「中村 隆市」のコラム

2017年04月10日

スロービジネスの「航海」に出よう!人生を「後悔」しないために。

中村 隆市

ゆっくり堂「公開」役員会 “こんな人を雇いたい”
スロービジネスの「航海」に出よう!人生を「後悔」しないために。

4月17日(月)夜に、横浜市戸塚の善了寺にて開催される「ゆっくり堂”こんな人を雇いたい”公開役員会」(詳細こちら)に先立ち、社長の中村隆市さんと、役員の辻信一さんがその事業構想について話し合いました。

■あたらしい事業を興していきたい

中村:この30年、フェアトレードといわれる仕事をやってきて、グローバリゼーションの恐ろしさを改めて感じています。世界で拡大している貧富の格差を小さくすることがフェアトレードの目標の一つですが、国際NGOオックスファムが今年1月、世界人口の半分にあたる36億7500万人の経済的に恵まれない人々の資産合計と、世界で最も裕福な8人の資産合計がほぼ同じだと発表しました。36億人の平均資産は1人約1万3000円で、8人の平均資産は約6兆円。実に4.6億倍にもなっています。

貧富の格差が過去にない極限状況に達しています。 このグロテスクな格差の拡大が日本も含めて世界に広がり、様々な社会問題や環境問題を悪化させています。これはつまり、いのちが軽視されている社会だということです。それを解決するために、有限会社ゆっくり堂を、辻さんや若い仲間たちと2003年に立ち上げました。分断されたつながりを、スロービジネスをツールに取り戻していきたい、という思いがあります。

辻:中村さんとはもう20年来の友人です。ぼくらは1999年にナマケモノ倶楽部というNGOを作りました。ナマケモノ倶楽部では、環境運動と文化運動とビジネスを三位一体として展開していくことを掲げたわけですが、発足当初から、いくつも社会的な起業を生み出してきました。コーヒー屋がつくったカフェ(カフェスロー)とかね。そして、ゆっくり堂は、運動を学問として深めていくための、メディア(出版)の役割を担うべく誕生しました。
(さらに…)

2016年05月07日

5/28(土): 地球とともに生きる ~ これからのスローな生き方、暮らし方

アンニャ・ライト

地球とともに生きる
~ これからのスローな生き方、暮らし方

さわやかな風 かがやく新緑
四季がめぐる美しさにふと感謝するこの季節に お二人のゲストを迎え、自然とともにある暮らし方、生き方についてお話を伺います。

20160506_1637114
(さらに…)

2012年12月27日

【レポート】100人の母たちwithナマケモノ・Nuclear Free Now&カフェスロー

中村 隆市

岩見 弥生子
(ナマケモノ倶楽部事務局)

奇しくも衆議院選挙の前日・当日となった12/15(土)・16(日)、東京・日比谷と福島・郡山で開催された「Nuclear Free Now」に出展しました。

そしてこの日のために、「100人の母たち」の写真家、亀山ののこさんが福岡から駆けつけてくれました。

20121215-16NFN (6) (さらに…)

2012年11月15日

12/15(土)「ホーキする生き方~100人の母たちと創るポスト3・11」

中村 隆市

★★ゲストアーティスト決定!★★
自らもお母さんであり、ヨガの先生もされている、透明感あふれるシンガー、Comugiさんのスペシャルライブが決定しました!
さらにジャズピアニスト遠藤律子さんも特別ゲストでピアノを披露くださいます。「100人の母たち」との素敵なコラボ、ぜひご期待下さい!

★★15-16「Nuclear Free Now」@日比谷 のの子さん参加決定!★★
「Nuclear Free Now」@日比谷公園に、のの子さんご本人も参加!
親子撮影会+トークショーなどを行います!


11月1日、九州で1冊の本が産声をあげました。タイトルは『100人の母たち』(南方新社)。自らも二児の母である写真家・亀山ののこさんによる作品集です。

  (さらに…)

2011年11月06日

原発事故・放射能に関して 若い人たちからの質問に答えて

中村 隆市

下記は中村隆市ブログ「風の便り」に書いた抜粋です。詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

今回の福島原発の事故は、放射能の放出量がよく分かっていません。

保安院は、大気中にチェルノブイリの15%以上を放出していると発表していますが、汚染水として地下や海に流れている量はよく分かっていません。

(さらに…)

1 / 212
Page Topへ