●最新情報は、「ブータン・GNHブログ」へ。

2016年11月東部ブータンツアー、募集開始!
映画タシデレ!の舞台、チモン村でオーガニックコットン収穫&足るを知る暮らしに触れる5日間

●ブータン概要

ヒマラヤに位置する人口70万人、面積38,394ku(九州と同じくらい)の小国。標高300m〜7500mと多様性に富み、日本と同じく四季があります。首都はティンプー。7割が米を中心とした自給的な暮らしを営んでいます。立憲君主制。仏教国。公用語は英語とゾンカ語。通貨はヌルタム。

1972年に第4代ジグメ・ワンチュック国王が「GNP(国民総生産)より大切なのはGNH(国民総幸福)」と発言。以来、1:社会経済的発展、2:文化遺産の伝承と促進、3:環境保全、4:よき統治の4つを掲げたGNH政策を推進してきました。2008年の第5代国王戴冠式、総選挙&新憲法制定とブータンへの注目度が高まっています。

 

●GNHツアーの特徴

「GNH」(国民総幸福)のHはハピネス。お金では買うことのできない「豊かさ」を、水、土、生態系、コミュニティ、家族、ローカリズム、農、食、時間、伝統文化といったキーワードで考えてみませんか?

ナマケモノ倶楽部がプロデュースするGNHツアーは、参加型、そして生態系や地域の人々、文化に配慮したツアーが特徴です。たとえば、ブータンでは、住民と一緒にゴミ拾いをしたり、民家でのファームステイ体験、自然に囲まれての瞑想タイム、ツアー参加者たちとのシェアリング・サークル、住民たちとの対話などのプログラムを通じて、自然や人とのつながりを育みます。

一方、このツアーははじまりにすぎません。大切なのは旅が終わった後、みなさんが日本でどう自分のライフスタイルと向き合っていくかにかかっています。世界をちょっとずつ変えていく、スローツーリズムを一緒につくっていきませんか?

new2016年7月ツアー報告を読む(PDF,10MB)

2014年11月ツアー報告を読む(ブログへ飛びます)

2014年9月ツアー報告を読む(ブログへ飛びます)

2013年9月ツアー報告を読む(PDF、1MB)

2013年3月ツアー報告を読む(ブログへ飛びます)

2012年11月ツアー報告集を読む(PDF、3MB)

2012年09月ツアー報告を読む(HPへ飛びます)

2012年03月ツアー報告集を読む(PDF、3MB)

2011年02月ツアー報告集を読む(PDF、7MB)

2009.03月ツアー報告集を読む(PDF、3MB)

2007.03月ツアー報告集を読む(PDF、2MB)

2007.09月ツアー報告集を読む(PDF、2MB)

 

●ブータンの案内人、ペマ・ギャルポ

ブータン・エンシェント・ツアーズ&トレック代表。ティンプーにオフィスを構えるブータン政府認定ツアーガイド。東部ブータン出身。

農家でのホームステイ、村人との共同エコアクション、森林での瞑想体験など、ブータンの多様性豊かな文化と精神性に触れる参加型プログラムを提供。これまでに多くの日本人をはじめ海外ツアー客をおもてなし。人懐っこい笑顔と手配のきめ細やかさが人気の秘密。近年、日本語も勉強中。

辻信一さんと前世は「兄弟」だったと信じている。辻さんとともに「エコ・スピリチュアル・ツアー」をプロデュース、若者たちに「GNH」の真髄を「体験」として伝える努力を惜しまない。2007年、2008年来日。


●モデルプラン(9泊11日)

           旅 程   移 動
食事
宿泊
3/18
(木)
成田 → バンコク・午後、成田空港集合。
夕方、成田発。
・深夜バンコク到着。専用ヴァンにて市内のホテルへ。
・翌日に備え就寝。
・飛行機
・バンコク市内:ヴァン

(機中)
バンコク市内
3/19
(金)
バンコク → パロ → ティンプー
・未明、専用ヴァンにて空港へ。早朝、タイ出国。
・ヒマラヤ山脈に囲まれたパロ国際空港到着。ペマさん出迎え
・昼食後、ブータンの首都、ティンプーへ移動。
・民族衣装店、伝統医療院訪問。夕食時シェアリング・サークル。
・飛行機
・バンコク市内:ヴァン
・ブータン国内:ヴァン、徒歩


ティンプー市内
3/20
(土)
ティンプー → ワンディ → トンサ
・朝食後、ドチュ・ラ峠(標高3150m)を越えてワンディへ。無数にはためく祈祷旗と仏塔は幻想的。
・ワンディで昼食後、高低差による風景の変化や眼下に広がる棚田を楽しみながら一路トンサへ。
・トンサ到着後、ホテルにて夕食。
・ヴァン、
徒歩


トンサ

3/21
(日)
トンサ → シェムガン → ブリ
・朝食後、野生のシャクナゲ、モクレン、チンチョウゲや野鳥、
ゴールデン・ラングールを堪能しつつ、ブリ村へ。
・村は数年前に電気が通ったばかり、自給的な暮らしが健在。
・2人組にわかれてファームステイ。ゾンカ語に挑戦!
・ヴァン、徒歩

ブリ
(分泊)

3/22
(月)
ブリ村での1日
・朝食後、ホストファミリーや村人と「聖なる湖」にピクニック。
神話的世界に触れる。帰りに村の小学校やお寺を訪問。
・夜は村長宅の庭でキャンプファイヤー。
歌と踊りの文化交流。
・徒歩

ブリ
(分泊)
3/23
(火)
ブリ → シェムガン
・朝食後、ブリ村に別れを告げ、シェムガンへ。
・午後、シェムガン・ゾンにて、ツアーのハイライトのひとつ、
「ツェチュ祭」を見学。
ブータンに仏教をもたらしたとされるグル・リンポチェを称えるお祭り。カラフルな衣装で奉納されるマスクダンスと村人たちのあでやかな訪問着に心華やぐ。
・夕食後、ペマ・ギャルポを囲む夕べ。
・ヴァン、
徒歩


シェムガン

3/24
(水)

シェムガン → トンサ → ワンディ
・竹細工などの伝統工芸を見学しつつトンサへ。
・チミ・ラカンへのショートハイク。子宝祈願の寺として有名。
・トンサからワンディへ移動。
・ヴァン、
徒歩


ワンディ
3/25
(木)
ワンディ → ティンプー → パロ・朝食後、2つの川が交差する中州に建つプナカ・ゾン(1636年建築)を見学。
・ティンプーにて昼食後、一路パロへ。
・夕食後、ブータンが誇るジグメ・ドゥッパのミニライブ。
・ヴァン、
徒歩



パロ
3/26
(金)
タクツァン僧院へのハイキング
・朝食後、ツアーフィナーレを飾るタクツァン僧院(標高3100m)へ。
山道をのぼり、僧院のカフェテリアで昼食。
・ツアーを振り返りながらブータン最後の夜を過ごす。
・ヴァン、
徒歩


パロ
10
3/27
(土)
パロ → バンコク経由、日本へ
・早めの朝食を済ませ、空港へ。ブータン出国。
・バンコク国際空港到着。空港内にて待機。
・深夜、バンコク発。機内泊にて成田へ。
・ブータン:ヴァン
・飛行機


機内泊
11
3/28
(日)
早朝、成田空港着。現地解散。 ・飛行機
(機中)

ブータン・GNHトップへ