いっそ、消えてしまえばいい。暴れたくなることもあります。

しかたがないなあ、もう。

ぼくはそんなとき、そう言って、そのどうしようもないものと付き合うことにします。どうしようもないものに背を向けたくなる自分のどうしようもなさとも、付き合うことにします。夕暮れの河川敷に座って、どうしようもなく、ただ過ごす。無理矢理励ましたりはしません。もう少し絶望していたい雰囲気なら、ちゃんと絶望します。
すると、ちょっとだけ不思議なことが起こります。さっきまで硬くて冷たくて憎らしかったどうしようもないものが、じわんと柔らかくなって温もりを放つのです。その温もりの、なんとまあ愛らしいこと。いいよいいよ、ゆっくりやろうぜ。お前もぼくもホントどうしようもないなあ。しかたがないなあ、もうしばらく、付き合ってやるよ。

社会も、世界も、人間も、どうしようもないことをたくさんやらかします。悲しくて、切なくて、悔しくて、虚しくて、やりきれない日々がつづきます。それでも、ぼくはもう少し、かれらと付き合うことにします。どうしようもないものに背を向けたくなる自分のどうしようもなさとも、もう少し付き合うことにします。どうしようもないものがじわんと放つあの温もりが、それを愛らしいと思えるぼくを、どうにも捨て切れないから。

しかたがないなあ、もう、と言いながら、ずっと一緒にやっていくこと。
どうです?みなさんも一緒に、しかたがないなあ、もう、でいきませんか。

>>『かたりべからす』ご注文はこちら

13
14

2014年01月23日

私は楽天家である サティシュ・クマール(『リサージェンス』2013年11-12号より)

辻 信一

1554609_10202373853681592_230513219_n

resurgence誌の2013年11~12月号、編集主幹サティシュ・クーマルによる巻頭の文章。新年のために書かれたものではないが、ぼくには年頭にふさわしいものに思える。
危機が深まりゆく今、悲観主義の罠に陥ることなく、晴れやかな心で歩み始めたい。

辻信一

___________________________
私は楽天家である
サティシュ・クマール

歴史は次のことをはっきりと示しています。あらゆる大変革の背後には、新しい社会秩序のビジョンを実現するために献身的に活動する楽天家たちの一群があった、ということ。はじめは極端な考えだとか、取るに足らぬ運動だとか思われたものが、結局は主流の現実となっていったわけです。

例えば、奴隷制を終わらせるという考えは、当初あまりにも理想主義的だと見なされ、経済にも大きな打撃を与えるものとして否定されていた。でも、結局は希望と楽観が勝利したわけです。同じように、割とつい最近まで女性に投票権を与えたり、政治に参加させたりすることは無意味なことだと多くの男性が考えていました。しかし今はどうでしょう。多くの国の首班を女性が務めているばかりか、国会議員、大使、裁判官、会社のCEOなど、女性が社会における指導的な役割を果たすのは当たり前になっています。50年前には米国で黒人は投票することさえできなかったのに、今ではホワイトハイスに黒人の大統領がいます。

南アフリカで、アパルトヘイト制度に反対するだけで撃ち殺されたり投獄されたりしたのは、そんなに昔のことではありません。しかし今や、ネルソン・マンデラは希望を象徴する存在となり、その倫理的、政治的な偉大さによって世界中から尊敬を集めている。かつて「日が沈むことはない」とまで言われた大英帝国では、植民地主義への反対闘争にテロリズムのレッテルを貼ったものです。でも、ガンディーのような楽観主義者のおかげで、その帝国主義は過去の物語となりました。共産党、赤軍、そしてソビエトによる中央アジアや東ヨーロッパへの支配は不滅と言われましたが、ここでもまた、楽観主義が勝利をおさめました。ベルリンの壁は崩壊し、その権力は昔に比べればずっと分散化しました。こうした例を挙げればまだまだリストは長くなるでしょう。そのこと自体、思想と楽観主義がもつ力というものを示しているでしょう。そしてそれらが献身的な努力と行動に支えられた時には、人々の意識を変え、古いパラダイムを溶解し、より道徳的で公正な社会秩序の基礎を築くことも可能だということです。

ユートピアなどというものは存在しません。とはいえ、楽天主義者にとって地球とそこに暮らす人類とは、常に進化し続ける現象に他なりません。私たちはみな、変化のプロセスの一部なのです。もちろん、その変化がどの方に向かうかはわかりません。人類がより利己主義的な方向に進化することもあれば、より平等な方へ向かうこともありえます。我々は支配を学ぶこともできれば、参加し協力し合うことを学ぶこともできる。愛する能力を獲得することも、憎悪する能力を習得することも。

この潜在的な可能性を信じること、そして、よりよい方向を選択することが可能なのだと考えること自体が楽観主義なのです。一方、悲観主義とはこの潜在的な可能性を見失うことです。「貪欲でわがままで暴力的なのは人間の本性であり、どうすることもできない」と、悲観主義者は考えます。一方、楽観主義者によれば、人間の心には利他の種子が備わっています。貪欲の雑草がはびこるのを抑えながら、シェア(分かち合い)とケア(助け合い)の種を育てるのです。
産業による自然界の大規模な搾取と破壊は、歴史上、ごく最近の出来事に過ぎません。人間によってつくり出されたことは、人間によって変えることができるのです。ですから、ぜひ力を合わせて経済を、産業を、政治をデザインし直そうではありませんか。
(後略)

>>リサージェンス誌の年間購読お申し込みはこちら

2012年04月18日

「地球1個分の暮らし」からはじめよう~「キャンドルナイトツアー2012」レポート

その他

岩澤直香
(ナマケモノ倶楽部事務局)

原発大震災311から1年を迎えるにあたって、スロームーブメントを広めていただく応援のため、ナマケモノ倶楽部共同代表であり、環境活動家、シンガーソングライターのアンニャ・ライトさんに来ていただきました。

昨年は、事故から1ヶ月後のアースデイに合わせての来日。そして今回は、約3週間弱とこれまでよりも少し長い滞在となりました。
(さらに…)

2012年01月11日

小さいことは美しい~丹羽さん流「引き算」スローライフ

その他

文:馬場直子(ナマケモノ倶楽部事務局)

JWAVE「ロハスサンデー」ナビゲーター、着なくなった洋服とストーリーを交換する「xChange」の仕掛人、311以降は救援物資集めや四国への疎開プロジェクト支援などで活躍中の丹羽順子さん。若いママでもある丹羽さんの等身大の発信に、アイデアをもらったり、勇気づけられている人もたくさんいることでしょう。

その丹羽さんが昨年夏に1冊の本を出版されました。タイトルは『小さいことは美しい~シンプルな暮らし実践法』(扶桑社)。白いシンプルな表紙には、とてもリラックスした表情の丹羽さんが写っています。

(さらに…)

2012年01月05日

自然とつながること~押し花カレンダーに込めた想い

その他
文:塚本和枝

「海の幸せ」:塚本和枝作

今、海は幸せなのでしょうか?

津波がこなければ想定外の災害にはならなかったというメディアの言葉に、「海」が悪者になってしまった大震災でした。

この夏、浜から見る太平洋は哀しい色に見えました。波間に広がる泡の花は心を静めてくれるし、岩に砕けては引いてゆく波の音は子守唄になる、癒してもらうだけの場所が少し違って見えました。潮が引いている時は沖の岩も見えるけど、満ちてくれば、見上げるような岩も殆んど隠れてしまうという。上方の砂も波模様なのが綺麗だけでなく海の怖さも感じました。

(さらに…)

1 / 3123
Page Topへ