---------------
  ・GNHとは?
GNHとは?


“GNH”は「Gross National Happiness」の略称。
GNP(国民総生産)のP(Product)をH(Happiness)に代えた造語です。
日本語では「国民総幸福量」と訳されています。
1976年12月、スリランカで開かれた国際会議に出席したブータンの
若き国王(当時21歳、現国王でもある)のジグミ・シンゲ・ワンチュックの
発言で注目を浴びました。


その後、ブータン政府は政策としてGNHを取り入れることに着手し、
1999年、以下の4つの指針を打ち出しました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
@持続可能で公平な社会経済開発、
A自然環境の保護、
B有形・無形文化財の保護、
C良い統治。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−


これらの指針によって、ブータン国民は独自の文化・民族性を
保ちながら、自給をベースにした地域共同体のつながりの中で
オカネはなくともそこそこ幸せな暮らしを実現することができるのです。



■参考:
『雷龍の王国 ブータン』
『ブータンを知るための60章』(平山修一著)http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4750320854

日本ブータン友好協会 http://www.japan-bhutan.org/


運営:ナマケモノ倶楽部
更新履歴
お問い合わせ
Download